どS美容師に質問

シリコン除去シャンプーと中間水洗=残留物質除去?

シリコン除去シャンプー

 

数年前までは ノンシリコンシャンプーが
流行してたと思ったら

最近は シリコン除去シャンプー!?

 

 

 

シリコン除去???

 

どいうこと???

 

ノンシリコンシャンプーについて

 

 

 

場末のぢ〜ぢの孫 キィちゃん
1日1回 クリック お願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・
いつも、ブログ愛読させていただいています。

カラーの残留除去など始めて
ようやくお客様にも結果が出てきたのですが、
パーマも気になりだし 当然パーマも残留物質が
あるだろうとブログを熟読し中間水洗をはじめました。

そして中間水洗後のプリンとしたリッチ、
パーマ材はシスが主流です。

ダレるのが嫌で中間酸リンスをやめて
中間水洗したところ良い結果にいきました。
2液はブロム6%を使用しています。

そこでブログでよく目にする2016.8月の
経営とサイエンスバックナンバーを取り寄せましたが、
チオでの場合と書かれているのが気になりました。
シスではだめなんでしょうか?

 

そして、残留物質が気になりだすと
最後にはやはりシリコンが与える影響がどうしても気になって、
シリコン除去を探して使用しパーマ工程に入ったお客様が
ドライ後もクルクルと素敵なウェーブが出て、
やはりシリコンって影響大だと思いました。

DO-Sプレ、アフターシャンプーは
シリコン除去にも効果があるのでしょうか?
あるとしたら、一回のプレシャンプーで
結構落ちるのでしょうか?

 

私自身はノンシリコンシャンプーを使っているのですが
トリートメントには、シリコンが多少なりとも入っているのと、
やはりギシギシとなってしまい、こちらのトリートメントを
試したく購入に至り昨晩使ったところ、

泡立ち悪くギシギシになるだろうと思いましたが、
泡立ちもよく何と言ってもトリートメントが染み込み
今朝はウェーブが蘇っていました。

 

アルカリカラー毎月リタッチとフルカラーを、
交代に半年ほどしてパーマを2ヶ月前にあてています。
ノンシリコンシャンプーを使っていたため
濡れている時はギシギシでした。

もし、シスでも経営とサイエンスのやり方で
対応出来るのでしたら、ひと月DO-Sシャントリ続けて
パーマをあててみたいと思っています。

シスではまた対応が違うという場合は
どのようにしたら良いでしょうか?
やはりチオであてないとだめでしょうか?

是非お返事いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・

ホイホイ!

 

まず

パーマの残留物質のことなんだけど・・・

君は 少し勘違いしているみたいだよ。

 

 

中間水洗ってのは パーマの残留物質除去には

あまり関係ないと思うよ。

 

そりゃ アルカリを少しは流すだろうから
まったく ゼロとは言わないけど

中間水洗したからって

パーマの残留物質除去が出来るわけではない。

 

また 残留物質が除去できたから
プリントしたカールが出来た訳ではなく

中間水洗する事で 還元が進行して
プリンと しっかりかかっただけだね。

 

 

 

パーマの残留物質除去っていうのは
ヘアカラーの時とほとんど同じで

 

2剤処理後に pHは弱酸性で酸度が強い
特殊なアシッド剤
で アルカリを抹消したり

2剤にオキシを使用した場合は
OX-ZERO で残留オキシを除去する事なんだね。

 

だから

中間水洗は 残留物質除去ではない!

 

そういう事なんだね。

 

>ダレるのが嫌で中間酸リンスをやめて
中間水洗したところ良い結果にいきました。
2液はブロム6%を使用しています。

 

そりゃ 2剤の前の 中間酸リンスは
パーマをダレさせる 大きな原因だからね・・・

中間水洗すれば しっかりかかるので
それは 大きく変化するはずだよ。

 

 

詳しくは ここらへんの記事読んでみて

パーマの酸リンス・バッファー剤(検証編)

酸リンス・バッファー剤のホントのとこ・・・

パーマの中間での 酸リンスが間違いの元・・・

間違いだらけの 2液前の酸リン

パーマでの 酸化の邪魔モノとは?

 

 

こいつが もし酸リンスなんぞで 酸性になると

イオン化がなくなってしまう

こいつは

切れたり くっついたりの
運動をしていない状態

 

なので

酸化剤が来ても
再結合がしにくくなってしまうんだ!

 

SS結合が再結合しない!

ってことは 切れっぱなしって事

 

これで 酸リンスを2剤の前にすると
ダレた感じに パーマが かかったり
パーマの持ちの悪化に繋がるって事だ・・・

だから

 

2剤前に 酸リンスをするのは 良くない!

 

そう このイオン化ってのが問題なんだ。

 

1液で還元した状態で アシッド処理をすると
イオン化が うまく行かなくなって
SSの再結合が少なくなってしまう!

だから パーマがダレたり
持ちが悪くなってしまう。

 

ってことは・・・

 

2剤の前の中間酸リンスをしなければ

中間水洗とは あまり関係なく

パーマのダレが少なくなるんだね。

 

中間水洗は 残留物質除去でもないし

中間酸リンスの 代わりという訳でもない!

 

 

パーマ、ヘアカラー後のアルカリ除去とオキシ抹消♩

 

んで シスの件はちょいと次回にさせてもらって

 

>DO-Sプレ、アフターシャンプーは
シリコン除去にも効果があるのでしょうか?
あるとしたら、一回のプレシャンプーで
結構落ちるのでしょうか?

えっとね

DO-S プレ&アフターシャンプーは

シリコン除去には あまり効果は無いね。

 

このページを しっかり読んでみて

DO-S プレ&アフターシャンプー

DO-S プレ&アフターシャンプー
ヘアカラーや パーマ、縮毛矯正などの 美容室での施術方法が 少し変わるかも・・・     &

 

DO-S プレ&アフターシャンプー 200ml

パーマ・縮毛矯正の還元剤 または
酸化染料を使用するヘアカラー剤の
キューティクル層の薬剤浸透をアップする
特殊成分を配合した専用のシャンプーです。

 

 

えっとね 世の中にある ほとんどの
シリコン除去シャンプーってのはね・・・

石鹸・ラウレス硫酸などの成分で作った
の高脱脂、強洗浄力のシャンプーとか

油分の溶解に優れてると言われる
ノニオン界面活性剤が配合されてたりするんだ。

 

ま 簡単にいうと

 

洗浄力の強いシャンプーや

油をよく溶かす洗剤のシャンプーで

シリコンを除去してあげよう!

 

そういう感じなんだよね。。。

 

 

DO-Sのプレ&アフターシャンプーは
こういった 洗浄タイプとは全く違うんだ。

シリコン除去なら DO-Sシャンプーがあるからね♩

 

DO-Sのプレ&アフターシャンプーは

直接 キューティクル層に働きかけて

薬剤の通り道を作る!って感じなんだね。

 

 

シリコン除去ぐらいなら DO-Sシャンプーだけでも
シャンプーを泡立てて 少し時間置いたり
綺麗な泡が立つぐらいまでシャンプーしたら

パーマ程度のシリコンの悪影響は
起こさないぐらいは出来る。

 

DO-Sのプレ&アフターシャンプーは
シリコンを洗剤で落とすこととは違い
シリコンを 除去ってイメージではなく

シリコンをブチ破って 浸透して行く感じかな・・・

 

DO-Sのプレ&アフターシャンプーはね
シリコン除去レベルじゃなく

直接キューティクル層に働きかけて
パーマやヘアカラーの薬剤の浸透を
よくするシャンプーなんだね。

 

 

んじゃ シスの件は 明日書くね〜!

 

続く・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お友達ブログの更新情報