どS美容師に質問

白髪ぼかしのハイライトのデメリットと髪への負担

白髪ぼかしのハイライトって知ってますか?

 

近い感じの画像を
場末のパーマ屋の弟子(元スタッフ)
のブログから拝借(笑)

ショートでもブリーチハイライトのグレー系カラーがいい感じすぎる♡この夏チャレンジしたいハイライトミックスカラー

白髪ぼかしのハイライトとは?

白髪を隠さないヘアカラー?

 

白髪がチラホラ出てきた方などが

ブリーチ等で明るいハイライトを入れ

白髪を地毛の色味の境をなくし

自然な仕上がりに見せるためのヘアカラー。

 

お客さんの白髪の状態によっては

ハイライト以外にローライトを入れたり

カラー剤、塩基性、HC、ヘナなどで

色味を追加したりする場合もあります。

 

 

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

白髪ぼかしのハイライトが
最近インスタにたくさんあがっていますが、
これのデメリットってなんですか?

普通の白髪染めを継続するのと、
ハイライトを継続するのと、
どちらが髪の負担は大きいですか?

私は頭頂部にだけ集中して白髪が大量にあります。
内側は美容師さん曰く、殆どないそうで、
頭頂部の表面の毛だけの様です。

・・・・・・・・・・

ふむふむ・・・

 

白髪ぼかしのハイライトかぁ〜

本来、デメリットと呼べるかどうかだけど

個人的に思う 一番の難しさは

 

万人が出来るものではない

こなせる人が ある程度

限定されるメニューだよね。

 

 

白髪を無かったことにするような
白髪染めじゃなく・・・

白髪を生かしながら
ハイライト等で馴染ませていき

それを オシャレに感じさせるには
ある程度のセンスが必要なんだよね〜

普通のオバチャンがしてたら
「あらら 白髪が増えちゃたのね〜」
って言われかねないからね(涙)

美容師的に オススメするには
ある程度オシャレ度の高い人とか
白髪が似合う雰囲気のある人とか
どうしても お客さんを選んでしまう
ヘアカラー技術なんだよね。。。

 

 

>普通の白髪染めを継続するのと、
ハイライトを継続するのと、
どちらが髪の負担は大きいですか?

 

まずね 頭皮に関しては
絶対にハイライトのほうが負担が少ない!

んで 髪の負担ってことになると

これは 君の白髪の量だとか
デザインの関係で・・・

どの程度ハイライトを入れるのか
によるからなんとも言えないかなぁ〜

たとえば白髪の生えてる感じによったら
あまりハイライトを入れないで
トナーやヘナなどで色味を入れるだけで
済む場合はダメージはかなり少ないからね。

 

ま わかりやすくいうと

ハイライトした髪の毛のみなら
明るめにブリーチとかするから
普通の白髪染めよりダメージは多いよ。

だから どのくらいの量のハイライトを
入れるかによってダメージは違う。。。

 

沢山ハイライトを入れたら
普通の全体染めよりダメージは多いかも知れないし

少しだけのハイライトなら全体でみると
ダメージは少ない場合もあるだろうし・・・

また その上から染めるトナーやヘアカラーの
種類によってもダメージは変わってくるしね。。。

 

 

どちらが髪の負担が多いのかは

白髪ぼかしのハイライトの

やり方によって違うので

ケースバイケースだね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。











理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お友達ブログの更新情報