パーマ・縮毛矯正剤のアルカリ・pH・還元剤

昨日の記事

パーマ、縮毛矯正1剤のスペックを知る理由は?

パーマ、縮毛矯正1剤のスペックで強さがわかる?

 

こいつの続きをいくね〜

質問は(緑色が今日の質問部分ね)

・・・・・・・・・・

毎日お世話になってます。
また質問よろしくお願いしますm(._.)m

またパーマ剤と縮毛矯正の質問です。
2種類のメーカーの違う縮毛矯正のお薬の事です。

A商品
SH(PH9.3 チオ10.7 アルカリ6.5㎖)

M (PH9.0 チオ9% アルカリ4.2㎖)

CA/TG (PH8.3 チオ6.2% アルカリ3.5m)※モノエタノールアミン無

→ ※モノエタノールアミンは最近ドS様のブログで勉強して理解してるつもりです。

B商品
1番強いお薬
PH9.0〜9.5 アルカリ4.8〜5.3 (チオの事は書いてありません)

これは…Bの商品に1番近い(薬の強さが近い)のは、Aの商品のなかではMになるのでしょうか?

 

それと、例えば…
A商品のSHでいうと…
アルカリが6.5㎖入ってるから還元濃度のチオは10.7%になります。
で、PHが9.3の薬剤です。
と、いう捉え方でいいんでしょうか?

 

酸化理定数のブログも見させてもらいました。
このAの商品のSHなら…
チオ10.7% ←これを見て酸化理定数はだいたい(正確な数字はわからないと書いてあったので)こんなもんかな〜と思えばいいのでしょうか⁇

 

数字見るとパニックってしまいます。
私には難しすぎて頭がパンパンです⤵︎。

よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・

はいはい〜

昨日は 話が逸れちゃって 長くなってごめんね〜(笑)

 

んじゃ 今日の部分

>それと、例えば…
A商品のSHでいうと…
アルカリが6.5㎖入ってるから還元濃度のチオは10.7%になります。
で、PHが9.3の薬剤です。
と、いう捉え方でいいんでしょうか?

 

残念ながら それは 全く違うよ…(汗)

 

A商品SHの薬剤のスペック SH(PH9.3 チオ10.7 アルカリ6.5㎖)

>アルカリが6.5㎖入ってるから還元濃度のチオは10.7%になります。

この考え方だと どんな薬剤でも アルカリ度で チオ濃度が決まってしまうんだよね???

もしかして アルカリ度6.5ml → チオ10.7 → pH9.3 こんな感じに思ってるのかな?

残念ながら この3つの数値には 全く関連性はないんだよね・・・

 

まずね 君はもしかして アルカリ度6.5㎖ っていうのを勘違いしていないかな???

パーマや縮毛矯正剤の アルカリ度 っていうのは、モノエタノールアミンやアンモニアなどのアルカリ剤が 6.5㎖ 入っていると勘違いしてない?

 

薬剤のアルカリ度っていうのは

アルカリ性の水溶液を中性(pH7)まで

中和するために必要な塩酸類の量の数値です!

 

この薬剤でいうとね、一定量のpH9.3のこの縮毛矯正剤を 中性(pH7)にするには 塩酸を 6.5ml 混ぜる 必要があるって事ね。

少し言い方を変えれば…  一定量のpH9.3のこの縮毛矯正剤に 塩酸を6.5㎖混ぜたら 中性(pH7)になるっていう解釈でもいい。

アルカリ度=アルカリ剤の量ではなく、塩酸 の量です。

 

詳しくは

ヘアカラー、パーマ剤のアルカリのダメージ

 

だから・・・

A商品SHの薬剤のスペック SH(PH9.3 チオ10.7 アルカリ6.5㎖)

 

この薬剤の捉え方としては…

還元剤がチオ10.7% ジチオ3.7%で  pH9.3 の縮毛矯正剤に塩酸を入れて アルカリ度を計測したら 6.5ml でした。

もしくは 薬剤開発をしてる場末のぢ〜ぢのような人間なら、チオ10.7%、ジチオ3.7% で pH9.3 の縮毛矯正剤をアルカリ度が6.5ml になるように設計しました。っていうことになるかも知れません。

 

 

この記事↓

パーマ・縮毛矯正剤のスペックとは?

に書いてあるんだけど

 

パーマや縮毛矯正の1剤ってのは このような成分で出来てます。

 

よく薬剤の pHとアルカリ度が連動してたり、同じように考えている人もいるのですが・・・

アルカリ度 は 配合されてる添加剤などの

その他の成分 の影響で変わります!

※この仕組みを利用して薬剤のアルカリ度は 開発者の考えで、アルカリ度を低くしたり、安定感を出すためにあえてアルカリ度を高く設計したりもします。

 

 

>酸化理定数のブログも見させてもらいました。

酸化理定数???

ごめん・・・ もしかしてどこかの記事で ぢ〜ぢが間違えてそう書いていたのかな???

 

たぶんそれは 酸解離定数(pka) の事だと思うよ(ゴメンね)

 

酸解離定数(pka)の記事

猿でもわかるパーマ講座 pka

理美容師の基礎知識 アルカリと還元剤

 

 

>このAの商品のSHなら…
チオ10.7% ←これを見て酸化理定数はだいたい(正確な数字はわからないと書いてあったので)こんなもんかな〜と思えばいいのでしょうか⁇

これも どこかの記事でぢ〜ぢの記述が間違えてたり、わかりにくく書いていたのかも知れないけど(ゴメンね)

酸解離定数(pka)ってのは だいたいとか 正確な数字はわからないとかじゃなく 還元剤によってちゃんと決まってます(汗)

チオグリコール酸=pH10.4、システアミン=pH8.3、システイン=pH8.4、スピエラ=pH6.9、GMT=pH7.8

 

この場合の チオ10.7% っていうのは チオグリコール酸という還元剤の 濃度 の事だね。

んで チオグリコール酸の酸解離定数は pH10.4 そうこれは pH の事なんで、全く違うお話だよ。

 

酸解離定数(pka)ってのは その還元剤で決まったpkaの pHの時に

還元剤の半分がイオン化されて働くっていう事なんだけど・・・

 

どういう時に使うのかと言うとね、例えばチオとシスアミの特性を考える時に、チオはpH10.4、システアミン=pH8.3という数値から考えて

チオはシスアミより pHが高くないと 働かない還元剤である!

シスアミはチオより pHが低くても 働く還元剤である!

っていう目安になるって事なんだよね。。。

 

 

あと この時も勘違いしやすいのでちょっと注意しとくと、pkaが低いのでpHが低くても還元剤が働きやすい っていうと強くかかるというイメージを持つ人が多いけどこれは違うよ。

◎還元剤が働きやすい = 還元力が強い って訳ではないからね!

 

例えば

チオグリコール酸=pH10.4、システアミン=pH8.3、システイン=pH8.4

この酸解離定数(pka)を見ると、チオだけがアルカリが高く(強く)ないと働かないよね。

んじゃこれらを同じ濃度で、pH8.5ぐらいのパーマ液を作ったとすると、pkaの高いチオだけがあまり働かないよね!?

 

でもね、この3種類の還元剤の中で システインは そもそもの還元力がすご〜く弱いんだよね。。。

 

同じ濃度でpH8.5ぐらい薬剤でも、シスはチオより かなり ゆる〜い(弱い)還元力なんだよね♪

 

これ GMTやスピエラでも同じ事が言えてるんだけど…

酸解離定数(pka)が低いからって、かならずしも pHが低くてもしっかりかかるとは言えないんだよね。

 

ごめん・・・またまた話が逸れたけど・・・君の質問にお答えすると

 

還元剤の濃度と

酸解離定数は 違うものだし

 

チオグリコール酸の

酸解離定数(pka)は

pH10.4 で決まってるからね!

 

 

 

パーマや縮毛矯正の還元剤の種類

美容師のための基礎講座 酸化と酸性

DO-S式のパーマ剤を使用してみたい!(初級編)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。









ハナヘナのご購入はコチラから




理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お友達ブログの更新情報