ヘアカラーリング

酸性ヘアカラーのホントのところ

ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などの

美容室メニューで

アルカリ性の薬剤は 髪が傷む

酸性〜弱酸性なら 傷まない!?

 

多くの方はそう思っています。

 

 

それってホントなの?

弱酸性だからダメージレスは大間違い!?

弱酸性だからダメージレスは大間違い!?

 

アルカリってホントにそんなに悪者なの?

酸性の薬ならノンダメージ? ダメージレス?

 

今日は そのヘアカラー編ね

 

まずね ヘアカラーって事だと

アルカリ性じゃなく
酸性〜弱酸性のカラー剤だと

ノンダメージとは言わなくても
かなり髪の毛の傷みが減少するのは
間違いはない!

 

でもね・・・

ノンアルカリで酸性のカラー剤は
日本人(東洋人?)だと 実際は
一部の白髪染めの人ぐらいしか
使いようが無いのが悲しいとこ(汗)

 

 

 

ヘアカラー剤で アルカリってのは
どういう働きがあるのかっていうと・・・

 

アルカリの働きは大きく2つ

◎アルカリとオキシの化学反応で
髪のメラニン色素を破壊して
黒髪を明るくブリーチしてくれる。

◎アルカリで髪を膨潤させて
カラー剤を浸透しやすくする。

 

だから・・・

アルカリ性の薬剤にすることで
日本人の黒髪を明るく出来て

浸透よくしっかり染まり
色持ちも良い(酸性と比較して)

 

 

アルカリカラーは自毛より明るく

しっかり染まって持ちが良い!

 

酸性カラーは 明るくはならないし

染まりも悪く、持ちも良くない。

 

 

んで ここで
ヘアカラーでのダメージを考えて欲しい

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

 

ヘアカラーでのダメージの大半は

アルカリとオキシの反応で行う

日本人の黒髪を明るくするための

ブリーチ(脱色)なんだよね!

 

 

ま きちんと言うとしたら

 

ヘアカラーのダメージの多くは

アルカリ という事じゃなく

 

アルカリとオキシの反応で行う

ブリーチ(脱色) なんだよね!

 

 

 

美容師さんや薬剤メーカーが
ノンアルカリカラーとか
酸性〜弱酸性のカラー剤とか
宣伝してたりするけど

黒髪が明るく染まるとしたら
それって絶対に騙されてます!

 

黒髪が少しでも明るくなるなら

絶対にダメージはありますからね!

 

ヘアカラーのアルカリ剤は

黒髪を明るくするには

絶対に必要ですからね。

 

 

ま 酸性カラーはダメージが
少ないのは間違いないけど

明るく染まらないので
基本黒髪を明るく染めたい
日本人には使い道が少ないんだよね・・・

 

 

続きはコチラ

弱酸性パーマってのはこんなパーマです。

 

 

 

ノンアルカリ、弱酸性のヘアカラー剤は傷みが少ない!?

アルカリ除去で傷まないヘアカラーに騙されてはいけない。

ヘアカラーのアルカリとオキシは頭皮、身体に悪い!?

ヘアカラー、パーマ剤のアルカリのダメージ

弱酸性は髪に良くてアルカリ性は悪い?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。









ハナヘナのご購入はコチラから




理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お友達ブログの更新情報