どS美容師に質問

新還元剤のチオグリコール酸システアミンって?

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

はじめまして、私もパーマ液の質問させてください。
去年あたりから新しい還元剤?原料?
(チオグリコール酸システアミンのことです)。
使った商品が発売されてますが、

あの還元剤はどうなんでしょうか?

またチオグリコール酸システアミンを
使った商品をdosから発売予定はありますか?

今現在はsj-9とかを 使ってます。

よろしくおねがいします。

・・・・・・・・・・・

 

はいはい!

 

チオグリコール酸システアミン

2020年に認可された
強酸性のチオグリコール酸と
強アルカリ性のシステアミンの
2つの還元剤を分子結合させた
化粧品のカーリング剤に分類される
使えるような還元剤だね。

DO-SのカールLシリーズみたいに
チオとシスアミを混ぜたんじゃなく
そもそも分子結合させたモノなんだね。

 

この還元剤の特性はというと

 

通常のチオグリコール酸や

システアミンと比べると

pHが低い時に少し還元力が強い。

 

そう チオやシスアミより
弱酸性や中性などの時に
少しだけかかりが良いんだよね。。。

ただ これ 個人的な感想だと
GMTほどじゃない感じはする。

実際 弱酸性なんかだと
かなり かかりはゆる〜くなる。

 

場末のぢ〜ぢの感覚では
pH7〜pH8ぐらいの
中性〜弱アルカリ性ぐらいの時は

今までのチオやシスアミより
少しかかりが良いって感じだね。

 

かかり具合のイメージでいうと
チオやシスアミとGMTの中間ぐらいで

アルカリでかけるならチオやシスアミ
のほうが計算しやすくて良い感じがするし

弱酸性〜中性の場合はGMTのほうが
少しはかかりがいいしね。。。

ま ちょい中途半端感はあるね。

 

 

>またチオグリコール酸システアミンを
使った商品をdosから発売予定はありますか?

 

場末のパーマ屋の考えでは

パーマや縮毛矯正の還元剤は

失敗しにくく美容師が計算しやすい!

ってのが重要ポイントなんで

 

還元剤の種類や濃度はあまり変えないで

pHやアルカリ度で還元パワーの調整を

するように考えているからね〜

 

だから カールLシリーズなんて
チオ2%、シスアミ4%の
還元剤の種類や濃度は全く同じで
pHを 7・8・9と変えてる。

 

DO-Sのパーマの1剤たち

 

そう 還元剤は同じで
pHを変えることで
還元力を調整してるんだけど

たとえば このラインナップで
中性でも還元力の強い
チオグリコール酸システアミンを
使用しちゃうと

アルカリの強い時と
アルカリの弱い時の
還元力の違いが
読みにくくなってしまうよね〜

 

だから、現在のとこ
パーマ剤のラインナップとして
チオグリコール酸システアミンを
使用するつもりはあまりない。

 

んdね 1年ぐらい前に
パーマ剤としての開発は中断してた・・・

 

ただね・・・

中性〜微アルカリ領域で
還元力が強いってのは
使える部分もあるんだよね〜

だから現在は
カーリング剤とちょい違う感じで
商品化を検討中って感じかな。。。

 

 

 

DO-Sのパーマ剤を使用しよう!液体還元剤編

DO-S式のパーマ剤を使用してみたい!(初級編)

DO-S式のパーマ剤は髪型で選んでください!

DO-S式縮毛矯正剤 全ては失敗を少なくするために

DO-Sのパーマ、縮毛矯正剤を使いたい理美容師さん

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。









ハナヘナのご購入はコチラから




理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お友達ブログの更新情報