DO-SアシッドとOX-ZEROの使い方

場末のパーマ屋が作ったもんで

画期的な商品と呼ばれてるのが

 

理美容師さん専用の

本当に アルカリ除去ができる

 

DO-Sアシッド

 

こいつが 登場する前は

多くの美容師さんは

ただのクエン酸水で

アルカリ除去処理をしてた・・・

 

ただの クエン酸水じゃ

酸度がないので

 

ほんとは

出来てなかったりして・・・

 

ヘアカラーやパーマ剤のアルカリ除去とは?

ヘアカラーやパーマ剤のアルカリ除去とは?

 

 

 

んじゃ 今日の読者の美容師さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

OXーZEROとDo-sアシッドの
使用順番はどちらが先とかありますか?

それとも混ぜていいのでしょうか?

 

混ぜてはいけなくて両方使用すると
かなり時間放置しないといけないですよね?

MIXしていいかと、ダメなら順番と、
後放置タイムを教えて頂きたいです。

よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・

 

ハイハイ!

 

OX-ZEROは オキシドール除去

DO-Sアシッドは アルカリ除去

 

>OXーZEROとDo-sアシッドの
使用順番はどちらが先とかありますか?

それとも混ぜていいのでしょうか?

 

DO-Sアシッドは pH5程度の
弱酸性で 髪を過収斂させないし
OX-ZEROを変質させたりもしないし

カタラーゼは表面につくだけで
浸透なんてしないので・・・

 

DO-Sアシッドと OX-ZEROは

使用順番は どちらが先でもOKだし

混ぜて使用しても 問題ありません!

 

 

ちなみに 場末のぢ〜ぢは
ミックスすると保存問題もあるので

アルカリの強さに合わせた使用量で
先に DO-Sアシッドを塗布して

オキシを使用してる場合は
そのまま上からOX-ZEROを塗布して

しっかりと 行き渡るように
1〜3分間ほどモミモミ&手櫛して完了。

これが基本で
あとは メニューや使用薬剤の違いで
色々とアレンジする感じです。

 

 

>混ぜてはいけなくて両方使用すると
かなり時間放置しないといけないですよね?

MIXしていいかと、ダメなら順番と、
後放置タイムを教えて頂きたいです。

 

薬剤マニュアルとかは
あくまで 安定性、安全性重視で
放置タイムも長めに書きがちですが・・・

アシッドもOX-ZEROも
液体なので浸透タイムはいらないし
反応なんて実際はほんの数秒程度なんで
とくに長い放置タイムは必要ないです。

 

使用した強さのアルカリを中和したり
オキシをカタラーゼに吸着できるような
反応の必要量がちゃんと行き渡ったら

薬剤反応の時間(反応タイム)は
30秒もあれば十分なので・・・

トータルの放置タイムは
1〜3分程度かな?って思います。

 

 

たとえば・・・
ロングのウェーブパーマした場合で
毛量の多い人なら

アシッドと OX-ZEROを塗布して
全体にちゃんと行き渡るように
手櫛やモミモミとかしてたら
3分間ぐらいかかったりしますもんね。

 

 

トータルの放置タイムは

薬剤塗布の仕方や 使用量で 

それぞれ 違ってきますけど・・・

 

薬剤の反応タイム は

30秒もあればOKって感じですね。

 

 

 

 

DO−Sアシッドの使用方法

アルカリ中和してアルカリ除去する♪

アルカリオフとOX-ZEROの使用方法

200〜300倍に希釈する酸リンス、アシッド剤?

DO-Sアシッド〜唯一無二のアルカリ中和剤!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。











理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お友達ブログの更新情報