令和版DO-Sパーママニュアル 3つのポイント

ちょいと前から 令和版の
DO-S式パーママニュアルを書き進めてます。

前回の記事

DO-S式の2種類のパーマとは?

DO-S式の2種類のパーマとは?

 

令和版のDO-S式パーマは2種類あります

① ダレやすい パーマ

② ダレにくい パーマ

ってこの2種類の大まかな違いを書いたんだね。

 

 

 

令和版 DO-S式パーママニュアル 3つの要点!

 

令和版のDO-S式パーマでは
まず しっかりと覚えておいて欲しい
ポイントが3つあるんだよね・・・

 

◎前、中間処理剤は 使用しない!

◎中間水洗は 還元の進行である!

◎アルカリ中和は 2剤の後で!

 

この3つのポイントを守ることで
今までのパーマとはちょいと変わった
パーマになるんだよね。。。

 

DO-S式パーマの特徴は?

1. パーマが長持ちしやすい

2. 軽くてスタイリングしやすい

3. ヘアダメージが少ない

4. 失敗しにくい

5. 施術がシンプルで簡単

 

これらの特徴の
DO-S式パーマをするには

3つのポイントをしっかりと
理解しとかないと駄目だからね!

 

 

◎前、中間処理剤は 使用しない!

 

今まで 多くの美容師さんが
髪に良い!と思っていた
パーマでの 前、中間処理剤は

1剤の妨害をして 無駄に強い
薬剤を使わなかったりするだけで
毛髪保護もダメージ軽減もしないし

2剤でのSS再結合の妨害になるので
ヘアダメージを増やしてしまったり
パーマの持ちを悪くしたりする。

 

パーマでの処理剤は 百害あって一利なし!

パーマでの処理剤は 百害あって一利なし!

 

 

◎中間水洗は 還元の進行である!

 

令和版DO-S式パーマでは
パーマの1剤をシャワー水洗や
アプリケーター水洗をするんだけど
これは 昔の中間水洗とは全く違う!

昭和の頃は 中間水洗で還元剤を流し
還元をストップさせるものという考え方だったけど
平成にそいつは大きな間違いで 水洗ぐらいでは
還元剤なんて流れないとわかったんだよね。

 

還元剤の反応で出来た
ジチオを流し 還元を進行させて

プリンとしっかりかける クリープパーマ
っていうのが登場したりした。

 

令和時代の中間水洗は
これから もう一歩進化して

余計な残留薬品を流して
2剤での再結合をやりやすくさせる!
っていう働きがあったり・・・

かかりのコントロールを
しやすくする効果も出てきたんだね。

 

 

ま ここは意識改革をしとくべきで

中間水洗は還元を止めるんじゃなく

 

中間水洗は 還元の進行

 

だからね!

 

パーマの中間水洗で 還元は止まらない!

パーマの中間水洗で 還元は止まらない!

 

 

 

◎アルカリ中和は 2剤の後で!

 

世の中の 理美容師さんの多くは
酸性と酸化の違い 酸度に中和とか
上手く説明もできないんだけど・・・

昭和の頃から パーマの2剤の前に
アルカリを中和するために
酸リンスを塗布するのが
当たり前をされて来たんだけど・・・

それが原因で2剤の酸化不足を起こし
SS再結合を妨害して 持ちを悪くしたり
後々のダメージを多くしたりしたんだね!

 

令和のパーマでは アルカリ中和は 

必ず2液の酸化後に行うのが重要だね!

 

昭和の遺産 間違いだらけの酸リンス

昭和の遺産 間違いだらけの酸リンス

 

 

この3つのポイントを理解したら

工程マニュアルにいくね〜!

 

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お友達ブログの更新情報