どS美容師に質問

酸熱トリートメントってなんなんですか?

髪の毛自体は 死んでる細胞(死滅細胞)

自己修復も出来ないし
なにかしらの 栄養が入って
髪の毛のダメージが治る事なぞ 絶対にない!

 

髪の毛は 人間の身体でいうと
爪と同じようなケラチンという たんぱく質でできている。
血管も神経もなく 酸素の供給もないので
自己修復や再生などは 絶対にしない。

栄養成分の消化吸収もしないし
呼吸もしない 死んでいる細胞なのである。

何かの栄養成分だとか 画期的な修復成分をつけたから
髪の毛の傷みが 治ることは 残念ながら無い。

 

髪の毛のダメージは 修復も再生も絶対にしない!

ヘアダメージ・髪の毛の傷みは治らない

ヘアダメージ・髪の毛の傷みは治らない

 

 

 

キィちゃんに 弟ができました〜!

1日1回 クリック お願いします♩


にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

この記事の質問した者ですが、ご回答ありがとうございます‼

結合する辺り DO-SトリートメントSPと

似ていると思ったんですが

酸熱トリートメントってなんなんですか?

・・・・・・・・・・

ホイホイ!

 

この記事の 酸熱トリートメントだね

酸熱トリートメントでヘアダメージ修復?

酸熱トリートメントでヘアダメージ修復?

 

 

酸熱トリートメントで 結合???

しない しない! 絶対にしない!

 

DO-SトリートメントSPの

ケラチンとは 全くの別物だよ♪

 

 

ん〜〜 そんなに酸熱トリートメントが気になるの?

ありがちな サロントリートメントの一種だけど・・・(笑)

 

 

グリオキシル酸、ジカルボン酸、マレイン酸
などの成分を使用してるらしいけど・・・

多分 こんなもんは 現在では
10社以上が発売してる 感じなんだけど
どこの グリオキシル酸が良いとか
悪いとかは ぢ〜ぢも知らないよ・・・

 

ま 気になる人もいるみたいだから
基本から 一般の人にも わかるように解説していこう。

 

前にも書いたけど グリオキシル酸、
ジカルボン酸、マレイン酸などを 使用したもんは
酸熱トリートメント以外にも 沢山あるんだね。

 

グリオキシル酸 関連記事

グリオキシル酸? サイエンスアクア?
ACID SHAPER? ハリスノフ?

サプレスアシッド?グリオキシル酸? 必要なし♩

ノンアルカリ、ノン還元の縮毛矯正剤

 

ジカルボン酸 関連記事

ファイバープレックスでダメージレスなブリーチ!?

ファイバープレックスでパーマの前処理?

Olaplex(オラプレックス)でダメージレス!?

 

 

んで まず グリオキシル酸なんかは
こいつで 軽いストレートパーマもどきができるってことで
ストリートメント(ストレート&トリートメント)や
酸熱パーマってのでも 最近は多く利用されてるんだね。

髪のダメージにはストリートメントをした方がいい!?

 

 

これらは ちょいと 専門的にいうと・・・

 

還元剤で髪の毛の側鎖を切らない SS結合を切らないで

ストレートパーマ(縮毛矯正)的な施術や 縮毛矯正の失敗で

ビビリ毛になったような状態の修復なども が出来るっていうことなんだけど

 

 

これは 原理的には・・・

髪のアミノ酸をグリオキシル酸が架橋してしまい SS結合ではない

特殊な分子内架橋をしてしまうので 数回重ねると膨潤しにくくなり

タンパク質変性と同じようになってしまうケースも考えられるんだね。

 

タンパク質が変性する ってのは

かなり髪の毛は傷んじゃう!ってことだね。

 

 

ここらは 一般の方は知る必要もなくて 何回もできないし
どっちみち 普通のパーマやストレートみたいにはかからないので
現在のとこは パーマや縮毛矯正の代わりになるようなもんでもないしね!

 

 

 

それに ヘアトリートメント的に行う
グリオキシル酸、ジカルボン酸(マレイン酸)の技術にしても
今までの サロントリートメントと原理的には大差はなし・・・

ただ 今までのモノよりは 高重合化してからの疎水化やら
反応型で持続性が良いとか 進化した部分もあるけど・・・

やっぱ 髪にとっては あくまで 偽物 をくっつけて
そんときだけ 綺麗に見せてるだけだからね♪

今までの サロントリートメントの進化版って感じだね!

 

 

ま そんな 感じなんで これらトリートメント的な

酸熱トリートメント に絞って解説していこう!

 

いやいや(汗) これは 酸熱トリートメントだけじゃなく
ほとんど すべての サロントリートメントも原理は同じなんで
サロントリートメント全体として 考えてもらってもいい!

 

 

って ことで まずは・・・

サロントリートメントの原理から素人さん向けに解説しようか!

 

 

まず ダメージ毛ってのは こんな感じ

 

ま ヘアダメージって言っても 色々あるけど
素人さんに 一番わかりやすく説明するには
上の図にある ダメージホール でいくね♪

 

 

ダメージホールっていうのは

ダメージによって空いちゃった  って思えばいい

 

ちょいと 拡大して 説明していく・・・

 

超シンプルなダメージホールね(笑)

 

 

んで ヘアトリートメントってのは
この穴ぼこに いろんなモノを詰めちゃうって考えだね

 

ただ これじゃ 流したら取れちゃうので
表面コーティングして 出にくくする

 

ま これが 今でも ホームケアでしてる
トリートメントとかコンディショナーとかの理論だね。

 

ただ これも コーティングが取れると
中に詰まった成分も取れちゃうので 持ちは悪い・・・

んで サロントリートメントで 化学反応を利用して
持ちを良くする方法 が二つほど出来て来たんだね。

 

 

ひとつめは・・・

 

ダメージホールに入れた成分同士を 反応させ 

架橋 といって くっつけあって

大きいものに変えて 外に出にくくする方法

 

 

そして もうひとつは

 

これも 何らかの反応を使って

髪の毛に くっつける(吸着)ことで

流れ出にくくする方法だね

 

①髪のダメージホールまで浸透するような成分を入れ
その成分同士を くっつけて(架橋)大きくし出にくくする

 

②髪のダメージホールに入れた成分を なんらかの方法で
反応させて 髪の毛にくっつけて(吸着)出にくくする。

 

これが 反応型トリートメントの仕組み なんだね。

 

 

そして 最近は これらを 色々と組み合わせて
手触り向上させるため コーティングも併用し
反応型サロントリートメントとしてる

 

そう これが

酸熱トリートメント だけじゃなく

サロンで行う 持続性トリートメントや

反応型ヘアトリートメントと言われるモノの

全てと言ってもいい 基本原理 なんだね。

 

 

>酸熱トリートメントってなんなんですか?

酸熱トリートメントだけじゃなく
持続型サロントリートメントの ほぼ全てが

美容師さんや メーカーさんが いろんな説明をするけど
実際に行ってるのは 上記した基本原理通りだと思っていい!

 

酸熱トリートメントってのは よくありがちな
こんな持続型サロントリートメントだね

 

 

これじゃ絶対に 髪のダメージ修復は 不可能なのか?

なんで 結合なんか 絶対にしないのか?

 

そこらへんも 説明しとこう・・・

 

 

続きは この記事です

サロントリートメントでヘアダメージ修復できない理由

サロントリートメントでヘアダメージ修復できない理由

 

 

  1. すけさん より:

    初めまして。
    お初でコメントさせて頂きます。
    いつもキレートやブロムなど、とても使いやすく良いものを作って頂きありがとうございます。

    Do-s商品に関してではありませんが、お聞きしたいことがあります。
    R-JPNという会社の商品なのですが、ドリーミングオイルというものがあります。

    水で100%乳化するオイルで、頭皮も髪も洗え、頭皮に関しては余分な油分だけを落とし角質やくすみを取り清潔にできる。
    髪に関しては、スタイリング剤やシャンプー、トリートメントなど、髪に残ってしまっている余分なコーティング剤や油分をとることができ、髪本来の状態に戻すことができる。
    と言っています。

    HPの商品説明にはそのような記載はなく、いつも商品を届けてくれるメーカー?ディーラー?の方がそのように言っていました。

    精製の仕方に秘密があり、普通のオイルよりも何度も精製を重ねているのだとか。
    企業秘密だそうなので詳しくはわかりません。

    成分は、有効成分がグリチルレチン酸ステアリル
    その他成分が、オリブ油、サフラワー油(2)、ホホバ油、植物性スクワラン、パルミチン酸2-エチルヘキシル、トリイソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、香料
    となっています。

    よく油は油で落とすと言うので髪のコーティングや油分を落とせるのはなんとなくイメージはできます。

    ただメーカー?ディーラー?の方は上記の他に、①このオイルが頭皮を綺麗にすると倒れてしまっている根本が立ち上がる、②くせ毛は断面図が楕円で、その楕円を真円に近づけてくれるからクセが落ち着く。と言っていました。

    100%乳化するオイルというだけで、そんな効果が本当にあるのか、むしろ正直うさんくさくない?と思い、納得できずお客様にも勧められずにいます。

    おそらくぢーぢ様はこの商品を使用してはいないでしょうから詳しくわからないとは思いますが、上記の成分とぢーぢ様の知識、今までの経験からぢーぢ様の見解をご教授して頂けると幸いです。

    長くなってしまいましたが、お手隙の時で構いませんのでよろしくお願いします。

  2. 沢山千夏 より:

    はじめまして。
    かなり強い天然パーマです。
    サラサラストレートに憧れて、最近縮毛矯正がうまいと評判のお店で縮毛矯正をしました。
    以前からこちらのサイトを読んでいて、トリートメントを勧められたら嫌だなと思っていたのですが、勧められることなく安心してました。
    ただ、縮毛矯正がかかりづらい部分があり2日ほどでとれてしまい、無料でやり直しをしてもらいましたが、また2日ほどで同じ部分がとれてしまいました。
    私の髪質が捻転毛?と呼ばれる矯正しづらい髪質だそうで、縮毛矯正では難しいと言われました。
    そしてこれ以上縮毛矯正を繰り返すとハイダメージのおそれがあるので、縮毛矯正ではなく、強めのコーティング剤?を熱で定着させて、真っ直ぐにしてもらいました。
    その薬剤は、黒人さんなどの癖が強めの人によく使われる薬剤で、海外のものだそうです。日本ではめったに使われないそうです。揮発すると鼻とと目にしみる感じの薬剤でした。美容師さんには縮毛矯正とは違い持続性が無い分、ダメージがゼロですと言われました。

    そこで悩みと質問なのですが、
    コーティングしてからというもの、髪が水を吸いづらくなり、乾かすのも非常に早くなりました。
    水呼吸が出来ていないのではないかと心配です。
    またコーティングが2〜3ヶ月も持つと言われたのが心配です。
    間違いなく髪の呼吸は妨げられているのは実感していますが、
    サラサラ真っ直ぐ感は、これまでで一番で複雑な気分です。
    綺麗になるまで何度でもできることは全てやりますと言ってくれて、今後も通いたいと思うのですが、
    縮毛矯正の薬剤でのハイダメージとコーティングでキューティクルを傷めるリスク、今後どちらを取るべきでしょうか?

    ご意見聞かせていただけると嬉しいです。

  3. DD より:

    DO-Sシャントリを愛用しています。お風呂上がりに髪を乾かす前にアウトバスとして少量DO-Sトリをつけるのですが、その前に顔に保湿クリームを塗っています。手にはほとんどクリームが残っていないと思うのですが、一応手を洗ってからトリートメントをつけた方が良いでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

DO-S商品を購入する♪

お友達ブログの更新情報