どS美容師に質問

ヘアカラー(毛染め)どれが一番ダメージが少ないですか?

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

初めてカラーしようと思っています!

髪を痛めない感じで、派手髪ではない感じでやりたいのですが

1イノアカラー
2アディクションカラー
3イルミナカラー
4イルミナカラー
5普通のカラー+トリートメント

またトリートメントでも、
染める前、途中、後のものがあると思うのですが、

どれが一番ダメージ少なくて良いのでしょうか、、

至急教えていただけると嬉しいです

・・・・・・・・・・

ホイホイ!

 

初めてヘアカラーするんだよね〜

そりゃ 楽しみだよね〜

 

んで 派手な色味じゃないって感じだろうけど

 

いくらかは 自毛の色よりは

明るい色 に染めるよね?

 

 

ちょいと難しいかもだけど
詳しく知りたければ これらの記事を読んでみて

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

 

ヘアカラー(毛染め) 傷みのカラクリ♩

ヘアカラー(毛染め) 傷みのカラクリ♩

 

 

日本人とか東洋人とかの元々 暗い髪色の人は
だいたい少しは自毛より明るく染めるよね・・・

この暗い髪色を 明るくするためには
絶対に 脱色(ブリーチ)っていって

元々の髪にある メラニン色素を
脱色剤で 破壊しなきゃいけないんだよね。

んで ヘアカラーでの髪の傷みの
ほとんどは この脱色(ブリーチ)
で起こる事なんだよね。

 

ヘアカラーのダメージの大半は

髪色を明るくするために

脱色(ブリーチ)をすること!

 

 

だから 君の質問の

1イノアカラー
2アディクションカラー
3イルミナカラー
4イルミナカラー
5普通のカラー+トリートメント

 

これらのカラー剤で
どれが一番ダメージが少ないのか?
これは まったくわからないんだよね〜

 

もしも 同じだけ脱色するんなら
どの薬剤でもダメージは大差ないハズだし

どのカラーでも どのくらいの明るさで
どんな色味で染めるかで ダメージ具合なんかは
全然変わってくるからね・・・

 

 

どれも 脱色するタイプの薬剤なんで

君が どのくらいの明るさや

どんな色味に染めるかによって

ヘアダメージは変わってくるんだよね。

 

 

アドバイスとしては・・・

色味でいえばアッシュ系やマット系などの
寒色系は染める色より実際は強く
ブリーチしないといけないので

普通はダメージは多くなるし
褪色したときも明るくなりやすい。

逆に暖色系やナチュラル系の色味なら
ブリーチも最小限でいけるので
ダメージは少なかったりする。

 

ま ここらの色味での脱色の違いなんかは
出来るだけダメージが少ないように
担当美容師さんに相談してみるといいと思うよ。

 

 

どこのヘアカラー剤が

傷みが多いとか 少ないとかじゃなく

 

どのくらいブリーチ(脱色)するかで

ダメージは変わってくるからね!

 

 

 

>またトリートメントでも、
染める前、途中、後のものがあると思うのですが、

どれが一番ダメージ少なくて良いのでしょうか、、

 

一般的な ヘアカラーの時に行われる
トリートメントとして考えるとね・・・

 

まず 染める前や 途中、
カラー剤に混ぜるタイプとかの
トリートメントの場合は

どうしても ヘアカラー剤の
反応の邪魔 をしてしまうので

より強い薬剤や脱色剤を使ったり
薬を塗ってからの放置時間を長くしたり
加温したりとかしないといけないので
かなり 髪を傷めてしまう。

 

んで 染めた後にするトリートメントは
ヘアカラー剤に含まれたきついアルカリ剤や
頭皮や髪に有害な成分等を

髪に閉じ込めて 残留させてしまうので
これも かなり髪を傷めつけちゃうよね!

 

 

ヘアカラーをする時は

施術前、途中、後だろうが

トリートメントをすると

すごく髪が傷んじゃうので

 

絶対にしないほうがいい!

 

 

 

ヘアカラーを施術する時に
出来るだけダメージを少なくしたいなら

 

染める前は 薬剤反応の妨害になるような
いろんな成分をちゃんと落として
薬剤の浸透がよくなる状態にして

 

途中は 薬剤反応の妨害をする
トリートメントなんか使わないで

必要最低限のブリーチで済むような
脱色力の優しい薬剤を使い

 

施術後は皮膜系トリートメントは避けて
薬剤の悪い成分を一刻も早く除去するように
しっかりとシャンプーしたり
アルカリや残留物質を取り除く薬を使うといい!

 

 

 

出来るだけ傷ませないには

(前)カラー剤を浸透しやすく

(途中)薬剤反応もしやすくして

(後)悪い残留物質が残らないようにする!

 

すべての妨害をしちゃうのが

ヘアトリートメントだからね!

 

 

 

ヘアトリートメントは髪を傷めます!

パーマ、ヘアカラーで薬剤ダメージを抑える!?

ヘアダメージ減少する方法 ヘアカラー④

 

  1. めい より:

    早速ありがとうございました

    カラー剤の話、色々ありすぎて分からなくてって感じだったので、カラーのダメージの原因の多くがブリーチ(他の記事も読ませていただきました〜)だとしれて、良かったです!

    またトリートメントがセットになっているメニューとかも多くて、結構本気でトリートメントセットにしようと思っていたので、お聞きできてほんとによかったです!!
    ありがとうございます!

    たびたびになってしまうのですが、

    トーン(?)が8以上くらいの透け感みたいな感じの髪色にしようと考えているのですが、ブリーチ少なめですることは難しいのでしょうか、、、

    また、春休みに海に行く予定があるのですがカラー後に海に行くのはタブーでしょうか。
    もし、タブーな場合、どれくらいの日にちあげれば大丈夫かも合わせて伺いたいです。

    お忙しいと思うのですが、可能であればぜひアドバイスいただきたいです‍♀️どうぞよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達ブログの更新情報