ヘアカラーリング

ジアミンアレルギーの方のヘアカラー

ヘアカラーでの ジアミンアレルギー!
毛染めをしたら かぶれてしまった。

ヘアカラーで かぶれや
アレルギー反応を起こす方が
増えてきているそうです・・・

ヘアカラーでの
アレルギーやかぶれの原因の一番は
薬剤に含まれるジアミンだと言われています。

 

このジアミンっていうのは
ヘアカラー剤に含まれる染料なんですが。。。

 

◎ジアミン

ジアミンには パラフェニレンジアミン、
パラトルエンジアミンなどがあるけど

 

これは 一言でいうと

ヘアカラーで使う染料のこと!

 

一般的に 髪を明るく染められるタイプの
ヘアカラーは、ほとんど全部といっていいほど
「ジアミン染料」を配合しています。

これは 家庭で染めるホームカラーや
美容院で染めるサロンカラーでも
「おしゃれ染め」でも「白髪染め」です。

このジアミンは特に肌に刺激を加えて
ヘアカラーのかぶれやアレルギーの
一番の原因だとされてる。

 

 

ちょいと前に書いた記事

アルカリ、オキシ、ジアミンの除去?

アルカリ、オキシ、ジアミンの除去?

 

にも書いていますが 一般の方だけじゃなく
理美容師さんでも アルカリやオキシ残留と
ごちゃごちゃに勘違いしちゃってる人が多くいます。

 

まずね このジアミンについて
ちゃんと説明しておくとね・・・

 

 

そもそも ジアミン染料って何?

 

ジアミンは 基本黒髪の東洋人の方が
自毛より少しでも明るく染める

白髪染めやオシャレ染めなんかには
ほぼすべてって言っても良いぐらい
使われてる染料です。

 

ヘアカラーの原理はこの記事を読んでみて

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

 

ヘアカラー剤ってのは
大きく2つの成分で出来ている

ブリーチ剤 と 色素

 

そいつが髪の中で

自前のメラニンという色素を
ブリーチ剤が破壊して

新しく ヘアカラー剤の
色素を入れ込んでる

という 感じなんだね!

 

 

この記事では 色素って説明してるけど

色素を発色させるのが 染料 なんだね!

 

色素を発色させるモノ = 染料

 

日本で使用されてる

明るくなるヘアカラー剤の

ほぼすべての 染料(色素)が

ジアミン系の染料なんだ!

 

 

ジアミン染料を使用してない
ヘアカラーっていうのは
ヘアマニキュアとか ヘナとか
塩基性、HC染料とかなんだね。

 

 

 

ジアミンアレルギー どうなる? どうする?

 

ヘアカラーでジアミンの
アレルギーになると どうなるのか?

 

症状は ピンキリで ヘアカラー直後に
少し痒みや赤みが出る程度の人から
ひどい場合は 命の危険すらあるんだ。

 

 

 

 

詳しくはこのあたりの記事を熟読してみて

ヘアカラー(毛染め)のジアミンなどの残留物質除去!

ヘアカラー(毛染め)のジアミンなどの残留物質除去!

 

 

ヘアカラーの接触性皮膚炎、アレルギーが心配!

ヘアカラーの接触性皮膚炎、アレルギーが心配!

 

 

ゼロテクっていって 頭皮に
ヘアカラー剤を塗らないようにしたりとか

直後にジアミンの除去剤をつけたら大丈夫!
なんていう美容師さんもいるけど

ゼロテクで塗っても 流す時や
シャンプー時にどうしても頭皮についてしまうし

ジアミンの除去剤なんて実際無いし
そもそも 残留が問題じゃなくて
頭皮に付着しただけでアレルギーを
起こすもんだからね。

 

ジアミンアレルギーの人は

ジアミン染料を使用したカラー剤を

使用しちゃ絶対にダメだからね!

 

 

 

頭皮につけないから大丈夫

染めた後で
ジアミン除去するから大丈夫

なぁ〜んて言葉に騙されると
危険だからね!

 

 

ジアミンアレルギーの方は

かならず ジアミンフリー

(ジアミン不使用)の

毛染め剤を使用しましょう♪

 

 

んじゃ 実際の染め方の注意点
とかも 説明しておくね

 

続きはコチラ

ジアミンアレルギーの方の毛染め方法

ジアミンアレルギーの方の毛染め方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お友達ブログの更新情報