合成界面活性剤のシャンプーは流れない

合成界面活性剤を使用した 合成シャンプーは
台所用洗剤などより多く添加物が含まれているため、
皮膚障害がひどくなります。

合成界面活性剤は 強力な洗浄力により
頭皮や毛髪の 油分を奪いキューティクルを破壊します。

そして 合成のトリートメントにより 髪の表面をコーティングし、
一時的に髪はしっとりしサラサラになります。

 

発泡剤(ラウリル硫酸塩)は、蛋白質変性作用と言って、
微量ですが皮膚の表面を焼いてしまいます。
これが頭のかゆみの主な原因になっています。

 

合成界面活性剤の持つ浸透力は強力で、しかも本来皮膚から入り込まない物質
(アレルギー,接触刺激,皮膚毒性,発ガン性のおそれのあるものなど)でも
入り込みやすくしているといわれています。

皮膚を通して内蔵(特に肝臓)にまで障害を 引き起こす可能性は十分にあります。

 

 

そう 合成界面活性剤を使用したシャンプーは

髪や身体に 非常に悪いシャンプーなのです!

 

 

 

ぢ〜ぢの 孫たち全員集合! クリックしてね♪


にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゃ 今日の読者さんの質問ね

・・・・・・・・・

先日はドSの使い方を教えていただいてありがとうございました!!

またもや、東京都で理容師してるものです!

DO-Sシャンプーには高級アルコール系の
合成界面活性剤がはいっているのはわかりました!

合成界面活性剤なら 使われている成分が
なかなか取れない ってことを聞いたのですが、
ドSシャンプーの合成界面活性剤はしっかりとれるんでしょうか?

よろしくお願いします!

・・・・・・・・・・

ホイホイ!

 

この記事

DO-Sシャントリの使い方を教えていただきたいです!

DO-Sシャントリの使い方を教えていただきたいです!

 

んで 今日の質問は・・・

 

>合成界面活性剤なら使われている成分が
なかなか取れない ってことを聞いたのですが、
ドSシャンプーの合成界面活性剤はしっかりとれるんでしょうか?

 

ふむふむ・・・

 

まず 最初にキッパリと言っておく!

 

って 誰から聞いたのか 知らないけど・・・

 

 

合成界面活性剤は なかなか取れない!

 

って・・・ これ自体が

 

全く根拠のない お話だから

 

1ミクロンも 気にしなくていいよ♪

 

 

DO-Sシャンプーは ちゃんと すすいだら
ちゃんと 綺麗に流れるから 心配しないでね。

 

どうせ そんな事いう輩は 取れにくい・・・から
浸透しちゃう・・・ そんで 分解されないで 内臓とか
女性なら子宮とかに蓄積される!などと

時代錯誤の 経皮毒のお話になるのが オチだから(笑)

 

 

 

界面活性剤ってのは 水と油を混ぜることができるもん

界面活性剤って何?

界面活性剤って何?

 

 

リンスやトリートメントのカチオン系なら
すすいでも流れにくい性質はあるけど・・・

シャンプーなんか 汚れ(油)とお湯(水)を混ぜて
すすぐときに 一緒に流してるという理屈で
その理屈には 合成も 天然も 関係ないからね。

 

 

ある意味 手触りの良い アミノ酸系のシャンプーのほうが
すすぎが甘くなりやすく 残留の危険があったり・・・

リンスインシャンプーや 粗悪なシリコン入りシャンプーなど
手触りよ良くするために 油分と水分の配合量を変えてあったり
するようなシャンプーの多くは 合成界面活性剤を使用してるケースが多いので
そういうイメージを持ってる場合もあるんじゃない。

 

すすぎで流れにくいようなシャンプーや
毛穴になんか 残留してるようなシャンプーは

界面活性剤じゃなくて 油分や感触向上成分など
その他の成分が残ってる場合が多いんだよね。

 

 

これは DO-Sに限ったことじゃ〜ないけど

 

シャンプーとして ちゃんと作ってれば

合成も 天然も 界面活性剤自体が

頭皮にくっついて取れないなんて

絶対にありえない お話だからね♪

 

頭皮から侵入して 身体に入ることもないし

子宮にたまることも ありえないお話だからね。

 

 

 

 

経皮毒は まったくのデマ!

経皮毒は真っ赤な嘘!騙されないで!

シャンプー選びが ヘアケアの基本です♩

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お友達ブログの更新情報