どS美容師に質問

過酸化水素の除去はカタラーゼじゃダメ!

ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正での

残留過酸化水素の除去・・・

 

こいつは カタラーゼや

ヘマチンあたりが メジャーな成分だ。

 

カタラーゼと ヘマチン

どっちがいいのだろうか?

 

場末のぢ〜ぢ的には ヘマチンは

オキシドールの除去パワーが弱く

即効性はないように思うんだけどね・・・

 

 

 

1日1回 クリック お願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

ちょいと前に書いた記事

DO-S式 ダメージ軽減ヘアカラー

DO-S式 ダメージ軽減ヘアカラー
ヘアカラーリング・毛染めのヘアダメージ   ヘアカラー後に 髪の手触りを良くして ヘアダメージをわか&

この記事について

フェイスブックでこんなコメントを頂いた

・・・・・・・・・・

最近、理美容の薬剤として配合されるカタラーゼ(catalase)は、
過酸化水素を不均化して酸素と水に変える反応を触媒する酵素であり、
ヘムタンパク質の一種であり、プロトヘムを含んでいる。

構造上、カタラーゼは4つのサブユニットで構成されており、
各サブユニットは526のアミノ酸から成る。

分子量は約24万〜26万と大きいことより、
過酸化水素除去はカタラーゼが浸透できるところに限定される。

ちなみに、パーマによって膨潤状態であっても、
浸透可能なタンパク質の分子量は10万程度までとなる。
従って、カタラーゼは髪の内部に浸透できないため、
髪の表面、立ち上がったキューティクルの間ぐらいまでには
浸透できても、髪の内部に残留した過酸化水素までは除去できない。

 

と、ある博士が最近フェイスブックなどで
しきりに言ってますが うちも昔からカタラーゼで
乳化しているのですが意味ないのでしょうか?

・・・・・・・・・・

ホイホイ!

 

あ〜 工学博士 だ(笑)

何年か前も 炭酸水で酸性になる!とかなんとか
デタラメな事を言ってたが 今回もか???

 

ま 工学博士の言うことを 簡単にいうと

 

カタラーゼは分子量が

約24万〜26万と大きいので

髪の毛の中には入らないから

内部のオキシ除去は出来ないだろう!

 

そういうことだよね・・・

 

ま これは もう何年も前から
色々な説があんだけどね・・・

確かに工学博士が言うような説をいう人もいるし

逆に 相手がオキシなので カタラーゼが
中まで浸透する必要は全くない!っていう
説もあって どっちもどっちなんだよね。

 

 

カタラーゼでOK説の考え方はね・・・

まず オキシ(過酸化水素)ってのは

過酸化水素(かさんかすいそ、Hydrogen peroxide)は、
化学式 H2O2 で表される化合物。

しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。
対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、
殺菌剤、漂白剤として利用される。

 

んで こいつの分子量は・・・

 

たったの 34

 

これ すんごく小さくてね
髪の中まで 一瞬で浸透するような感じだ。

H2O2 って 水の分子に 酸素が一つついただけ

そう こんなに小さくて 単純な分子構造の
オキシが 髪の毛と結合する理屈なんてないし

髪の中で 比較的 自由に動き回れるので
表面に カタラーゼがあれば その部分から
どんどん反応して水になっていくであろう。

 

浸透圧じゃないけど そんなイメージで

内部のオキシも出てくる という説である♩

 

そう こんな カタラーゼ有効説も
昔からあるんだね。。。

 

ヘマチンなんかは 確か・・・
分子量650ぐらいだったかな(うる覚え)

これだって 分子量650もありゃ
オキシの34の浸透してるとこまで
行ける保証も 全くないよね♪

 

 

 

んで 工学博士のメーカーさんでは
こんなことも書いてたね・・・

・・・・・・・・・・

ヘマヘマはカラーの残留過酸化水素の除去でよく使われますよね。
これは髪に残った過酸化水素を取り除かないと、
カラー後にオキシドール(3%過酸化水素水)を
つけているようなものですから、残留過水がベースの
メラニンを削り続けてせっかくのカラリストが顔色にあわせた髪色が
どんどん明るくなって似合わなくなってしまいます。

当然シャンプーで良く洗って取り除きますが、
ちょっと思い出してください。中高生のころ、
髪にオキシドールをつけたあと、毎日シャンプーしていても
髪色は明るくなったでしょう?つまり、
過酸化水素は通常のシャンプーでは除けないのです。

でも、残留過水の危険性はそれだけではないのですよ。
過酸化水素はそれぐらいケラチンと結合の相性が良いために、
髪だけでなく、頭皮にも付着してなかなか離れません。

そして、残留過水は皮脂を酸化して嫌な頭皮のニオイを出します。
カラー後に頭皮が臭うというのは過水が髪のみならず
頭皮にまで残っているという証拠です。

また、酸化された皮脂が臭うのは、過酸化脂質という
毒性の高い腐敗した皮脂になったという意味ですから、
その過酸化脂質が毛穴から さらに毛乳頭付近まで
届くぐらい放置した場合は、じわじわと毛母細胞を
弱めていき、薄毛の原因にもなります。

もし、みなさんの周りに「カラーをしはじめたら、
髪の毛が薄くなった気がする」という人がいたら、
ちゃんとしたプロのカラーリングをしてもらいなさいと
注意したくなりますよね。

プロのカラーリングの「終了」とは、
「ただ色を入れればいい」だけではなく、
アルカリ、過酸化水素、未反応の染料中間体など
もともと髪にない余分な汚れをキレイに
とりのそくところまで手当てすることですよね。

パーマもカラーも化学反応です。カラーだけでなく、
ストレートパーマの後も残留する過酸化水素や
アルカリを除去していますか?

確かにヘアカラーは自宅で自分でできるような時代になりましたが、
髪のプロが行うカラーリングがホームカラーのように
余分な汚れを取り除かずにお客様を帰してしまうのは困ったことです。

 

ちなみに、過酸化水素を分解するのには
カタラーゼという酵素を使うこともありますが、
僕はお勧めしていません。

理由は二つあります。何故かというと

①カタラーゼは酵素であり、分子量は20万弱あります。
したがって、髪の中に浸透している過酸化水素を分解できません。
つまりカタラーゼでは髪の内部に残留している過酸化水素は除去できないのです。

 

②何とかアルカリカラーで立ち上がったキューティクルの間に、
分子量20万弱の酵素であるカタラーゼでも入り込み、
髪の表面の過酸化水素は分解できますが、カタラーゼは過酸化水素を
酸素にまで分解するため、多量の酸素の泡がブクブク発生します。
そのため、アルカリで弱ったキューティクルが酸素爆弾で
吹っ飛んで取れてしまいます。

 

だから、リトルサイエンティストは
その危険性を知っているからこそ、
ヘマチンを使う訳です。

・・・・・・・・・・・

こいつの文章の前半の

オキシドール(過酸化水素)が
髪や頭皮に残留ってお話だけど・・・

>過酸化水素はそれぐらいケラチンと結合の相性が良いため

結合の相性が良い って どう言うこと?

過酸化水素が ケラチンと結合なんかしませんよね(笑)

 

また 頭皮でも 過酸化脂質と
過酸化水素って なんも無関係ですからね、、、

皮脂をオキシが酸化するとか 夢ですか?(爆)

 

>②何とかアルカリカラーで立ち上がったキューティクルの間に、
分子量20万弱の酵素であるカタラーゼでも入り込み、
髪の表面の過酸化水素は分解できますが、カタラーゼは過酸化水素を
酸素にまで分解するため、多量の酸素の泡がブクブク発生します。
そのため、アルカリで弱ったキューティクルが酸素爆弾で
吹っ飛んで取れてしまいます。

 

デタラメも ええ加減にしましょう・・・

酸素爆弾って アホちゃいますか???

髪に カタラーゼつけても
ブクブクの泡なんかたちませんし
爆発も絶対しません♩

 

 

大学出の 夢みる工学博士の仮説に
中卒美容師が 卓上の理論同士で語っても
信憑性がないので 実際の検証と行きましょ。。。

 

 

 

まず 毛束にオキシの6%を 塗布します

2〜3分放置したら 両方を軽くすすぎます。

ここでは しっかりと すすがずに
あえて オキシを残留させる感じにします。

 

 

1本に DO-S OX-ZERO (カタラーゼ)を塗布します

通常は2倍に薄めて使用する OX-ZEROを
あえて原液で塗布したんですが・・・

泡立ちもしませんし まして
酸素爆発なんで全く起こりませんね(笑)

 

いつものオキシ除去処理と同じように
DO-S OX-ZERO (カタラーゼ)を
2分ほど放置して DO-Sシャンプーしました。

 

 

そして オキシの残留が
どのぐらいあるのか?を 知るために

DO-S GN12(ライトナー)を
塗布して 脱色してみます

 

このまま 2時間ほど自然放置します。

 

これで

髪にオキシが残留していれば
ライトナーと オキシが反応して

髪がブリーチ(脱色)され
明るくなるはずです。

 

 

そして 2時間後 流して乾かしました

写真左が DO-S OX-ZERO (カタラーゼ)処理

写真右が 処理なし です。

 

処理なし(右)はブリーチされて 明るくなってます。
これは 髪にオキシが残留してたと言うことです。

 

写真左の カタラーゼ処理の場合は

髪色が 明るくなっていないので

オキシ除去が出来ていると

判断できるわけですね。

 

 

 

カタラーゼが デカイから入らない!

いやいや

入らないけど 表面でオキシを吸い寄せる!

 

な〜んて 頭の良い大学出の人らは 色々言うけど

ま 中卒美容師は 卓上の理論が苦手で

現場で実際にやって見ないと納得いかないたちなんだね(笑)

 

 

 

DO-S的 ヘアカラーリング剤
『場末のパーマ屋の美容師日記』 このブログは 2010年から始まっているので もう 8年目の突入してるんだよね&
ヘアカラー理論 ここが少し変わった!?
どうも〜 場末のぢ〜ぢです。。。   理美容師で 薬剤を使用するメニュー ヘアカラー、パーマ、縮毛矯&
アルカリ中和、オキシ抹消に ジアミン除去?
ヘアカラーや ブリーチでの 残留物質や 有害物質を 除去する処理剤とか ヘアダメージを軽減する添加剤が 最近ブ&

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報