毛髪が濡れたままだと なぜ傷むの?

ヘアダメージを軽減

髪を濡れたまま放置するのは 絶対NG!

お風呂あがりに濡れた髪の毛を放置して、
自然乾燥している人はいませんか?

ドライヤーは熱で髪を傷めるから……と
自然乾燥すると逆に髪が傷んでしまいます。

 

濡れた髪はキューティクルが膨張して
剥がれ易い状態になっていますから、

その状態で寝れば枕などに擦れて
摩擦でキューティクルが剥がれてしまいます!

な〜んて美容師さんは言いますよね。

 

もっと専門的なお話をすると
髪を濡れたまま放置しておくと
髪の命とも言われる「結合水」に
悪影響を及ぼしパサパサのダメージ毛に
なってしまうとも言われています。

 

毛髪の大切な水分とは?結合水・自由水・吸着水とヘアダメージの関係
毛髪には結合水が存在する! この結合水は『髪の毛の命』と言っても過言ではない大切なモノ! 髪の毛はどんなに長い時間ドライヤーをかけようと、アイロンでジュ〜ジュ〜しようといきなりポキっと折れたりしないよね!? 髪の毛に柔軟性があるのも曲...

 

 

ま〜 髪を濡れたままで

ほったらかしておくと

ヘアダメージするのは

間違い御座いません!

 

 

極端な美容師さんなんて
シャンプーしてお風呂から上がったら
10分以内には髪を乾かしましょう!
な〜んて言ったりしますが・・・

そんな 数分程度で
髪って傷むもんなんでしょうか?

しかも そんな事言う美容師さんが
髪が濡れたままカットしたりしてますけど(汗)

 

あと

ドライヤーで乾かす時にはダメージ防止と
キューティクルを保護するために

油分やコート成分の入った
へケケア剤をつけてから乾かすように
アドバイスする美容師さんもいます。。。

 

 

そう・・・

シャンプー後などに
髪の毛を濡れたままにしておくと
ダメージしちゃうのはわかったのですが

細か〜い美容師さんが言うように

①お風呂から上がって10分以内に
乾かさないとヘアダメージしちゃう?

②乾かす時は油分や皮膜成分などで
表面保護しないと熱ダメージしちゃう?

これは どうなんでしょう!?

 

 

まず①の場合・・・

髪の毛が濡れてる時に摩擦などで
キューティクルが剥がれたり
濡れてる時に引っ張ったりすると
髪はすごくダメージしちゃいますが

こういう刺激が加わらなくて
ただ濡れてるだけの髪の毛を
5分放置しようが、15分放置しようが
たいしてダメージ具合なんて変わりません。

そりゃ早めに乾かしたほうが良い
のは間違いないですが
べつに10分以内にこだわりすぎる
必要もありません。

 

それよりも 髪が濡れてる時に
ゴシゴシとタオルで拭いたり
無理やりブラシや櫛で梳かしたり
引っ張ったりするようが
よっぽどダメージさせます。

 

 

んで ②の油分や皮膜成分で保護のお話ですが

 

ダメージ毛とかで 髪が絡れたり
絡まりやすい場合は油分や皮膜で
滑りがよくなりダメージ防止効果は
あるのですが・・・

 

油分や被膜をつけたからって

ドライヤーの熱から保護 は

全然しません!ので

これは気にしなくてもいいです!

 

詳しくはこの記事を読んでみてください

ドライヤーの熱から守るには、 どのスタイリング剤が良い?

ドライヤーの熱から守るには、 どのスタイリング剤が良い?
ドライヤーやアイロンの高熱から 髪の毛を保護する ヘアケア商品は どれがいいですか? こんな 質問をよく頂くんです・・・ でもね いつも回答に困ります(汗) だって・・・ ドライヤーやアイロンの熱から ...

 

どんな ヘアケア製品やスタイリング剤を
髪の毛に塗りたくっても ドライヤーや
アイロンなどの温度を下げる事は不可能!

ヘアケア剤は遮熱も断熱もしないので
熱によるヘアダメージを軽減したり
無害化なんて 出来る理屈は何処にもない。

 

 

 

お風呂でシャンプーして上がったら

タオルでゴシゴシしたり

無理にブラシや櫛で梳かさないで

早めにドライヤーで乾かしましょう!

 

ヘアダメージ、髪の毛を傷める原因とは?
髪の毛を傷めるモノって何がある? ヘアダメージの原因とは? ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正(ストレートパーマ)など 薬品を使う 美容室メニューで髪を傷めるのは よくわかる? ま いまだに 胡散臭いサロン広告や 適当で 大げさなメ...
髪の毛が傷む原因とは? ドライヤー編
髪の毛の傷みを最小限にしたい! できるだけ ヘアダメージを少なくしたい! どうせ 一度傷んだら 治ることなどない髪の毛 それには ダメージの原因となる要素を 少しずつでも減らしていった方がいい! これぞ 引き算のヘアケア...
髪の毛が傷む原因とは? シャンプー編
ヘアダメージ 髪の毛の傷みの原因とは? 美髪を保つためには 努力も必要♩ 髪の毛は死滅細胞で出来ているので 一度ダメージしたものは 何をしようと どんな画期的な 新成分を塗りたくろうと 絶対に治ったりしない!!! ヘアカラ...
ヘアダメージを最小限にするドライヤーの仕方
ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正などで 髪の傷んでしまい 悩んでる・・・ 軟毛 硬毛 細毛 太毛 癖毛など 髪質で扱いにくて なんとかならないかしら? ↓ ダメージが気になる方の DO-Sの選び方 4人目の孫...
DO-Sシャンプー&DO-Sトリートメントってどんなもの?
ヘアカラーリングやストレートパーマ、パーマや髪質改善メニュー等のヘアダメージで悩んでる方! 抜け毛・細毛・軟毛・猫っ毛など頭皮ケアでお悩みの方! それらの悩みには、ちゃんと洗えるシャンプーと染み込むトリートメントが効果的!ってどういう意...

 

ブログ記事カテゴリー
ヘアダメージを軽減正しいヘアケアの仕方髪の傷み・ヘアダメージ

場末のパーマ屋の美容師日記の筆者プロフィールページへのリンク画像
DO-Sシャンプーの購入案内ページへのリンク画像

場末のパーマ屋の美容師日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました