毛髪の大切な水分とは?結合水・自由水・吸着水とヘアダメージの関係

ヘアトリートメントの真実

毛髪には結合水が存在する!

この結合水は『髪の毛の命』と言っても過言ではない大切なモノ!

髪の毛はどんなに長い時間ドライヤーをかけようと、アイロンでジュ〜ジュ〜しようといきなりポキっと折れたりしないよね!?

髪の毛に柔軟性があるのも曲がったりできるのも・・・

どんなに乾燥させようが髪の毛から抜け出ない(普通は)結合水のおかげなんだ!

 

トリートメントで結合水が減少する?

 

 

髪の毛で一番大切なのは???

場末のぢ〜ぢなら

それは 水分です!

って回答しますね〜。

 

たとえ どんなに長時間ドライヤーで乾かそうと
髪の毛が乾燥して ポキって折れることはありません。
これは髪の毛に水分があるからですね〜!

エジプトの何千年前のミイラとかでも
髪の毛だけは生前を変わらないような
状態だったりとかも 髪の毛の水分のおかげです。

 

髪の毛が しなやかに曲がるのも
ポキって折れることが無いのも
すべて 髪の水分のおかげです!

 

これ わかりやすいたとえなら

乾燥パスタ です!

 

乾燥パスタって 茹でてたら
柔軟にしなやかに曲がりますよね・・・

これは 水分があるからです!

 

もしも 水分が全くなかったら・・・

パキパキ 折れますよね???

 

 

髪の毛も まったく同じ・・・

髪が 柔らかく しなやかなのは

水分があるおかげです。

 

 

ってことで 今日は
髪の毛の水分についてのお話を・・・

 

 

 

髪の毛は 健康毛だと

約12%の水分があります。

 

その 12%の水分のうち

7%ほどが 自由水 といわれ

 

残りの 5%が

結合水 といわれる水分です。

 

 

※ あ この数値はあくまで一般的な健康毛ですので
髪質、ダメージで誤差は結構ありますからね。

 

 

んで 髪をシャンプーしたりとかで
ビショビショに濡れた状態だと
髪は 約30%の水分を含みます。

 

 

この時 吸着水 と言われる水分が

18% ほど含まれるんですね。

 

たまに一般の方とかで
髪の毛が濡れてる時の水分量を
100%と勘違いしてる人がいますけど

これは あくまで 水分含有量 ですから
髪の毛は最大で 30%ほど 水分を含む
ことが出来るって覚えておいて下さい。

あと この30%程度っていうのは
健康毛でもダメージ毛でも
ほとんど変わらないんすよね!

 

 

んじゃ これらの水分を解説していくと

 

◎吸着水

髪の毛を濡らしていくと 髪の組織にくっついていき
ドライヤーなどをかけると 簡単に蒸発していく水分。
だいたい健康毛で 18%ほどあると言われている。

 

 

◎自由水

自由水は乾燥した状態で
健康毛なら約7%ほどありますが・・・

 

これは 空気中の湿度とかで

自由に 出入りする水分です(そのままかい)

 

冬場やエアコンの影響などで
空気の乾燥すると 自由水は少なくなって
髪の毛が 乾燥気味になったりします。

 

 

◎結合水

結合水は健康毛で 約5%ほどあり
髪の内部の組織に強力に結合しており
そう簡単には出てはいきません。。。

この結合水が 髪の水分維持だけでなく
組織同士もしっかりとくっつけてるんだよね!

 

結合水には 3種類があり

髪の7〜8割を占めてるケラチンなどの
タンパク質と強く結合してる タンパク質結合水

細胞同士をくっつける接着剤のような役割をしたり、
水分を行き渡らせる水の通り道になったりする
CMC(細胞膜複合体)が保有してる CMC保持水

髪のコルテックスの内にある間充物質にふくまれている
NMF(天然保湿因子)が保持する NMF保持水

結合水はこれらに分類される。

 

 

んで これら

吸着水、自由水、結合水のバランスが大切でね・・・

 

前述したけど シャンプーした時などの
髪の毛がビショビショに濡れてる時は
約30%の水分を含むんです。

この水分含有量30%っていうのは健康毛でも
かなりのハイダメージ毛でも ほぼ同じ!

 

なにが違うのか?というと

 

髪が傷んでくると

結合水、自由水が減って

吸着水が多くなる!

 

 

だから ヘアダメージが多くなってくると
シャンプー時など髪が濡れてると
ダメージホールなどにも多くの水分を含み
テロンテロンな感じになるんだね。

んで 吸着水が多いと乾きにくいけど
いざ乾燥すると 結合水や
自由水が少なくなってるので水分量が減り
乾燥してカサカサの髪になるんだね。

 

髪が濡れてる時は テロンとして

乾くと カサカサの乾燥毛に・・・

これが ダメージ毛の証なんだね。

 

ヘアダメージを考えていくと
髪の水分ってのもとても大切になってくる

特に 髪の毛の命
とも言われる 結合水とかね・・・

 

ま 今回は まず 髪の毛の大切な水分
結合水・自由水・吸着水を知ってもらった。

 

これから この水分とヘアダメージの
関係性について考えて行こう♪

 

 

続きのDO-Sブログはこちら

ヘアダメージと毛髪の水分の関係性
この前の記事 ↓ 毛髪の大切な水分とは?(結合水・自由水・吸着水) この記事では 髪の毛の水分である 結合水・自由水・吸着水について書いたよね。 今回は これらの水分たちと ヘアダメージとの関係性について解説していこう! ...

 

 

 

ヘアダメージの1番の原因は 結合水!

髪の毛の命ってナニ?結合水?

【髪質改善】DO-Sすっぴん髪・素髪ヘアケアでヘアダメージ修復

 

ブログ記事カテゴリー
ヘアトリートメントの真実

場末のパーマ屋の美容師日記の筆者プロフィールページへのリンク画像
DO-Sシャンプーの購入案内ページへのリンク画像

場末のパーマ屋の美容師日記

コメント

  1. […] 毛髪の大切な水分とは?結合水・自由水・吸着水とヘアダメージの関係 […]

  2. […] 毛髪の大切な水分とは?(結合水・自由水・吸着水)髪の毛の命ってナニ?結合水? […]

タイトルとURLをコピーしました