ノンダメージ毛ならトリートメントは必要ない?

昨日までの記事

新ケラチンの使い方に関する質問

新ケラチンの使い方に関する質問

 

新ケラチンやアルカリオフなどの質問

新ケラチンやアルカリオフなどの質問

 

ヘアトリートメントはなぜするの?ダメージ改善の3大要素

ヘアトリートメントはなぜするの?ダメージ改善の3大要素

 

 

こいつの続きね・・・

 

質問内容は ちょいと長いので
以前の記事で読んでもらうとして

 

今回の質問は

>極論、全くダメージのない髪であれば
dosトリートメントであっても
使わない方が
良いという認識であってますか?

ふむふむ・・・

 

まず最初に はっきりいうと

その認識は 少し間違ってます!

 

DO-Sシャンプーで洗うだけでも

指通り、櫛通りなどに問題もなく

ちゃんとスタイリングできるなら

トリートメントやヘアケア製品は

使わなくても良い 人もいるのは

確かだけどね。

 

使わなくても良い と

使わない方が良い とは

少し意味が違うよね・・・

 

まず 全くダメージのない髪ってことなら
薬剤メニューのヘアカラーや
パーマ、縮毛矯正などは一切してないハズだね。

んでブローやアイロンスタイリングなんかも
さほどしてないと考えられるよね。

いわば 昔の人みたいだ(笑)

 

そう 本当のナチュラルというか
毛髪から見た自然 とは?
という意味で考えていくといいんだけどね。

身体でたとえると
湯シャンとかの理論に近いんだけど・・・

 

たとえば 湯シャンならこの記事を読んでみて

間違いだらけの湯シャン・脱洗剤とは?

間違いだらけの湯シャン・脱洗剤とは?

 

 

昔の人らを想像してみて・・・

パーマもヘアカラーも縮毛矯正もなく
ブローやアイロンなんてまったく存在してない。

ヘアダメージなんてのも
ほとんどみんなが無いような時代ね。。。

 

当然 そんな時代には

シャンプー(洗剤)なんて無かった!

 

身体だって行水するだけで
表皮常在菌が綺麗にしてた時代だから

髪の毛が汚れたら
井戸水で流すぐらいだよね(笑)

 

そう 本来 髪の毛は
洗剤で洗うようにはなっていない

 

シャンプーで髪を洗う事は

自然な行為 では無いんだよね。

 

そんな人工のシャンプーで髪を洗うと
本来、水洗だけなら落ちないハズの

髪が元々持ってる 自然の表面被膜である
脂質や保湿成分などを落としちゃうんだよね。

 

 

だから 本来しないハズのシャンプーで
脱脂されて ひっかかったり、軋んだり
指通り、櫛通りが悪くなったら

脂質(油分)や保湿成分をトリートメントで
補ったほうがいいんだよね。

 

んで シャンプーしても
そこらに 全く問題ない髪質なら
トリートメントをしなくて良いんだね。

 

 

だから・・・

全くダメージしてない髪なら

ヘアトリートメントを

使わない方が良い ではなく

 

使わなくても良い髪質もある!

ってことなんだよね。。。

 

 

最後に トリートメントでの
痒みのお話をするね・・・

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。









ハナヘナのご購入はコチラから




理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

お友達ブログの更新情報