DO-Sシャンプーとヘアカラーの色落ち…

場末のパーマ屋はたまに

キアラーレDO-Sシャンプーは
洗浄力が強いのですか???

って 聞かれることがあります・・・

 

開発した 場末のパーマ屋は
ちゃんと洗える! とは言ってるけど

そんなに 洗浄力が強いだなんて
言ったことはないと思うけどなぁ〜?

 


↑ネット通販専用のキアラーレDO-Sシャンプー

 

キアラーレDO-Sシャンプーは

頭皮も髪も きちんと洗えるけど

 

洗浄力は いたって普通です♪

 


↑サロン専用のキアラーレDO-Sシャンプー

 

ちゃんと洗える = 洗浄力が強い

って訳ではありませんからね!

 

 

シャンプー解析、分析を参考にしてはいけない理由

 

 

んじゃ 読者の美容師さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

質問失礼します。

Do-sシャンプーは
カラー後使用しても大丈夫ですか?

色落ちはやはり早いでしょうか?

お店ではどうされてますか?
Do-sシャンプーをカラー後に使用されてますか?

 

勿論どのシャンプーと比べて
色落ちが早いか分からないと思いますが、
一般的なサロンSPや市販のSP
(難しいと思いますが)と比べて教えて下さい。

お客様に色落ちはどうなの?
と聞かれました。

・・・・・・・・・・

ハイハイ!

まず 回答が前後するけど
うちのサロンでは 当然ながら
DO-Sシャントリしか無いので
ヘアカラー後もDO-Sしか使いません。

 

そして たぶんだけど 君は
キアラーレDO-Sシャンプーは
洗浄力の高いシャンプーと勘違いして

しかも 洗浄力の強いシャンプーで洗うと
カラーの色落ちが早いと思ってるよね?

 

残念ながら二つとも
そこそこ勘違いしてるよ〜(笑)

 

☆DO-Sシャンプーは
洗浄力の強いシャンプーではない!

☆シャンプー洗浄力の強さと
色落ちは さほど関係ない!

 

なぜ?を書いてくと それだけで
2記事ほどかかるので
また今度 覚えていたら解説するね・・・

 

 

今回は DO-Sシャンプーと
カラーの色落ち具合についてだね。

 

まず はっきり言うと・・・

 

キアラーレDO-Sシャンプーは

色落ちは 少ない部類なので

染めた直後から使用した方が良いです!

 

キアラーレDO-Sシャントリはね
現役美容師(開発当時)が作った
美容師の為のシャントリだからね・・・

理美容室でヘアカラー、パーマ、
縮毛矯正などをした髪のケアに
もっとも優れた効果を発揮するのだ!

カラー前後に継続して使用することで
カラーでのダメージを出来るだけ少なく
褪色も出来るだけ少なくなるように
設計されてるんだよね♪

 

 

>勿論どのシャンプーと比べて
色落ちが早いか分からないと思いますが、
一般的なサロンSPや市販のSP
(難しいと思いますが)と比べて教えて下さい。

 

んじゃ たぶん
君が一番ヘアカラーに適している
と思ってるような

弱酸性で植物性オーガニックな
アミノ酸系マイルド高級シャンプーと
比べてみようか・・・

以下 マイルド高級SP で
話をすすめるよ(笑)

 

まず 染めたての時のシャンプーだと
もしかすると DO-Sシャンプーのほうが
色落ちしたような錯覚になるかもしれん。

 

ただ これは DO-Sシャンプーで洗った

色、明るさが 本来の染めた色だからね!

 

染めたての時は内部で発色してない
色素カス(染めカス)みたいなもんが
キューティクル付近に沢山残留してるんだけど

マイルド高級SP じゃ
この色素カスが綺麗に洗えなかったりする。

 

 

染めたては 色素カス(染めカス)が
キューティクル付近に沢山ついちゃてるんだよね

※染めたての1週間ぐらいで
少しだけ褪色した感じがするのは

この色素カスが取れていくせいと
残留アルカリ、オキシなどで
色素が壊されたせいだね。

 

 

んで DO-Sシャンプーなら
色素カスをちゃんと洗ってくれるので

最初っから本来の染まった色が
綺麗に出てくれるんだ。

 

今まで マイルド高級SPを
使用してた美容師さんなんかだと

染まりのテストした時より褪色したように
感じるかもしれんが・・・

 

決して 発色した色が取れた訳では無く

不必要な染めカスが綺麗に取れただけね。

 

逆に 最初から本来の染めた色が出るので

お客さんからしたら その後は

褪色した感じが少ないかも知れないね♪

 

 

 

んで その後なんだけど・・・

 

マイルド高級SP などよりは

DO-Sシャンプーのほうが

多少は色落ちが少ないと思うよ!

 

 

君の場合は 毛染めの褪色は
シャンプーの洗浄成分で起こると
勘違いしてるのだろうけど

実は 色素とオキシで酸化重合という
化学反応で染まったものは
シャンプーの界面活性剤で
壊れる(褪色)というよりは・・・

残留アルカリや オキシ、あと水分とかで
壊れる(色落ち)場合のほうが多いんだよね。

 

 

んで ヘアカラーのダメージや
色落ち防止のために

DO-Sアシッドや
アルカリオフでアルカリ中和や

OX-ZEROで残留オキシ除去
などを行うんだけど・・・

 

詳しくはこの記事の最後のほう
に書いてるので読んでみて

DO-Sアルカリオフの使用方法

DO-Sアルカリオフの使用方法

 

・・・・・・・・・・

◎キアラーレDO-Sシャンプーを
使用したほうが良いのですか?

はい! アレルギー等がなければ
必ず アルカリ除去の出来る

キアラーレDO-Sシャンプーを
使用してください。

 

DO-Sアルカリオフはあくまで
残留したアルカリをその時だけ
中和して無害化してるだけです。

その無害化してる間に
ちゃんと洗えるシャンプーで洗うから
髪の内部から除去できるんです!

このアルカリ除去は
オーガニックなアミノ酸系の
マイルドシャンプーでは出来ません。

ちゃんとアルカリ除去のできる
キアラーレDO-Sシャンプーを使用しましょう。

・・・・・・・・・・

 

そう このように

DO-Sアシッドやアルカリオフで
アルカリ中和したり

OX-ZEROでオキシとカタラーゼを
反応させたりするんだけど

 

中和や反応させたものを除去するのは

あくまでシャンプーで洗って落とすんだ!

 

これらは マイルド高級SP なんかじゃ
なかなか 落ちない。。。

ちゃんと洗える DO-Sシャンプーだからこそ
残留アルカリやオキシの除去が可能なんだね!

当然ながら 早く きちんと
アルカリ、オキシ除去できたほうが

色素を壊される可能性も下がり
色落ちは少なくなる理屈なんだよね。

 

 

ヘアカラー後には

DO-Sシャンプーを使用したほうが

 

残留アルカリやオキシを

綺麗に除去できるので

 

ヘアカラーの色落ちが

少なくなるって事なんだね!

 

 

あと DO-Sシャンプーと一緒に
DO-Sトリートメントも使えば

余計な皮膜でキューティクルが
ダメージしないので

よりカラーの色落ちも
少なくなるハズなんだよね♪

 

 

お客様に 色落ちはどうなの?
と聞かれたら・・・

 

残留アルカリなどを除去してくれるし
キューティクルの傷みにくいので

そこらへんの高級シャンプーよりは
多少は色落ちは少ないと思います、、、

 

って答えたらいいんじゃないの???

 

あ〜 ただ DO-Sアシッドや
アルカリオフ、OX-ZERO処理も
ちゃんとしなくちゃ効果は半減だし・・・

 

そもそも
DO-Sシャンプーに限らないけど
ヘアカラー後にいつもより
あからさまに色落ちしたような場合に
シャンプーのせいにしがちだけど

使用したシャンプーの違いで
すぐに実感できるほど
褪色の違いなど出る事はないからね〜!

もしも 毛染め後のシャンプー時に
あからさまに褪色がある場合は
シャンプーや すすぎとかじゃなく
ヘアカラーの施術自体に問題があるから
そこらを見直したほうがいいと思うよ。

 

 

 

ここらの記事も参考にしてみて

DO-Sシャンプー使ってると ヘアカラーが褪色する?

ヘアカラーの褪色には なにが影響してる?

キアラーレDO-Sシャンプーの誕生秘話 その2

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。











理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お友達ブログの更新情報