髪を傷める原因は表面コーティング?

トリートメントは 髪の毛を傷めます!

 

ヘアダメージの原因が

ヘアトリートメントにあるなんて

にわかに信じられない方も多いでしょう・・・

 

 

でも

現場で多くのお客さんの髪を観察する

美容師だからわかること・・・

 

トリートメントで 髪は傷みます!

 

残念ながら これが現実です・・・

 

 

 

今までの記事

トリートメントがヘアダメージの原因!?

トリートメントがヘアダメージの原因!?

 

髪がバサバサに傷んでる原因はトリートメント!?

髪がバサバサに傷んでる原因はトリートメント!?

 

毛髪を傷める!?トリートメントの仕組み

毛髪を傷める!?トリートメントの仕組み

 

 

世の中の ヘアトリートメントの

ほぼ すべての原理は

 

髪の中に 毛髪の類似成分を入れて

表面をコーティングして綺麗に見せる!

 

 

髪の中に入る 類似成分は
本来の髪とは 結合も 同化もしない・・・

 

入ってる時だけは 髪の毛のダメージホールを埋めるから
ハリが出たり しっかりとした髪に見せるけど

ただ入ってるだけなので
ダメージを治す とかのレベルではなく

出たら終わり・・・

 

 

結局 ヘアトリートメントで

髪を綺麗に見せてるのは

表面コーティングなだけ!?

 

 

トリートメントの表面コーティングは
擬似キューティクルで 髪を保護!
な〜んて 説明されていますが・・・

実は この表面コーティングによって
髪の毛は ジワリジワリと
ダメージが進行していくのです。

 

表面コーティングによるダメージは
ヘアカラーやパーマなどの薬品ダメージや
コテやアイロンの高熱などでの火傷のような
ダメージのように急激に傷むものではなく

少しずつ 時間をかけて じんわりと
ダメージしていくタイプのモノなので
とてもわかりにくいのですが・・・

 

 

トリートメントで なぜ髪が傷むのか?

それは この 被膜成分による

表面コーティングのせい なのです!

 

 

 

 

トリートメントの被膜成分

髪の表面コーティングで

どうして 髪の毛がダメージして行くのか?

 

って これを 一般の方にわかるように
説明するのが 非常に難しい(涙)

 

たとえば

ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正なら
薬品をつけて 髪の色素を破壊したり
髪の毛のタンパク質の結合をぶったぎってみたり

スタイリングでのダメージなら
コテやアイロンなら高熱で火傷状態になったり
ブラシでガシガシ引っ張っりまくったり・・・

素人さんでも 比較的 説明しやすい
わかりやすい原因で ダメージしてるんだよね。

 

ただ パッと見た目は ツヤサラの綺麗な状態の
表面コーティングでヘアダメージして行くっていうのは
素人さんじゃ イメージしにくいよね(汗)

 

しかも 詳しく説明していくと・・・

髪の表面にあるキューティクルのお話やら
結合水のお話やら プロの美容師さんでも
難しいようなお話になるし・・・

 

 

 

難しい説明なら こんな感じ

毛髪のキューティクルってなに?

キューティクルの窒息死って何?

キューティクルの 窒息死

トリートメントが、髪をミイラにする!

毛髪の結合水と自由水

毛髪の傷みはキューティクルから

DO-S流ヘアケア論 負の連鎖を止める

 

 

 

どう???

 

超〜 むずかしいでしょ!!!

 

 

 

 

って ことで これじゃ難しすぎなんで

一般の方にでも理解できるように 考えていこう・・・

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お友達ブログの更新情報