基礎から学ぶ縮毛矯正 過還元による失敗

美容院で行うメニューのなかでも

最も 難しいと言われてる 縮毛矯正

最も ダメージしやすいという噂も・・・

 

ここ数年 失敗してトラウマになった

縮毛矯正恐怖症の理美容師さんも多いんだよね〜

 

 

今までの記事

失敗しないための縮毛矯正塾 原因

基礎から学ぶ縮毛矯正 1剤の仕組みと還元剤

基礎から学ぶ縮毛矯正 アルカリ剤

基礎から学ぶ縮毛矯正 酸性とアルカリ性

 

 

 

ぢ〜ぢの孫 キアラも4年生になりました!
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

このシリーズの最初の記事を もう一度読んでみて

失敗しないための縮毛矯正塾 原因

 

「○○さん テストお願いします」

「は〜い」

「う〜ん まだだなぁ〜 あと5分追加ね♪」

 

5分後・・・

「あ〜 もうちょいかな? あと5分追加ね♪」

 

 

そして また 5分後・・・

「あっ・・・(汗)」

 

ラップ越しにもわかるほど

顔まわりの髪が 縮れてる!?

 

すでに テロテロだし・・・

 

こりゃ やっちまったな・・・(涙目)

 

 

 

そう これは 縮毛矯正の失敗で一番多い
1剤の還元による 失敗だよね。。。

ま ほとんどの理美容師さんは こんな
過還元による失敗に思い当たるフシがあるよね!

 

今回は この還元の失敗についてのお話・・・

 

 

過還元は アルカリ暴走で起こる!

 

縮毛矯正の1剤は 還元剤 と アルカリ剤

この二つで 出来ているっていうのは わかったよね♪

 

 

んで ここで 注目したいのが アルカリ剤!

アルカリ剤は この記事ね

基礎から学ぶ縮毛矯正 アルカリ剤

 

縮毛矯正剤で使われてるアルカリ剤で 現在 主流なのは

 

モノエタノールアミン

不揮発性のためニオイは少ないが、毛髪への残留が多い。
反応は遅いが、オーバータイムしやすい。手に対する刺激がある。

 

ほとんどの縮毛矯正剤が これだよね〜!

元々の原材料である チオグリコール酸には
アンモニアを使ってるので 少しはアンモニアも入ってるけどね。

 

んで この モノエタノールアミンの特性の中で注意しないといけないのが
反応は遅いが、オーバータイムしやすい ってとこ!

 

わかりやすく 図で書くと

モノエタノールアミンを使用した
アルカリ性の強い縮毛矯正剤の反応はこんな感じなんだね

 

反応が遅いので 最初はゆるく還元し始めるんだけど

時間が経過してくると 還元力が上がってくるんだよね。

 

 

よくある 過還元による失敗 はどうして起こるかと言うと

 

たとえばだけど。。。

 

まずは 10分間でテストしてみたら
まだまだ 還元されていなかった

赤い点線 がちょうどよい還元だとする。

 

 

んじゃ ってことで あと5分間放置タイムを追加

そして テストしてみた・・・

 

 

もうすこしって感じなんだよね・・・

 

「あ〜 もうちょいかな? あと5分追加ね♪」

 

 

そして あと 5分間放置タイムを延長する・・・

 

すると・・・

 

 

3分経過して 18分間ぐらいのとこで

 

還元が 急に進行しちゃって

恐怖の過還元 を起こしてしまう!

 

 

そう これが

モノエタノールアミンの特性である

オーバータイムしやすい っていうトコなんだね。

 

 

 

これを アルカリ暴走 と言うんだね♪

 

 

そこで このアルカリ暴走を
少しでも少なくするような 薬剤はないのか?

 

 

そう ここで アルカリを考え直す必要が出てきたんだね・・・

 

 

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S商品を購入する♪

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報