基礎から学ぶ縮毛矯正 1剤の仕組みと還元剤

初心に帰って もういちど 縮毛矯正を見直そう!

出来るだけ失敗の少ない 縮毛矯正を始めていこう!

 

前回の記事

失敗しないための縮毛矯正塾 原因

失敗しないための縮毛矯正塾 原因

 

縮毛矯正での 失敗を少なくするには

美容師さんの 縮毛矯正恐怖症をなんとかするには

 

縮毛矯正1剤での還元 と アイロンワークを

基礎から見直すこと! が大切なのだ

 

この続きだね・・・

 

 

ぢ〜ぢの 7人目の孫が誕生しました!
アサヒくんです クリックしてね♪

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

 

 

 

失敗しにくい縮毛矯正 薬剤の仕組み

 

縮毛矯正で一番 失敗しやすいポイントは

縮毛矯正の1剤で 還元する時!

還元しすぎ(過還元、過軟化)で
すごく髪が傷んだり 究極のビビリ毛になる場合もあるし
逆に 還元不足で癖が伸びないってことあるんだね。

 

そこで まずは

縮毛矯正剤の1剤を 基礎から勉強していこう!

 

縮毛矯正の1剤・・・
これは パーマの1剤と基本的には同じ物

パーマの場合の1剤は ロッドに巻いた髪に
塗布するので 液体(リキッド)タイプだが

縮毛矯正の場合は 頭皮につかないようにとか
リタッチ塗布などで 必要なとこに塗布するために
クリームやジェルタイプになってるんだね。

 

そして 縮毛矯正の1剤は 何で出来てるの?

 

還元剤 と アルカリ剤

 

そりゃ クリームにするための乳化剤とか
腐らないように防腐剤とか色々入ってるけど
そこらは どうでも良いのでちょいと置いといて・・・

あと たまに 縮毛矯正剤にシリコンなどを加えて
艶た手触りを良くしたり ダメージを感じさせないような
調合をしてる縮毛矯正剤もあるけど かかりが悪くなったり
無駄に余計に還元しないといけないので逆にダメージが増える
場合が多いのでこのタイプは使わないほうが無難だね。

 

縮毛矯正として考えたら 必要なのは

還元剤とアルカリ剤 なんだね。

 

アルカリ剤を一切使用してない!
ノンアルカリの縮毛矯正剤!って
宣伝してるメーカーさんとかもあるけど・・・

ほとんどの還元剤ってのは 元々は強い酸性なので
弱酸性の縮毛矯正剤の1剤なんかでも
アルカリ剤は 必ず入ってるんだよね〜!

だから 基本的には
ノンアルカリ剤の縮毛矯正剤なんてありえないんだ。

 

 

 

縮毛矯正剤の還元剤は?

 

還元とは?

こりゃ 美容学校を卒業して 美容師免許を持ってる
美容師さんなら みんな知ってるよね?

髪内部のタンパク質達の結びつき(側鎖)を
縮毛矯正剤1剤の 還元剤という薬剤で切り
アイロン等で 髪をまっすぐにさせた状態で
2剤の酸化剤の反応で 再度結合させる。

だよね???

 

ここにある

髪内部のタンパク質達の結びつき(側鎖)を切る
っていうのを 還元(還元反応)って言うんだ。

 

縮毛矯正の1剤に含まれる

還元剤 っていう薬品は

髪の毛のタンパク質の結びつきを切る。

 

コレ 側鎖を切る、還元するとも言う♪

 

還元して側鎖を切るから 癖が伸びるんだけど
こいつが ヘアダメージの大きな原因 でもあるし

切りすぎたら(過還元)髪がすんごい傷むし
切るのが少なければクセが伸びない。

 

 

還元を制する者 縮毛矯正を制する!

 

なんだよね・・・

 

 

還元剤の種類は?

 

このブログ記事を熟読してね

パーマや縮毛矯正の還元剤の種類

パーマや縮毛矯正の還元剤の種類

 

ま 種類は色々あるけど・・・縮毛矯正に関してだと
昔ながらのチオグリコール酸をメインにしてるかな〜

 

システインやサルファイト、チオグリセリンなどは
還元力が弱いのであくまで添加物程度の使われ方が多いし

 

システアミンはパーマの時はとてもいいんだけど
縮毛矯正になると 髪の表面付近の還元だけになるのと
アイロンした時の匂いとかで 使いにくくなってしまう。

 

ラクトンチオール(スピエラ)とGMTは
弱酸性でも還元能力があるので
アルカリが不可能な状態の時には使えるけど
ま〜 一般的には ほぼ出番ないしね♪

ま スピエラやGMTの酸性矯正については
またの機会に解説するけどね・・・

 

つ〜ことで

縮毛矯正の還元剤の種類ってことになると

 

チオグリコール酸アンモニウム

こいつが主流になってるんだね!

 

 

縮毛矯正で 髪のクセが取れるのは

矯正剤に含まれる チオグリコール酸等の還元剤が

髪の毛のタンパク質の側鎖を切断するから(還元という)

 

ただこの クセを伸ばすための 側鎖の切断(還元)が

縮毛矯正での ヘアダメージにもつながるし

ハイダメージや ビビリ毛などの トラブルの原因でもあるんだね。

 

 

クセを伸ばすためには 絶対いるけど

ダメージやトラブルの原因にもなったりする

それが 還元剤なんだね!

 

 

 

お次は アルカリ剤だね

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S商品を購入する♪

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お友達ブログの更新情報