どS美容師に質問

髪の病院で1回50万円のヘアトリートメント

髪の病院 あなたにとって髪とは何ですか?

 

カラダと環境にやさしい美容。美と健康は等しい。

美しい髪は、健康な頭皮からしか生まれない。

「安心・安全・健康」がコンセプト。

 

髪の病院

髪は、体調や生活環境、全身の栄養状態を現す「鏡」といわれています。
精神的ストレスや体調不良など、素早く察知し髪質として表れます。

綺麗で美しい髪=宝石髪を保つ事は安易ではありません。
髪は、自己治癒力がないので、簡単に美しくする事は、不可能。

宝石髪は、素敵な女性へと輝かせてくれる必要不可欠な存在。
女性にとって、髪は命です。

私達は、髪のお医者さんになり、
お客様と二人三脚で、安心安全健康な宝石髪へと導きます。

カラダと環境にやさしい美容へ、美容を「再発明」します

 

 

「髪の病院」のココが怪しい・・・

経皮毒って知っていますか?
経皮毒とは 皮膚から有害な化学物質を吸収することです。
体の部位ごとに吸収率は違いますが、腕を1とした場合、

・頭皮:3.5
・ほほ:13
・額:6.5
・わき:3.6
・背中:17
・陰部:42←生理用品なども影響があります

頭皮は腕の3.5倍吸収率があります。

また、入浴によって体が温まっているので、吸収率も高いです。
(ほほや額も頭皮以上に高いので化粧品系も注意)
シャンプーをすることによって、シャンプーに含まれている
化学物質が頭皮から吸収され、血液やリンパに乗って
子宮に到達する
と言われています。

 

皮膚から吸収⇒排出されにくい

皮膚から吸収された化学物質が血液やリンパに乗って
吸収されますが消化や分解器官を通らないので、
分解されずそのまま体に 蓄積されると言われています。

主な蓄積場所は『 脳 / 子宮(女性) / 前立腺(男性)』
皮膚から吸収された化学物質の分解率は2%。
摂ったら摂っただけ吸収されてしまいます。
女性疾患やアレルギ―、頭皮環境の劣悪化などにつながります。

 

 

う〜む〜〜〜 経皮毒か・・・

胡散臭いお話ですね〜

この記事たちを熟読しましょう♪

 

経皮毒は まったくのデマ!

経皮毒は まったくのデマ!

 

経皮毒は真っ赤な嘘!騙されないで!

経皮毒は真っ赤な嘘!騙されないで!

 

 

 

 

ぢ〜ぢの 孫たち全員集合! クリックしてね♪


にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

いつも拝見させていただいております。

先日、テレビで『髪の病院』なる美容室で、
一回、50万円のトリートメントをやっていて、
今までで一番高額なお会計が380万円と言っていました。

しかも一回のお会計でその金額といってました。
内容は髪の内部にトリートメントの成分をできるだけ染み込ませて、
髪の毛が良くなるほど、高額なトリートメントができると言っていました。
番組では何かしらの特許をとっているとも言っていました。

 

ちなみに地域美容室にも同じような『髪の病院』てきな美容室があって、
先日のテレビ放送でのことをうたっていて、そこも25万円という値段でした。
日本には薬事法があると思うので、
その範囲内でしかこういったトリートメントも作れないと思うのですが・・・

あらゆるメーカーさんたちが長い年月をかけて研究してきたものを
こうもあっさり抜いていくことはできるのでしょうか?

 

テレビで実際に施術を受けていたお客さんは、
そのお店で毎月50万円でトリートメントをやっているのに
トリートメントが終わった後に美容師さんが、
『まだまだ全体の2%くらい』
と言っていて、50万円かけて2%って・・・・
と思わずツッコんでしまいましたwww

・・・・・・・・・・

 

ホイホイ!

 

>先日、テレビで『髪の病院』なる美容室で、
一回、50万円のトリートメントをやっていて、
今までで一番高額なお会計が380万円と言っていました。

 

あ〜 それ たまたま 場末のぢ〜ぢもテレビで見たよ♪

 

んで ぢ〜ぢの感想は・・・

 

髪の毛にそんなに高額な料金を払える方がいるなんて 

ある意味 美容師的に 非常に嬉しかったよ〜!

 

そんなに 髪の毛を大切に思ってる人がいるって事だもん。

 

 

>日本には薬事法があると思うので、
その範囲内でしかこういったトリートメントも作れないと思うのですが・・・

薬事法と ヘアトリートメントの価格は一切関係ないよ♪

 

 

 

>あらゆるメーカーさんたちが長い年月をかけて研究してきたものを
こうもあっさり抜いていくことはできるのでしょうか?

 

あらゆるメーカーさんの研究を こうもあっさり抜いていく???

え・・・ どこに その根拠があるの???

 

場末のぢ〜ぢ的には こんなもんで

一切 抜いてなんて ないと思うよ・・・

 

日本一の研究所のある ミルボンさんとかのほうが
よっぽど 研究レベルが高い と保証してもいいよ!

 

君は もしかして 料金が高いから
髪の毛のダメージの修復でも出来ると思ってるとか???

そんなの 絶対に無理だからね〜!
料金だけで 内容を判断しちゃいけないよ〜

 

 

この質問があったんで ちょいと
「髪の病院」について 調べてみたけど・・・

 

到底 あらゆるメーカーさんの研究を
こうもあっさり抜いていく?って感じじゃなく

ちょいと いまさら感満載だけど
ノンシリコンシャンプーがどうのこうの とか

秘密兵器っていう 触れ込みで
髪の呼吸器なる 怪し〜い機械とか・・・

経皮毒ウンヌンで 羊水の匂いで妊婦さんが
どこのヘアケア商品を使ってるのかわかる! とか(爆)

結構 古臭〜いトンデモ理論(経皮毒)や
胡散臭いマシーンとかは はあるにしろ・・・

 

ま 実際にやってることは いたって普通 だと思うよ♪

 

 

そ〜 別に 普通の 多くのサロンでしてる

そこらにある サロントリートメントと

大して変わらない みたいだね。。。

 

 

ま 価格が一般的では無いだけのお話だが
髪の病院の系列店では3万程度〜とか
良心的な価格? のとこもあったし・・・

嘘八百を並べ立てて 髪の毛のダメージを修復するとか
特許成分で髪の毛を再生するなんていう
詐欺メーカーや 美容師連中とは違うみたいだよ!

 

そういや〜 昔 DO-Sシャントリを開発してる時に
3〜5回 DO-Sシャンプー DO-Sシャントリ半々で加温して
あとは アホぐらい DO-Sトリートメントを浸透させる・・・

そう ダメージ毛で太い毛なら200mlちかく
DO-Sトリートメントが浸透したりね〜(笑)
そんな スペシャルトリートメントを思い出したよ♪

 

ま ただ 経皮毒どうのこうの!? とかは
言わないほうが健全だと思うけどね・・・(ココは最悪)

 

 

 

ちょいと前の記事だけど もう一度この記事をよく読んでみて

マツコ会議での ミネコラの水素トリートメント!

マツコ会議での ミネコラの水素トリートメント!

 

髪の病院の場合は 消費者の不安を煽る
エセ科学の代表格 経皮毒 で

 

ミネコラの場合は 水素トリートメントと
主張するとこは 違うけど・・・

 

 

理美容師さんなら こいつはわかるよね

 

そう ダメージ毛を 綺麗に見せる

ビフォー アフター

 

髪の病院なんかでも こんなのばかり

ちなみに これらは DO-Sトリートメントの艶ね(笑)

 

そう ミネコラも 髪の病院も
やってる事は ほとんど同じだし(笑)

こんなの 専門家である
美容師からすると 簡単なお話でね・・・

 

ダメージして色が抜けちゃって 傷んで見えたら
ヘアカラーや 塩基性、HC染料とかで
染め直して 綺麗に見せれば良いだけだし

あとは ケラチンとかCMCとかを髪に入れまくって
皮膜で表面コーティングして ツヤサラの美髪にする。

 

髪の病院は これを 宝石髪とか言うらしいが・・・

 

プロの理美容師さんなら 判ると思うけど

 

髪色を直して 内部に何かを詰め込んで

表面コーティングさえ しちゃえば・・・

 

 

この程度の ツヤサラ髪なんか

普通に 簡単に出来ちゃうでしょ!?

 

※ちなみに ↑この画像も DO-Sトリートメントのみね(爆)

 

 

そう よくある

ヘアダメージを 誤魔化すために

カラー修正して 栄養入れて コーティングの

サロントリートメントだよね(笑)

みんなも 一回ぐらい

「どう? 触ってみて サラサラでしょ〜!」

って 矯正とか サロントリートメントとかで

自慢げに お客さんに 髪を触らせたことあるでしょ(笑)

あれと ほぼ同じもんだよね〜

 

こんなもん すんごい昔っから
多くの理美容師さんが やってるでしょ!?

ちなみに 8年前の 2010/10/28のブログ記事

縮毛矯正やM3Dでの失敗や髪の痛みなら

 

場末のぢ〜ぢが 現役だった頃だけど

M3D矯正とM3Dカラーの繰り返しと
M3Dアイロンによる高温でボロボロに髪が傷んだお客さん

 

が DO-Sシャンプー&トリートメントだけで
時間かけて トリートメントすると・・・

 

んで 月一で通ってもらって 3ヶ月後には

コレって なんせ 8年前のお話なんで
料金だって もういくらもらったか 覚えてないけど
それなりに 高額だったと思うよ・・・

 

普通に それなりの知識と経験のある 理美容師さんなら
これぐらいは簡単に出来ちゃうお話でしょう♪

DO-Sトリートメントだけでも十分に可能です(笑)

 

専門家である 美容師からすれば 普通のトリートメントでも
何万円もして ツヤサラの美髪(宝石髪?)になれば

一般のお客さんからすれば ダメージが治った!
と錯覚もするかも知れないしね・・・

 

ま これが一回50万円が妥当かどうかは
お客さんも納得して支払ってる訳で・・・

他の美容室さんの経営方針なんで
場末のぢ〜ぢが とやかく言う問題でも無いと思うしね。

 

あと これ問題だと

ヘアトリートメントは髪を傷めます!

 

それこそ 昔流行った M3Dみたいに
無理やり 高温アイロンで焼き付けコートなんかして
過激なツヤサラの プラスチック髪までしちゃうと
失敗したら ハイダメージ毛にしたりするけど

なんか入れて 皮膜 程度なら トラブルも少ないし
ダメージも少しづつしか増加しないからね・・・

 

もしかしたら 高料金のほうが 髪に良い!って
一般の人は騙されやすいので お上手な商法かもね。

 

 

「髪の病院」の施術を 公表されてる部分で まとめると

いまさら 経皮毒 ってのが 悲しくて イタいけど

ま〜 普通のサロントリートメント ってことね。

 

 

あ・・・「髪の病院」さん

あくまで いち元美容師の

個人的な感想ですからね〜(笑)

 

 

ま〜 世の中には こんなの沢山あるよ〜

 

 

アルマダの電子トリートメントって・・・

 

美容師の 個人的な感想で 最高裁判所まで・・・

アルマダさんとの裁判記録

 

 

リマインストレートvs弱酸性ストレートパーマ

ピコトリートメントの謎・・・

ヘアチューニング、チューニングトリートメントって何?

ベルジュバンスは悪くないよ!?

ヤバヤバトリートメント ヤバトリ?

超修復トリートメント?

髪質改善パーマエステ・髪質改善カラーエステの謎

マジで 髪質が改善できるの!? 超修復トリートメント

M3D縮毛矯正で失敗! ビビリ毛・チリチリ・トロトロ・・・

 

  1. 青木邦男 より:

    こんにちは!
    いつも勉強させてもらってます‼

    質問なのてすが、
    パーマの二液で、ブロム6%を使ってますが(コールドパーマです)

    放置時間短縮の為、過水を使いたいなと思ったら、オキシ1.5を使用しても大丈夫でしょうか?

    どっかん酸化の場合は、過水が向いてるのは理解しておりますが、コールドの場合は過水だとデメリットはありますか?

    基本的な質問ですいません!

    よろしくお願いいたします。

  2. たかなし より:

    ぢ~ぢさん初めまして。

    私は美容師ではありませんが、ぢ~ぢさんのヘナの記事を参考に自分でヘナをしています。
    いつもわかりやすい記事を公開してださってありがとうございます。

    実はへナについて1点質問したいことがあります。

    「ヘナによる髪のエステル化」について解説している、ある理学美容室のブログがありました。

    ヘナは髪に悪影響を及ぼす可能性が高いので、その美容室に通う場合はやめる必要があるそうです。

    ブログの内容を要約すると以下のようなことが書かれていました。

    ・本来髪は水・油共になじむ性質
    ・ヘナで髪を染めるとヘナがゴム成分を含有しているので撥水性の髪になる
    ・ヘナの純度が高いほうがゴム成分の含有が多い
    ・撥水性の髪になるとエステル化を起こし様々な髪のトラブルを招く
    ・エステル化された髪が悪化すると活性酸素が起こる
    ・活性酸素とは水に触れるたびに髪が傷んでしまう状態

    ローソン・タンニン酸以外にタンパク質と結合するゴム成分がヘナに含有されているといったことは
    今まで聞いたことがありませんし、毛髪のカルボキシル基が硫酸などの触媒もなくエステル化する
    ということが理解できません。

     ※活性酸素の部分は、物質とありさまを同列に扱っていること・血液の流れていない毛髪に
      活性酸素は存在しえないことから、誤りであると認識しています。

    そこで質問なのですが、ヘナをすることで髪がエステル化することは起こりえるのでしょうか?

    ご多忙と思いますが、お答えいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お友達ブログの更新情報