低アルカリ高還元の縮毛矯正剤を使いこなしたい!

低アルカリ高還元の縮毛矯正剤を使いこなしたい!

 

場末のぢ〜ぢが提唱する

低アルカリ高還元の縮毛矯正・・・

もう 6〜7年ぐらい前から

全国の理美容師さんが採用してくれてたりする♩

 

 

先ずは友達ブログの記事を紹介しよう

DO-S式・低アルカリ縮毛矯正ストパー♪
その利点とは?…美女度が上がることですかね!(^O^)!

 

バオバブの 縮毛矯正ストパーは 低アルカリ・高還元♪

ぶっちゃけ 北海道でも めずらしいと 思います。。

 

どんな 珍しい❓ 素晴らしいモノ なんだろう❓

と、、聞かれても

 

魔法の 縮毛矯正では ありませんよね(;^_^A アセアセ・・・

 

縮毛矯正で とても 髪が傷んでしまった経験のある
女性の リハビリ的縮毛矯正や♪

 

ヘアカラーと両立して なるべく傷めず 縮毛矯正で
くせ毛を あつかいやすくしたい♪ とか、、

 

バキーン!シャキーン!とした、縮毛矯正が
ニガテな女性に 相性が良いとか♪

 

 

 

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 きぃちゃん&ひまり
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

 

従来の縮毛矯正剤で 失敗した経験がある

アルカリが高いので 髪が凄く傷んじゃった!
過軟化、過還元でビビリ毛に・・・!

 

これとは逆に・・・

アルカリが高いので 軟化テストはOKだったのに
還元不足で クセの伸びがイマイチだった!

 

そう 過還元の危険性と

還元不足に伸びない危険性の

両方が存在してる・・・

 

 

とっても 危なっかしくって

使えたもんじゃなかった!

DO-S式縮毛矯正剤 誕生

DO-S式縮毛矯正剤 誕生

 

色々 試行錯誤した結果

今までの 危なっかしい薬剤を

できるだけ コントロールしやすく

少しでも ハイダメージやビビリ毛などの

理美容師の 失敗を少なくするために

 

低アルカリ 高還元 の薬剤

 

こいつが これからの縮毛矯正には

必要なんじゃないのか?

 

ってことになったんだね・・・

 

 

まとめると・・・

 

◎高アルカリ 高還元

従来のハード系縮毛矯正剤で
非常に 危なっかしい

 

◎高アルカリ 低還元

従来のソフト系縮毛矯正剤で
アルカリで痛むわるに クセが取れない

 

◎低アルカリ 低還元

処理剤や保護剤等で アルカリを抑えた薬
計算しにくく クセも伸びにくい

 

◎中性 超高還元

クセが伸びにくく 加温やアイロン技法も難しく
還元剤濃度が高過ぎて コントロールしにくい。

 

◎スピエラ、GMT弱酸性縮毛矯正

薬剤のパワーが弱いので 危険性の高い
水抜きアイロンをしなければ クセが伸びない。
失敗すると 悲劇のハイダメージになりやすい。

 

 

やっぱ 色々やってみたけど

 

低アルカリ 高還元

 

こいつが 一番 失敗が少ないんだよね・・・

 

 

 

DO-S式縮毛矯正剤 全ては失敗を少なくするために

DO-S式縮毛矯正剤 全ては失敗を少なくするために

 

ただ この より失敗を少なくするために考えた
低アルカリ高還元の縮毛矯正剤なんだけど
ちょい勘違いして 間違った使い方をする美容師さんもいる

もう少し ちゃんと説明して もっと失敗の少ない
縮毛矯正を目指して行きたいと思ってるんだね!

 

 

 

低アルカリ高還元剤濃度の薬剤を使用して
ダメージが少なく 綺麗にクセが伸びて

いつ 過還元 過軟化で暴走するとかに
ドキドキすることもなく 縮毛矯正が出来た!

そう その成功体験から
少し 錯覚をする美容師 さんも出てくる・・・

 

もしかして アルカリが低いということは

髪のダメージが少ないのかな!?

 

もっと低アルカリのほうが

髪に負担が少ないんじゃないんだろうか???

 

そうして どんな髪質だろうが
どんどん アルカリを弱くしてしまい

今度は 上手くクセが伸びません!
って悩み出したりしてね。

 

そう 美容師さんに とっても多い

もっと もっと・・・

もっと 髪が傷まないように・・・

 

もっともっと星人 になっちゃダメですよ♩

 

いつも ぢ〜ぢが書いてる
キャッチボール・バランス・コントロール
を 忘れていませんか?

 

例えば 健康毛である リタッチ部分に
pH8の弱いアルカリの薬剤では
長時間還元しても クセも伸びないし
ダメージだって さほど変わらないんですよ〜!

 

 

低アルカリ高還元の方が

ヘアダメージが少ない!

髪の毛に優しいんじゃないの!

それは 残念ながら 勘違いです・・・

 

低アルカリ高還元は

美容師さんが 使いやすくて

失敗が少なくなりやすい薬剤です。

 

 

最近 低アルカリ高還元を使ってる美容師さんで
どうも アルカリが低いほど髪に良いなどと勘違いして
髪質やダメージと キャッチボールをしないで
やみくもに 低アルカリにこだわりすぎる人がいます。

 

健康毛なら pH9ぐらいの方が
短時間で綺麗にクセが伸びて
髪の毛の負担も少なかったりしますよ!

 

キャッチボール・バランス・コントロール

これだけは 忘れないで
低アルカリ高還元の縮毛矯正を行いましょうね♪

 

 

 

詳しいレシピは こちらで

DO-S式 縮毛矯正レシピ

DO-S式 縮毛矯正レシピ

 

 

 

 

理美容師限定記事を読みたい 理美容師さんは

理美容師さんで パスワードを知りたい方

DO-S商品の業務用販売について

 

 

 

  1. みか より:

    はじめまして、こんにちは☺︎
    いつもブログ拝見させてもらってます。勉強になってとっても楽しいです♪
    最近疑問に思ったことをいくつか質問させてください。
    縮毛矯正のアイロン工程で毛先に丸みをつける人がいますが、あれで丸みはつくんでしょうか?私の技量がないせいかもしれませんが、私はあれで丸くなったことがありません(´・_・`)まっすぐにアイロンしても丸みをつけても結果はほぼ一緒なので、まっすぐにアイロンしちゃってます。もしまっすぐになりすぎないようにしようとするなら、軟化を 根元〜中間>毛先 にするとか、毛先はアイロンせずにブローだけにするとかしています。アイロンで丸くするというより、1剤の軟化具合で丸みをつける?という認識でした。これは間違いですか?
    あと、たまに毛先の仕上がりがハネて?しまうことがあるんですが、これは軟化不足でしょうか?それともやっぱりアイロンのせい?
    なんだか最近自信なくなってきちゃいました(´・_・`)
    返信してもらえたら嬉しいです。
    どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S商品を購入する♪

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お友達ブログの更新情報