おすすめシャンプーランキングは間違いだらけ?比較、解析サイトの本質。

DO-S的なシャンプー解析

ホームケアの要!シャンプー・トリートメントのおすすめ人気ランキング!

美容師おすすめの人気アイテムを解析!本当に良いシャンプーランキング20選。

【徹底比較】プロが成分解析したシャンプーランキングTOP10!

シャンプーに含まれる髪や頭皮に危険な成分を分析。安全性でセレクトしたおすすめシャンプーランキング!

などなど…

家庭で使うシャンプーやコンディショナー、トリートメントなどに配合された内容成分を分析、解析して人気ランキング形式にしたサイトなどが沢山あります。

ただね… ステマ広告と呼ばれることもある、これらのほとんど全てがシャンプーの販売ショップや美容室が運営してるシャンプー選びや解析・分析サイトや人気ランキングサイトで紹介されてるシャンプーって本当に良いものなのでしょうか?

今回はこれらシャンプーのランキングサイトや解析サイトなどの本質を探ってみましょう。

 

配合成分だけでシャンプーの良し悪しを判断していいの?

シャンプーに配合されてる成分たちを分析、解析してその良し悪しを判断・評価する『シャンプー解析サイト』たち…

これらは基本的に【配合されてる成分】がどうな成分なのか?だけで判断されているんですよね。
しかも【配合されてる成分】が何か?だけでどれだけの分量や比率で使われてるのかも分からないで判断しちゃってます。

シャンプーにどんな成分が配合されてるか?だけで、どれだけの量が入っているのか?ではありません。

これって食べ物で例えるとね。まず、、、塩分が身体には良くないとします(仮定)
今日のお弁当に塩が入ってるから身体に良くないと言っても、隠し味程度なのか、すんごくしょっぱいのかによって、どんだけ身体に悪いかは全然違うのということなんですよね。

毛髪や頭皮に良くない成分がほんの微量入ってるのと、少しだけ良くない成分が大量に入ってる物で、どちらが安全性が高いのか?どちらが良い商品なのか?はわからないんですよね。

 

ここらは以前のブログ記事で解説しています。

シャンプー解析、分析サイトを参考にしてはいけない理由

ほんの隠し味程度に配合されてる塩分だけで、「これは塩が入ってるから身体に悪い!」って決めつけてはいけません。

シャンプーだって、きつい成分がほんの微量入ってるだけで悪い製品と決めつけてはいけません。

シャンプー解析するなら配合成分だけじゃなく、それらの配合量も考えなくてはいけません!

 

経皮毒は嘘!シャンプーは身体に危険ではありません。

シャンプーやヘアケア、スキンケア商品の話題で【経皮毒】って聞いたことないですか?

経皮毒とは?・・・シャンプーで使われてる界面活性剤で「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」など経皮毒性を持つ有害化学物質が、頭皮から体内に侵入し血管に入り全身を駆け巡り、男性の場合は肝臓に女性の場合は子宮などに溜まり多大な悪影響を与えあらゆる病気の原因になったりもします。

ってことなのですが・・・

 

シャンプーやヘアケア商品、化粧品などに使用されてる成分たちが体内に侵入しませんし、肝臓や子宮まで行って蓄積されることもあり得ません。

経皮毒は真っ赤な嘘です!

そりゃね、アレルギー、アトピー、皮膚疾患や抜け毛、薄毛などのトラブルたちは体内からの影響はあると思っています。ただこれは食べ物や飲み物などの農薬や食物添加物とか身体に悪いもの達が、お口から侵入しちゃってます。

シャンプーや化粧品を食べちゃう人はいませんよね(汗)

あとね、シャンプーやヘアケアやスキンケア商品でアレルギーや湿疹、カブレ、皮膚疾患を起こす人らもいますよね… ただこれらも別にそれらの成分が体内に侵入して体内から影響してる訳じゃなく、直接皮膚についちゃってトラブルを引き起こしているだけですからね。

経皮毒関連はこのブログ記事を読んでみてね

経皮毒は嘘?本当?経皮毒ってどういう仕組みなのですか?

この美容師さんのブログ記事にも納得させられます

経皮毒最終

シャンプーが有害な場合があるとすれば、頭皮や皮膚に直接ついてアレルギーやカブレを起こす場合はありますが、体内に侵入して身体に悪影響を及ぼすことはありません。

もう一つ言っておくと… シャンプーなどのヘアケア製品やスキンケア、化粧品などに使われる成分たちはすべて化粧品基準として厚生労働省で管理されています。
シャンプーや化粧品など頭皮や肌につける製品の成分が、体内に侵入して健康被害を及ぼすような身体に有害な物質を現代日本の厚労省が認可する訳もありませんよね!

 

髪や頭皮に優しい、安全な内容成分だから良いの?

オーガニック、無添加、植物性、合成界面活性剤不使用、無香料、アミノ酸系、ベタイン系などなど、シャンプー解析サイトやおすすめシャンプーランキングサイトなどでは、基本的に毛髪や頭皮に安全性が高い優しい(マイルド)な成分を使用してるシャンプーをオススメしてます。

そして高級アルコール系などの合成界面活性剤を使用してるシャンプーは頭皮にも髪にも刺激が強く危険性の高いシャンプーと定義されてます。

髪や皮膚に優しい成分で作られているシャンプーは本当に良いのでしょうか?

おすすめシャンプーランキングやシャンプー解析サイトで良いとされてる優しい成分のシャンプーが本当に良いのかどうかを考えるには、頭皮(皮膚)と毛髪の2つで考えていかなければいけません。

優しい成分で作られたシャンプーは頭皮に良いのか?

シャンプー解析・分析サイトやランキングサイトでは、アミノ酸系やベタイン系の洗剤成分を使用した洗浄力がマイルドなシャンプーが頭皮に刺激が少なく安全性が高くて良いと評価されます。

アトピーやアレルギーや湿疹カブレ等の皮膚疾患など、頭皮や肌のトラブルで悩まれてる方は低刺激でマイルドなシャンプーで洗ったほうが良いのは当然なのですが… そんな頭皮トラブルのない方が無闇にマイルドシャンプーが良い(合う)と思い込んでる方が多いです。

※多くの方が症状もなく『自分の肌は弱いタイプ』と思い込んでると言われています。

ただ実際は、このブログ記事もそうですが、シャンプー解析サイトやランキングサイトを検索して読んでる方などはシャンプーやヘアケア、スキンケアなどに関する【意識の高い】方々が多いのですが…
世間一般の方はシャンプーの洗剤成分など気にした事などない方ばかりで、現在日本で販売されてるシャンプーの8割以上が頭皮に有害と言われてる合成界面活性剤が使われていて子供さんから老人まで、ほとんどの方がトラブルもなく使用してるのが現実なのです。
日本の厚生労働省は世界的に見ても優秀で、頭皮や肌に危険な成分を認可なんてしませんからね。

 

あと洗浄力に関しても… シャンプー解析やランキングサイトでは、洗浄力の強いシャンプーは皮脂を取りすぎて良くない!と言われたりしますが、現在のスカルプケア(頭皮ケア)の考えでは皮脂はしっかり取り除かないと毛穴が詰まったり皮脂分泌が悪くなって良くないという理論もあります。

スカルプケアの考えでは、皮脂は取りすぎないほうが良いのか?しっかり取った方が良いのか?その人の症状次第だったりします。

詳しくは↓

スカルプケア・頭皮ケアの矛盾・・・

シャンプーとスカルプケア

頭皮のために優しいシャンプーを使ってはいけないケース

頭皮の状態が悪くなると頭皮トラブルだけじゃなく髪の毛も抜け毛、脱毛が増えたり、髪が柔らかく細く猫っ毛になったり、クセが出てうねったりしてくるケースがあります。
当然、これらは遺伝や生活習慣、ホルモンバランス、ストレスなど体内環境から影響を受ける場合が多いのですが、最近よく寄せられる悩みの中にはシャンプーが関係している場合もあります。

例えば、白髪染めを定期的に繰り返してきたミドル〜シニア世代の方々が細毛、軟毛、抜け毛、癖毛などに髪質が変化してきたという悩みです。こういう方こそアミノ酸系やベタイン系のマイルド高級シャンプーを愛用してたりもします(汗)

ヘアカラーやパーマなどをしてる方は優しいシャンプーを使ってはいけません!

なぜなら、ヘアカラーやパーマには頭皮、毛穴、毛根などに有害な薬品が沢山使われているのですが、実はそれらの薬品は毛根付近に長期間残留してしまい毛根を痛めつけて細毛、軟毛、抜け毛、癖毛の原因になるのです。
だから、こういう場合はしっかり洗えるシャンプーで早く残留薬品を取り除いたほうが良いです。

詳しくはこの記事をお読みください。

白髪染めを繰り返すと細毛、軟毛、抜け毛、癖毛が増えてきました!?

美容室でヘアカラーリングをする女性の画像

優しいシャンプーを使用すると毛髪はダメージします!?

上の項目で書いた、有害薬品の残留問題は毛髪でも同じです。
髪の場合ならヘアカラーやパーマだけでなく頭皮に薬剤塗布しない縮毛矯正や髪質改善メニュー、サロントリートメント等でもマイルドシャンプーを使うと有害物質が長く残留してヘアダメージを増やしてしまいます。

特にアルカリなどが残留してヘアダメージすることが多いです

カラーやパーマのヘアダメージにはアルカリ中和、除去するのが大切!

 

あと髪の毛の場合はヘアトリートメント等でツヤサラ美髪に見せるための【表面皮膜】の問題もあります。ヘアトリートメントで行われる強い【表面皮膜】によって髪の命とも言われる『結合水』が減少してヘアダメージしてしまうのですが…

アミノ酸系やベタイン系の洗浄力の弱い洗剤成分で作られた優しいシャンプーで洗っていると、このヘアダメージの原因のひとつである【表面皮膜】が取れにくいのです。

詳しくはこちらの記事を熟読してみてください

【髪質改善】DO-Sすっぴん髪・素髪ヘアケアでヘアダメージ修復

 

頭皮や髪には洗浄力の強いシャンプーが良いの?

おすすめシャンプーランキングやシャンプー解析サイトでは、頭皮や髪に安全性が高く、オーガニックや無添加などのマイルドな成分で出来ているものが評価が高くなっています。

でも今まで書いてきたように、配合量も分からないし、経皮毒は嘘だし、洗浄力の優しいシャンプーだと毛染めやパーマなどの有害な薬品が残留して抜け毛や猫っ毛、癖毛の原因になったり、髪の毛も皮膜や残留薬物が取れにくく余計にダメージを増やしたりもしかねません。

んじゃ 洗浄力の強いシャンプーのほうが良いの?

ってことで、せっけん系とか高級アルコール系とかドラックストアで売ってる普通のシャンプーのがいいの?な〜んて思いがちなんですが… これも大間違いです!

頭皮なら毛穴に石鹸カスや合成界面活性剤やシリコン類が詰まったり、髪の場合なら洗浄力が強すぎて摩擦でキューティクルが損傷したりなどで良くない場合も多いです。

 

理想的なシャンプーとは? 髪や頭皮に有害な残留薬品やヘアダメージの原因である表面コーティング(皮膜)などはきちんと落とすことが出来て、でも毛穴に詰まる成分や強すぎる洗浄力のない… ちょうどよい塩梅のシャンプーが頭皮や毛髪には良いのです。

おすすめシャンプーランキングやシャンプー解析サイトのように、使用成分だけでシャンプーの良し悪しを判断してはいけません。

ヘアダメージや頭皮環境を気にする方は、ちょうどよいバランスのシャンプーを選びましょうね。

 

美容師が作ったすっぴん髪シャンプー&トリートメント

 

コメント

  1. A より:

    こんにちは。DO-Sシャントリでしか叶わない素髪の軽やかさに魅了され、長らく愛用しています。いつもありがとうございます。

    私の髪はロングで、もともとのクセで顔回りから毛先まで大きくゆるくウェーブしています。髪質は太くて硬いです。
    湿度の低い季節は、髪はウェーブしつつもすとんとおさまり艶もありますが、湿度の高い季節や雨の日は、髪全体が広がり艶がなくなります。特に表面の毛は細かくうねりボワボワになります。
    ウェーブは気に入っているのですが、湿度が高い時期の広がり・艶のなさ・表面のうねりとボワボワに悩んでいます。

    先日美容院で、ウェーブを残しつつ、広がり・艶のなさ・表面のうねりとボワボワを改善したいと相談したところ、酸性の縮毛矯正をおすすめされ、施術してもらいました。
    結果、ボワボワはなくなり艶が出ましたが、ウェーブが完全に取れ、まっすぐ・ぺたんこ・濡れたような髪になってしまいました。

    ・なるべく早く酸性の縮毛矯正を取り、元のウェーブを復活させる方法はありますか?(施術当日にダメ元で2回洗髪しましたが、まっすぐなままです…)
    ・ウェーブを残しつつ、湿度が高い時期の髪の広がり・艶のなさ・表面のうねりとボワボワを改善する方法はありますか?もしあるとすればどんな方法でしょうか?

    どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました