ヘアカラーリング

弱酸性のヘアカラーは髪が傷まないの!

当店のヘアカラー剤は

アルカリを使わない カラー剤なので

髪の毛を まったく傷めません!?

 

 

当店は お客様の髪を傷めないために

パーマ・縮毛矯正・カラー剤すべてに

弱酸性の薬剤を使用してます!

 

 

 

髪や肌は 弱酸性が良い!

アルカリは悪い 弱酸性は良い!?

昔っから よく言われてるよね・・・

 

前回の記事

弱酸性は髪や肌に良い!は間違い?

弱酸性は髪や肌に良い!は間違い?

 

前回は スキンケアとヘアケアでの
弱酸性のお話だったよね〜

今日は 理美容室での薬品を使うメニュー
ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正での
弱酸性のお話だね。。。

 

まず ここでは 弱酸性が良いっていうより
アルカリが悪い って感じのお話になる。

なぜなら スキンケア、ヘアケアの場合は
弱酸性は肌や髪に良い!って感じだけど

これらは アルカリ性は傷む(悪い)けど
弱酸性なら傷まない、傷みにくいって感じだし

 

あと ヘアカラーもパーマ、縮毛矯正も
一般的には アルカリ性の薬剤が多いからね。

 

 

んじゃ 今日は ヘアカラーから・・・

弱酸性ヘアカラーとか
酸性カラーは昔っからあるんだけど

よく ヘアマニキュアなど
直接染料を使ったモノも酸性カラー
って呼ばれる事があるからね〜

ま ここでは 一般的な1剤と2剤を
混ぜて染める 2浴式のヘアカラーで話を進める。

 

まず最初に・・・

 

ヘアカラー剤については弱酸性のほうが

ヘアダメージが少ないのは確かである!

 

ただし・・・

 

 

ヘアカラーの仕組みはこの記事で読んでみて

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

 

ヘアカラー剤ってのは
大きく2つの成分で出来ている

ブリーチ剤 と 色素

 

そいつが髪の中で

自前のメラニンという色素を
ブリーチ剤が破壊して

新しく ヘアカラー剤の
色素を入れ込んでる

という 感じなんだね!

 

そう 自毛が暗い東洋人である
みんながよくしてる ヘアカラー剤は
明るいファッションカラーでも白髪染めでも

脱色(ブリーチ剤で)して
黒髪の色を脱色しながら

色素を 発色させて
色味を出してるんだよね。

 

そう・・・

脱色 と 発色 を同時にしてるんだ!

 

 

んで この脱色と発色は
なんの化学反応でするかというと

 

脱色 = アルカリ と 2剤(オキシ)の反応

発色 = カラー剤の色素 と 2剤(オキシ)の反応

 

アルカリ 出て来たでしょ(笑)

 

日本人のような黒髪の方が
少しでも明るく染めようとしたり

白髪染めでも 真っ黒に
ならないように染めようとすると
必ず 脱色を行うんだけど

その脱色には
アルカリが絶対に必要なんだね!

だから 日本でのヘアカラー剤の多くは
アルカリカラーになってるんだ。

 

 

弱酸性のヘアカラー剤では

黒髪を少しも明るく出来ない!

 

 

 

んで もう一回 さっきの記事を読んでみて

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

 

この記事のヘアダメージの原因のとこを
読んでもらえばわかるけど

ヘアカラーでの 髪の傷みの
多くは 脱色で起こるんだよね・・・

 

 

ってことは

 

弱酸性のヘアカラーでは

脱色(ブリーチ)を行わないので

ずいぶんヘアダメージも少ないけど

黒髪を明るくする事は不可能である!

 

ってことなんだね♪

 

 

弱酸性やノンアルカリの
ヘアカラー剤なのに

黒髪が明るく染まったり
白髪染めで真っ黒にならないのは

もしかしたら
騙されてるかもしれないからね!

 

 

んじゃ お次はパーマだね

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お友達ブログの更新情報