元々ダメージしやすい人ほどDO-Sシャントリが適してる!?

すっぴん髪ヘアケアのキモ

DO-Sシャンプー&トリートメント

 

この記事を読んでみて

すっぴん髪ヘアケア!現場で起きる事実♪

すっぴん髪ヘアケア!現場で起きる事実♪

 

こんなダメージ毛が

DO-Sシャントリとハナヘナの
すっぴん髪ヘアケアの4ヶ月の継続使用で
ここまで 変化する

 

これって

DO-Sシャンプー&トリートメントで

ヘアダメージが治ったって事???

 

 

 

ぢ〜ぢの6番目の孫 アサヒ君です♪
1日1回 クリックをお願いします


にほんブログ村

 

 

 

この前からのシリーズ記事

ヘアダメージに普通や一般的は無い♪

ヘアダメージに普通や一般的は無い♪

 

すっぴん髪ヘアケアでダメージが治る!?

すっぴん髪ヘアケアでダメージが治る!?

 

 

>元の髪質が悪いと
美髪になるのは無理なのでしょうか?

>私はこのシャントリは
すっぴん髪にするやつなんだよ。
と言うと、元の髪が悪いんだから
使っても意味ないんじゃない?

 

こんな質問を
ほんとに多く頂くんだね・・・

んで この質問で
まず考えないといけないのが

元の髪元の髪質の違い

元の髪ってのは 根元近くの
新しく生えてきたばかりの髪。

だから これはその人にとって
一番傷んでいない状態の健康毛だ。

ここで元の髪というと誤解しやすいので
前の記事では 結果の髪 と定義した。

 

そして 元の髪質が悪いっていうのは
元々傷みやすい髪質 って事。

まったく同じようにヘアカラーしても
少ししか傷まない人もいれば
すんごく傷んでしまう人もいる。
へダメージは個人差が激しいからね!

 

結果の髪 と 元々傷みやすい髪

これの違いはしっかりと
理解しとかないといけない。

 

あと これも大切なのは・・・

すでに傷んでる 結果の髪に
すっぴん髪ヘアケアやDO-Sシャントリを
したからって ヘアダメージが治る
ということは絶対にない!

 

・・・と もひとつ

 

元々傷みやすい髪には
すっぴん髪ヘアケアしても
あまり効果がない!?

元々ダメージしやすい髪質なので
すっぴん髪ヘアケアしても
美髪になるのは無理?

って誤解しがちだけど・・・
実はこれは まったくの逆。。。

 

すっぴん髪ヘアケアや DO-Sシャントリは
傷んだ髪の人や 元々ダメージしやすい
髪質の人のほうが かなり効果が高い!

 

ってことで こいつを説明していこう。

 

まず 前回の記事で書いてた
結果の髪のお話 ↓

 

ヘアカラー10回施術で
リタッチとかも考えたら −300

毎日の ブローが
1回 −1として −600

シャンプーやブラッシングなどの
その他のヘアケアも入れて
1回 −1として −600

 

ざっくり −1500程度のダメージ

これが 元の髪から

20ヶ月後の 結果の髪 ってこと!

 

ごめんね 長い前置きで(笑)
んで こっからいよいよ本番(爆)

 

この減点されるヘアダメージにはヘアカラー、
パーマ、縮毛矯正などの薬剤でのダメージと

ブローやブラッシング、シャントリなどの
ホームケアでの物理的ダメージの二つがあるんだ。

んで 今日は 沢山ある
ホームケアでのダメージの中でも
シャンプー、トリートメントだけで考えていく。

※これからは シャンプー、トリートメントの事を
シャントリと略して書くのでご了承ください。

 

比較するのはこの二つ

①そこらへんのオーガニックなんちゃらなシャントリ

②すっぴん髪ケアの代表選手のDO-Sシャントリ

この 2種類だけ のヘアダメージを比べると・・・

 

例えば 元の髪、健康毛の状態だとしたら

①のオーガニックシャントリの
1回あたりのヘアダメージが −1 だとして
②のDO-Sシャントリは −0.8 ぐらいとする。

 

これで 20cmの部分のダメージを考えると
毎日シャントリしたとしたら その回数は
20ヶ月なんで 約600回だよね。

 

すると ダメージ合計はこうなるハズ

あくまでの
シャントリだけのダメージだよ!

 

1回あたりのヘアダメージは
少ないけど(たかがシャントリ)

600日も 毎日洗えば
それなりにダメージ差は出てくる。

 

 

ただね これ 実は違うんだ!

 

すっぴん髪じゃない オーガニックなんちゃらは

この赤線のようにダメージしちゃう

オーガニックなんちゃら の(笑)
優しいシャンプーと手触りの良い
被膜トリートメントだと・・・

1回あたりのダメージからすると
上の紫色の線のようにダメージが進行していくと
思いがちだけど・・・

 

実際は 赤い線 のようにダメージ進行する。

 

 

ヘアカラーやパーマなどをした直後などは
被膜の影響でアルカリ残留などの薬剤残留で
かなりダメージが進行しまうし(図の〜の部分)

ヘアダメージが蓄積されて
キューティクルが損傷してくると これまた
被膜で よりダメージが進行してしまう。

 

オーガニックなんちゃらシャントリなどは
健康な時は ダメージが −1 とかでも

ヘアカラー、パーマ直後の1週間ぐらいは
薬剤残留の影響で −1.5ぐらいになったり

薬剤の影響だけじゃなくても
ヘアダメージが多くなってくると

ダメージレベルは −1だったものが
−1.2とか −1.5とか −2とか
どんどんと 多くなって行くんだね。

 

 

そこらへんのシャントリは

ヘアカラー、パーマなどをした直後や

髪の傷みが 激しくなればなるほど

1回あたりのダメージは増えていく!

 

その点 すっぴん髪ヘアケアなら
余計な被膜もないので 1回あたりのダメージは
−0.8から さほど増えないんだよね。

 

 

DO-Sシャントリと そこらのシャントリでは
ヘアダメージがあまりない健康毛とかなら
あまりダメージ差がないけど・・・

ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正してる人や
元々 傷みやすい髪質に人らには
かなりのダメージ差があるんだよね。

 

 

>家族の方がオーガニックなんたら~
のシャントリ使ってますが、髪がみんな綺麗です。
ろくにケアしてない母や父も。

ろくにケアしてない人ほど
あまりダメージしてないから

オーガニックなんたら〜で
洗ってもあまり傷まないんだよね♪

 

こんな感じね

 

 

>私はこのシャントリは
すっぴん髪にするやつなんだよ。
と言うと、元の髪が悪いんだから
使っても意味ないんじゃない?

>元の髪質が悪いと
美髪になるのは無理なのでしょうか?

 

これは 大きな間違いで
ダメージの激しい人や
元々の髪質が 傷みやすい人らは

オーガニックなんたら〜を使用すると
余計に傷みやすかったりするんだよね

 

これが たかがシャントリ

されどシャントリの典型だね♪

 

ヘアカラーやパーマをする人

ヘアダメージがある人

そもそもの髪質が ダメージしやすい人

 

こういう人らは・・・

すっぴん髪シャントリのほうが

ダメージは随分少なくなるんだよね♪

 

 

  1. アキコ より:

    ぢ~ぢさん、こんばんは。

    ブログに取り上げていただいてありがとうございます!
    分かりやすい解説で、素人の私でもそうだったのかぁと勉強になりました!

    生えてきたばかりの髪が傷んでるわけないですよね。

    カラーやブロー、シャントリ等をしてきた結果の髪が傷んで、周りからみると髪質悪いんだから綺麗な髪になんてなれないよと言われたりするんですよね。

    それから、同じことをしても傷みにくい、傷みやすい髪があることも知りませんでした・・・。

    あと、ブローの時間を計ってみました。
    髪をシャワーで濡らしてから→タオルドライ→髪を優しく梳かし→do-sアウトバスsp付け→ドライヤーで毛先が少し湿った状態まで乾かし→ブロー
    で計25分強かかりました・・・。

    早い人はもっと手際よくしているんでしょうが、私は手際悪いし何にでも時間をかけてしまうので
    長くなってしまいます。
    髪が傷みやすいから余計ダメージ+になってしまう。
    もう少し早く出来るように頑張ります!
    あと、髪を引っ張り過ぎたり、力を入れないように前以上に気を付けないと!

    do-s使ってるからダメージが今の状態で治まっているのに、疑り深い妹は どのシャントリ使っても同じだよー!そんなシャントリあるわけないじゃんって言うんじゃないかと心配ですが。

    妹はそもそも美容師を信じてなくて、巷に溢れるサロントリートメントしないと髪傷みますよ~という分かってないインチキ美容師ばかりだと思っています。

    ぢ~ぢさんのような方の話をしても、医者が言うんならまだ分かるけど美容師でしょう?wみたいなホント疑り深いんです。

    でも私はこれからもdo-sシャントリを使い続けていこうと思います♪

    拙い文章で申し訳ないですけど、これからも応援しています。
    ぢ~ぢさん、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報