どS美容師に質問

結合型ケラチンの修復作用とは?

DO-Sでは 去年から
日本の毛髪研究の第一者である
新井先生の研究開発した
画期的なケラチンを実験販売しています。

 

この新井先生の開発した
新ケラチンは 美容師の人らとかが

今まで不可能だった
本当の髪の毛のケラチンと
結合しちゃう画期的なもんだ!
な〜んて盛り上がっちゃうもんだから

よくわかんない一般の方とかは
どんなダメージでも
すぐに健康毛に戻っちゃう
魔法のケラチンぐらいに
錯覚しちゃったりしてます・・・

 

確かに 本当に髪の毛のケラチンと
結合しちゃうのは事実だし
画期的なモノっていうのも間違いはないが

だからって どんなダメージ毛でも

元どおりの髪に再生しちゃうような

魔法のケラチンって訳でもないよ!

 

そこらへんの 胡散臭いメーカーがいう
空想科学や トンデモ理論とかじゃなく

きちんとした毛髪理論に準じた
結合するケラチン だからね♪

 

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 ひまりちゃんです!
1日1回 クリックをお願いします♩


にほんブログ村

 

 

この前の記事

結合するケラチンについての質問・・・

結合するケラチンについての質問・・・

 

この時に説明できなかった

質問に答えていくね〜

 

>私はssウォーターとspトリートメントを
発売時から使ってますが、
正直髪が綺麗になった実感がありません。

ずっと使い続けてればケラチンが結合して
綺麗な髪になっていくのかと思っていたのですが、
違うのでしょうか?

ケラチンの結合はしてるけど、
実感はできないレベルなのでしょうか?

 

こいつを 一般の人にも
わかりやすいように 説明していこう♪

 

まず 一番のヘアダメージって何?
これは 今まで何回も登場してる

コレ↓

ダメージホールっていう
髪の毛のケラチンが流出しちゃって
出来た 穴ぼこ だね!

 

これが どのようにして
出来るのかというと・・・

 

ま イメージだけど
髪の毛は海苔巻きだと考えてみて

海苔がキューティクルで
ごはんがケラチンタンパク質ね。

このご飯粒同士を
繋いでいるのが S-S結合とか
シスチン結合とかいうもんね!

ここでは このご飯粒を S
それを繋げてるのを S-S結合
っていうことで話を進めていくね。

 

んで この Sは
パーマや縮毛矯正などでは
無理やり切断される・・・

パーマは このS-S結合を切断して
ご飯粒をロッドに巻いたりして移動させて
再結合させてカールをつけてるし

縮毛矯正はS-S結合を切って
アイロンとかでストレートにして
形状変化させてるんだ。

んで S-S結合を100切っても
全てくっつけれないのでかなり
切れっぱなしのSもあるんだね。

 

あと ヘアカラーの強いアルカリとか
ドライヤーの熱や ブラッシングなどの
物理的などでも S-S結合は切れるし

最近の研究では
エイジングでも S-S結合が切れ
Sが少なく(これが空洞化)
なっていくと言われてる。

 

 

なんらかの原因で

S-S結合 が切れて

Sが無くなっていくのが

ヘアダメージなんだね!

 

 

髪の損傷って こんな感じだね

健康毛の時は S-S結合が
しっかりしてて Sも沢山ある。

そんで ダメージしていくと
S-S結合が切れ Sが流れ出ていくんだね。

 

一つのS-S結合だけで考えたら
そいつは こんな感じで進行する

まず 第一段階で S-S結合が切断され

その後 S(ケラチン)が髪から消失する。

 

しかも(ここが大事!)

 

無くなった S(ケラチン)は

絶対に 再生されない!

 

だから 傷んだ髪は治らないんだね♪

 

んで ヘアトリートメントって
何をしてるかっつぅ〜 と・・・

無くなっちゃった Sの代わりに
類似した成分が入って(↑画像 Tね)
ダメージホールを埋めてるんだね!

 

あと 理美容室でするサロントリートメント
そう 反応型トリートメントって
言われるようなもんは こんな感じで

髪に入れた 類似成分(画像N↑)
同士を反応させて 結合させて
出にくくしてるんだね♪

しかも しっかりと中に類似成分が
詰まるので ダメージが良くなった感も
あるんだよね〜(実際は治りませんけど)

 

ただ こいつも

髪の毛自体に
結合してる訳ではないので

ダメージを修復する事でもなく
逆にこのN同士の結合反応で
髪を傷めたりする場合も多いんだよね。

 

ここらの理論は 一般の方には難しいけど
理美容師さん向けには この記事で詳しく書いてる

酸熱トリートメントの反応結合の仕組みとは?

酸熱トリートメントの反応結合の仕組みとは?

 

ヘアダメージして
できたダメージホール
S(ケラチンタンパク質)が
なくなったトコに

類似したモノを入れ込んで
ダメージを誤魔化す!

 

ただ こいつは

髪の毛と 結合して

同化する訳では無い!

 

ヘアトリートメントってのは
どんなもんでも この理屈なんだね!

 

 

んで 結合するケラチンは
どういうものかというとね???

わかりやすくいうと こんな感じ

あっさりしてるでしょ?(笑)

 

今まで説明してきた 普通のトリートメントや
サロンでの反応型トリートメントとは全然違う!

類似成分を入れるだけでも
それらを 入れてくっつけるのでもなく

 

S-S結合が 切れちゃってる

かたわれの S 君に

マジで結合しちゃうって代物だ!

 

しかも S-S結合(シスチン結合)っていう
本来の髪と同じ 強〜い結合・・・
同化とか 再生って言える感じなんだね。

 

ただね・・・ そもそも

髪の毛に元々ある Sだけに結合する!

 

これが 君が
実感できないとこなんだと思うよ♪

 

これは どういうことかというと

ちょいダメージ毛 と かなりダメージ毛

 

この髪を 新ケラチンでダメージ修復したとすると

 

そう S-S結合が切れちゃって
Sだけになってても

残ってるSが多ければS-S結合しちゃうので
ケラチンは多くなり ダメージホールを埋めて
ダメージが良くなった実感はあるんだけど

そもそもSがかなり少ないと 結合しても
ケラチンはあまり増えないんだよね♪

 

でもね 新ケラチンで切れちゃった
S-S結合を復活させておく事で
髪の毛のSが減少することも防げるんだよね

 

んで 普通のトリートメントとの差はこうなる

 

↑こう見れば 一目瞭然なんだけど

画像左のトリートメントのほうが

断然 ヘアダメージを誤魔化し

綺麗に見せる事が可能なのだ!

 

トリートメントは結合しないので
すぐに流れ出ちゃうかも知れないけど

ダメージホールに詰まっちゃうので
ダメージが良くなった感はあるんだよね。

 

それで DO-Sでは トリートメントSPや
アウトバストリートメントSPとか

SSウォーターでも
DO-Sトリートメントとの併用を
勧めているんだよね♪

 

すると こんな感じになるでしょ

 

髪の毛を 綺麗に見せるのは

従来のトリートメントで行い

新ケラチンは 根本的な

S-S結合の修復を行うんだね♪

 

新ケラチンは 切れちゃった
S-S結合を再生したり

切れちゃって 髪から流出する
Sを防止したり ヘアダメージを
修復する機能はあるけど・・・

ダメージホールを埋めて
即効で ダメージを誤魔化して
綺麗に見せるような効果はあまり無いんだ。

 

そこらへんは DO-Sトリートメントで
ダメージを誤魔化して綺麗に見せる感じだね♪

 

 

どんなトリートメントをしていっても
S-S結合が切れ Sが流出していくのは
仕方ない事だったんだけど・・・

新ケラチンで S-S結合させて
Sの流出を少なくしていくのが重要なんだね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S商品を購入する♪

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お友達ブログの更新情報