縮毛矯正リタッチの際,既施術部分へ 1液が接触するとクセが戻る?

縮毛矯正は理美容室のメニューの中でも
1、2を争う ヘアダメージの多いメニューである。。。

パーマと比較しても 自分の癖をストレートにするには
強い薬剤や アイロンなどの強い物理的なパワーも必要である。

 

こいつは 失敗すると 悲劇的はハイダメージ毛になる恐れがあり
最悪の場合 天下無敵のビビリ毛が出来上がったりもするメニューである。

 

0426112115

 

この記事

ヘアダメージ・髪の毛の傷みは治らない

 

にも書いたが 一度ダメージしは髪は絶対に治らない!

しかも ダメージは蓄積されていく・・・

だから 縮毛矯正をする場合は
リタッチ と言って 一度した部分には
薬剤をつけずに施術するのが大切なのである。

今日は そんな リタッチ縮毛矯正の質問に答えておこう♩

 

 

 

・・・・・

ぢ〜ぢの愛孫きぃちゃん!
ランキングのクリックはお願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

今日の晒し者! 理美容師さんブログ記事

岡山 美容室 リットル ドライテクニック 収まり・ツヤを出す編

千葉 バージン毛で強い癖毛には安定の「低アルカリ高還元剤」

・・・・・

 

 

今日は とある理由で

縮毛矯正のリタッチ問題に答えておくね!

 

・・・・・・・・・・

縮毛矯正リタッチの際,既施術部分へ
1液が接触すると、くせ戻りし,くせやうねりが出る。

 

質問したい事は

①そもそも何故くせ戻りが起きるのか教えて下さい。

②あと,イオン結合とペプチド結合は,1液2液で
還元酸化はしないので,くせが戻る理由を,SS結合と水素結合とだけで
イオン結合とペプチド結合は 省いても大丈夫でしょうか?

 

丸投げでは申し訳ないので
その答えを,素人なりに頭の中で多少は考えています。

それが下記載なのですが,
関係のない部分,誤解している部分,不足な部分
がありましたら教えて下さい。

 

箇条書きに書き出しています。

③既施術部分のSS結合が1液で還元されたが,
2液の塗布酸化がないためSH HSの状態で止まっている

④くせ毛がまっすぐになる為には,イビツに結合している,
SS結合を還元し切断後,まっすぐにアイロンで整えた状態を,
酸化させ再びSS結合を結び固定させる。

⑤くせ毛の 元々結合はSS・水素・イオン・ペプチドの4つとも
すべて(髪の毛のたんぱく質の配列が)イビツでキレイに配列してない。

⑥髪がSH HS状態であり,SS結合は切れている状態でも,
水素結合は髪が乾くと繋がる。

⑦その場合,くせ毛の水素結合は,イビツでねじれた性質をもつので,
その状態で髪が乾燥し結合するので,くせやうねりが出る。

⑧通常縮毛矯正で,アイロンでまっすぐに伸ばされ2液で酸化したSS結合は,
くせの性質を持つ 水素結合が結びついても,結合の強さはSS結合が勝るので
水素結合のイビツ効果が影に隠れ表に現れないので,髪全体としてはまっすぐになる。

⑨未施術の髪のくせ毛と,リタッチ失敗によりくせ戻りのくせ毛は,
素人が外から見ると同じようにくせが出たように思えるが,髪の構造の中レベルでは違い,
未施術の髪のくせ毛はSS結合が切れていない
リタッチ失敗によるくせ戻りはSS結合が切れっぱなしである。

⑩くせ毛の人のSS結合が切れたままで,アイロンなし・酸化なしの場合は
人工的にまっすぐな力が働いている要素がないので 当然まっすぐにはならない。

⑪直毛の人のSS結合が切れたままの状態で,アイロンなし・酸化なしの場合は
元々の結合にイビツがなくまっすぐなので,まっすぐになる。

⑫イオン結合は髪のphがアルカリに傾く事で切断されると言う事ですが,
その後何によって結合されるのでしょうか?酸性ですか?
それとも切れたら再び結合はしないのですか?

・・・・・・・・・・

ほいほい!

 

まずは みんなが大嫌いな 化学式(笑)

 

還元剤 ↓

RSH ⇄ RS + H+

還元反応 ↓

KSSK + RSH ⇄ KSSR + KSH  (1)

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

酸化反応 ↓

2KSH + O → KSSK + H2O

 

これが パーマや縮毛矯正の薬剤反応の基本中の基本だ。
嫌がらせをしてから 質問が沢山あるので 順番に答えていこう(笑)

 

 

 

①そもそも何故くせ戻りが起きるのか教えて下さい。

君は薬剤反応は十分に理解してるみたいだね・・・

 

縮毛矯正で一度 切断、再結合された髪の毛の側鎖が
もう一度 還元剤で還元される事によって 側鎖の切断が起こる

こいつが大きな問題なのだが。。。

 

あくまで これは大まかな考え方であり SSやイオン結合
酸化剤やアイロンなどの物理的パワーなど 複雑に絡んでくる。

 

もし君のいう 既矯正部に クセ戻り があるとしたら

リタッチ矯正をしたつもりでも
薬剤が必要以上に既矯正部分に塗布されて
もう一度 同じ部分が還元されたとして・・・

 

☆アイロン工程がされずに 酸化された。

☆アイロン工程はしても 酸化がされなかった。

☆アイロンも酸化処理も しなかった。

 

このあたりの 神をも恐れぬ悪行をしたら
君の言う クセ戻り みたいな現象になる場合もある。

 

もしかして 君の考える事は
単純なクセ戻りではなく

既矯正部分に強い薬剤反応が起こり
髪がハイダメージを起こし
ビビリ毛や その一歩手前で
ボサボサでうねりを感じる場合もあるよ!

 

結構 事例としてもコイツは多くあり
リタッチ塗布の前回の矯正部分との境のあたりの
髪の毛の長さの中間部分が横一列にビビリ毛やハイダメージ毛ってのがある。

そう 重複して 還元剤が塗布された部分が
過剰に 髪が傷んで起こるんだ。

 

 

これは この理美容師の専門誌で場末のぢ〜ぢが特集されたとこにも出てる

☆注目 髪の毛のハイダメージ、ビビリ毛の真実!
ヘアダメージで悩んでる方 必見の本!!!

cover_201508031207066b1

場末のパーマ屋 どS美容師プロデュース
新美容出版「マルセル」9月号 定価1,296円

詳しくは ↓

髪の毛の傷みでお悩みの方 必読の本

 

 

既矯正部分に 還元剤を再塗布して起こる現象は
君の言う クセ戻り もあるだろうが

現場の感じだと その部分にアイロン工程無しとか
2剤の酸化工程無し の場合だよね。。。

こいつは 結構な アホ美容師の仕業としか考え難い。

 

もしかしたら クセ戻り というより

既矯正部分に 再度還元剤を塗布したことによる
髪の毛の傷みの増加!

過還元 過膨潤によるヘアダメージ

こいつのほうが 確率は高いかもしれんね。。。

 

パーマや縮毛矯正で 既施術部分に再度還元処理を行い
アイロン工程や 2剤の酸化剤ををつけないという
常識では考えられない美容師以外はね・・・

 

 

②あと,イオン結合とペプチド結合は,1液2液で
還元酸化はしないので,くせが戻る理由を,SS結合と水素結合とだけで
イオン結合とペプチド結合は 省いても大丈夫でしょうか?

髪の毛の側鎖結合は 4種類

ペプチド結合
アミノ酸の基本的な結合。
過度のアルカリ剤、過酸化水素で加水分解されて切断。

シスチン(S-S)結合
システイン2分子が結合したもの。
1剤の還元剤によって切断され、2剤の酸化剤で再結合してS-S結合に戻る。

イオン結合
-(マイナス)イオンと、+(プラス)イオンの結合。
イオン結合がしっかり結合しているpHが弱酸性(pH4.5〜5.5)
髪のpHがアルカリ性に傾くと、イオン結合が切断される。

水素結合
水に濡れると切断。ドライで再結合。

 

 

んで 縮毛矯正で考えなくても良いと思われる側鎖結合は

 

☆ペプチド結合

ペプチド結合は ミノ酸の脱水縮合によって形成されていて
過度のアルカリ剤、過酸化水素で加水分解されるモノなんだ。

こいつは 髪の毛の根本的な結合で通常パーマや縮毛矯正の作用程度では
あまり考えなくても良い感じなんだよね。。。

もし ペプチド結合が加水分解されたとすると
すでにそれは髪の毛の崩壊を意味するからね(枝毛、切れ毛レベル)
こいつが切れるまで ってことは
再結合も不可能なので すでにハイダメージ毛を意味する。

 

☆水素結合

髪の毛を濡らしたら切れて 乾かしたら再結合
普段の生活でも 毎日行われている事なんで 関係ないと思っていい。

 

くせが戻る とか ハイダメージになるとか

縮毛矯正を理論的に 説明するなら
SS結合 と イオン結合 で考えよう♩

 

 

③既施術部分のSS結合が1液で還元されたが,
2液の塗布酸化がないためSH HSの状態で止まっている

プロの美容師が還元剤を塗布して
2液の塗布なしで 酸化させないなんて 考え難いけど

もし 1液だけつけて 2液をつけなかったとしたら そうなるだろう。

 

 

④くせ毛がまっすぐになる為には,イビツに結合している,
SS結合を還元し切断後,まっすぐにアイロンで整えた状態を,
酸化させ再びSS結合を結び固定させる。

⑤くせ毛の 元々結合はSS・水素・イオン・ペプチドの4つとも
すべて(髪の毛のたんぱく質の配列が)イビツでキレイに配列してない。

こいつは まったく問題ないと思う。

 

 

⑥髪がSH HS状態であり,SS結合は切れている状態でも,
水素結合は髪が乾くと繋がる。

これも 一応正解!

ま 最新の毛髪科学では 水素結合はよっぽどの事がない限り
切断されたりはしないで 実は 緩んでいる状態だと解釈されてるけどね。

 

 

⑦その場合,くせ毛の水素結合は,イビツでねじれた性質をもつので,
その状態で髪が乾燥し結合するので,くせやうねりが出る。

くせ毛の水素結合がねじれた性質を持つというのは
まだ 未知の領域で なんとも断言はしにくい。。。

そして 前にも書いたが 水素結合が
パーマや縮毛矯正の反応にそれほど影響してるとも考え難い。

 

縮毛矯正の工程で還元後に 乾燥させたときにクセが戻るのは

還元剤でSS結合を切断すると言っても
100%のSS結合を切るわけでは無い!

 

濡れているときは 水素結合が緩んでいたり
アルカリでイオン結合が切れていたり
膨潤しているので ストレートの形状に見えるが

乾燥して 髪にpHが無くなり
水素結合が結合したり 膨潤がなくなることで

結合力の強い 切断されていないSS結合が影響している!

そう考えるのが 現在の無難なとこだろう。

 

 

⑧通常縮毛矯正で,アイロンでまっすぐに伸ばされ2液で酸化したSS結合は,
くせの性質を持つ 水素結合が結びついても,結合の強さはSS結合が勝るので
水素結合のイビツ効果が影に隠れ表に現れないので,髪全体としてはまっすぐになる。

これは まだ くせ毛と水素結合の関係性が解明されていないので
なんとも 言えない問題だね。。。

ま 単純に 水素結合は 縮毛矯正には
あまり関係ないレベルで考えたらいいと思うよ。

 

 

⑨未施術の髪のくせ毛と,リタッチ失敗によりくせ戻りのくせ毛は,
素人が外から見ると同じようにくせが出たように思えるが,髪の構造の中レベルでは違い,
未施術の髪のくせ毛はSS結合が切れていない
リタッチ失敗によるくせ戻りはSS結合が切れっぱなしである。

そうだね〜

こいつも 2剤の酸化をしていない!と仮定するとその通りだ、、、

あと そいつが 本当にクセ戻りなのか?
ハイダメージによるものなのか?

ここらも 素人では判断しにくいかもしれんよ。。。

 

 

⑩くせ毛の人のSS結合が切れたままで,アイロンなし・酸化なしの場合は
人工的にまっすぐな力が働いている要素がないので 当然まっすぐにはならない。

⑪直毛の人のSS結合が切れたままの状態で,アイロンなし・酸化なしの場合は
元々の結合にイビツがなくまっすぐなので,まっすぐになる。

そのとおり!

補足しとくと 還元だけして 酸化なしなら
それこそ ペプチド結合にまで悪影響を及ぼして 髪の毛崩壊の危険あり!

 

 

⑫イオン結合は髪のphがアルカリに傾く事で切断されると言う事ですが,
その後何によって結合されるのでしょうか?酸性ですか?
それとも切れたら再び結合はしないのですか?

こいつは 一般的な毛髪理論では
施術直後に行う アシッドとか酸リンスとか呼ばれる
酸性の溶剤をつけて アルカリ中和処理を行うことで
再結合されると認識されているんだが

ただ これは まだ
はっきり解明されている訳では無い。

 

アシッドや酸リンスによる アルカリ中和は
ヘアダメージの軽減という目的には効果があるが・・・

 

実際のところ このあたりが
イオン結合にどれほど関係しているのか?

ここは これからの研究によるとこだろう(正直)

 

そもそも 酸性とかアルカリ性などの pHの問題は
髪の毛は 濡れている状態でのお話だからね。。。

乾燥している髪には 関係のない事なんだ。。。

 

ま ここでは イオン結合は 多少の影響はあるけど
縮毛矯正の クセ戻り には さほど影響していないと考えるベキであろう。

たとえば 海水に浸かって(アルカリ性)
パーマのロッド巻いて お酢(酸性)でもつけたら
パーマできちゃうのか? ってお話だからね(笑)

 

 

 

縮毛矯正リタッチの際,既施術部分へ
1液が接触すると、くせ戻りし,くせやうねりが出る

こいつを 総合的にまとめると

 

既施術部分に 1液の還元作用が起こると
たしかに クセが戻ったような状態に見える時はあるだろう。

 

ただ そいつには

☆その部分にアイロン工程がされずに 酸化された。

☆アイロン工程はしても 酸化がされなかった。

☆アイロンも酸化処理も しなかった。

 

このあたりの 条件が必要だと思う。。。

 

 

もし アイロン工程や 酸化処理がされているのに
クセが戻ったように感じるのは

 

既施術部分に 再度強い薬剤反応が起こり
髪の毛が ハイダメージしてしまった!

 

そう考えたほうが いいかも知れんよ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達ブログの更新情報