エアウェーブで中間水洗した時 しない時。。。

どうも〜 場末のぢ〜ぢです。

昨日は 孫3人連れて 遊びに行ってました〜

img_2941

もう ヘトヘトです・・・(爆)

ちょいと前に DO-S式パーママニュアルを書いてる

どS美容師式パーママニュアル コールドパーマ

どS美容師式パーママニュアル デジタルパーマ

どS美容師式パーママニュアル Wガラス化エアウェーブ

これで 終わったと思ってる 理美容師さん・・・

場末のぢ〜ぢは そんなに 甘くはないよ(爆)

どS美容師式 現場で使えるパーマとは?

ぢ〜ぢの愛孫のきぃちゃん
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

お疲れ様です、いつも勉強させて貰ってます。

エアウェーブのマニュアルやっと来ました^ ^

てっきり一剤塗布後テストカールオッケーであれば
R-STOP塗布で還元を止めて中間水洗無しで
乾燥かと思ったんですが違いましたね。

以前は中間水洗するかしないかの話の時ドエスさんは
髪質にも寄るけどしないとおっしゃっていましたが
今回のマニュアルは違ったので中間水洗した時
しない時の髪と薬剤の反応などの話も
聞かせてもらえるとありがたいです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

・・・・・・・・・・

ほいほい!

この記事だよね

どS美容師式パーママニュアル Wガラス化エアウェーブ

ごめん ごめん

実は 随分前に 書いてたんだが

なんや かんや忙しくって

この前 やっと公開できたんよ♩

>てっきり一剤塗布後テストカールオッケーであれば
R-STOP塗布で還元を止めて中間水洗無しで
乾燥かと思ったんですが違いましたね。

ふふふ

やっぱ 君レベルだと そう思ったよね〜

ま ウチの薬剤に限れば
君のいう やり方でも間違いではない!

ちょいと前までは 場末のぢ〜ぢも
その方法が 主流だったんだからね♩

実はそこんとこを 変えた理由は2〜3個ある。

まずは この記事を読んでくれ

ブロム3%で酸化が始まる危険性。。。

まず一つ目は・・・

バックリアクションは 主に

還元剤の中でも

チオグリコール酸に起こる現象なのだ!

システアミンなどは

あまり起こらないと思ってもいい。

ここだね・・・

場末のぢ〜ぢのとこの カールLシリーズは
システアミンがベースだから R-STOPだけでは
思ったほど バックリアクションしない。

だから コールドパーマではR-STOP塗布直後に
ブロム3をつける方法に変えたんだね♩

どS美容師式パーママニュアル コールドパーマ

この R-STOP直後にブロム3をつける方法を
Wガラス化エアウェーブですると
その薬剤の反応時間の関係や
やはり いくらか乾燥しにくい
現象が起こる可能性がある。

ほんの少しだけ 関与してるのが
DO-S R-STOP や ブロム3が
新型になってからなんだが・・・

こいつに添加されてる成分が ほんの多少だが
乾燥しにくくなる可能性もゼロではないという事と

R-STOPとブロム3を塗布した場合は
髪の毛がジチオだらけにもなるので
ここらの影響も もしかしたらあるかもね!?

ただし これらの影響は
場末のぢ〜ぢの作る カールLシリーズでは
さほど あるわけではない・・・

それは 検証済みなので
君のいう R-STOPだけつけて 中間水洗無しで
セカンドガラス化をするのも 間違いではない。

この記事 読んで

パーマで乾燥工程前に中間水洗は必要???

中間水洗で 還元剤は流れないけど

パーマ液は流れる ってことを覚えておいてね。

他社のパーマ液については
いろんな添加剤の影響が大きいから
かなり不安なこともあるけど

場末のぢ〜ぢのとこの薬剤では
ここらはあまり心配ないだろう。

ただ すごく 細かい理論のお話をすると

コールドパーマの場合なら
R-STOPとブロム3でジチオを増量して
バックリアクションさせても
その後のブロム6とかで ジチオは流れていくだろうけど

ガラス化の場合だと ジチオ増量して
バックリアクションしながら乾燥ってことになる

すると その後の どっかん酸化にも
多少の影響がある可能性も否定できない。

バックリアクションってのは
SSの再結合だからね 乾燥しながらなので
良い結果になるとも考えられるし・・・

逆に その後のどっかん酸化の効果を
落とすかも?ってことも考えられるんだ。

ここらは まだまだ 妄想の域で
確実な事は わからないんで
まだまだ これから研究するべき事だね。

だから ここに関してはちょいとまだ回答は出来ない。

DSC_4622

もう一つの理由は

多くの理美容師さんたちから

Wガラス化エアウェーブは

思ったより パーマがかかりすぎる!

っていう 意見が多くてね。。。

その中の 一つの要因として

エアウェーブの機械のセッティング時間

そう ターバンして 1本1本のロッドに
チューブさしてとかの工程の時間が個人差があったり
意外に時間がかかるって意見もあったんだ。

んでね

こいつ うまくコントロールする方法として

デジタルパーマの過還元を防止して
テストカールもできる
あの方法がいいんじゃないの!?

あの方法とは?

どS美容師式パーママニュアル デジタルパーマ

こいつを エアウェーブに取り入れたら・・・

そう考えた訳なんよ♩

多分 君はわかるだろうけど

ダブルガラス化エアウェーブでの
応力緩和(ファーストドライ)の
威力はすごいでしょ。

応力緩和の基礎

猿でもわかる クリープと応力緩和の違い♪

よほどパーマのかかりにくい髪質以外なら
1剤の放置タイムが10分以上になるのは稀だよね。。。

ちょいと 誤解しがちな部分を改定したけど
マニュアルにある この部分

髪質やダメージを考慮して1剤をセレクトし
DO-S式どっかん還元をする

1剤塗布直後〜3分以内に 中間水洗

すぐにエアウェーブのセッティング
チューブを装着し乾燥工程に入れるように準備する

テストカール かかりが弱い場合は
DO-Sスポイド法で還元促進してもいい。

※乾燥するまで多少還元は進行するので
若干ゆるめぐらいでいいかも?(自己判断)

エアウェーブで 完全乾燥(オゾン使用OK)

こいつを 現場的にいうと

乾燥後のどっかん還元は
シャンプー台に通してやるといい。

んで 1液を塗布したら
すぐに中間水洗する感じだ。

かかりにくそうな場合は
しっかりと中間水洗でね

んで そこから席を移動して
すぐにエアウェーブのセッティング

多分 ここまでで
10〜15分はかかるだろ。

ほとんどの場合は

この時点でテストカールは

OKなハズなんだよね。

初期の頃のWガラス化エアウェーブの工程では
テストカールがOKで 中間水洗して
エアウェーブのセッティングしてたから

実際は かなりの過還元 だったと言えるんだ。

だから ここら辺を重視して
今回 ちょいと工程を変更したわけだ。

ただ こいつの途中でも
還元がOKになる場合もある。

そんな時は・・・

例えば 中間水洗して
すぐにテストしてみてOKなら

その時点で R-STOPを塗布するのもありだよ♩

ま 今回の変更の大きな理由としては

R-STOPは還元をストップして
バックリアクション(再架橋)を起こす。
こいつと乾燥との関係性がまだわからない。

エアウェーブのセッティング時間の無駄還元

これらを考えてのことだね。

また 研究が進んで 変わることもあるよ(笑)

DO-Sシャンプーってなんなの?
そんな方はこの記事から


DO-Sシャンプー&トリートメント
DO-Sシャンプー&トリートメントって?

DO-Sシャンプー&トリートメント

『場末のパーマ屋の美容師日記』取り扱い説明書

どS美容師のプロフィール


DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから

bana0098
DO-S商品の購入について

DO-S商品の業務用販売について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です