ブリーチ剤のアルカリと過硫酸塩の除去

とある場末のパーマ屋

んじゃ今日の読者の美容師さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

いつもブログ拝見させていただき大変勉強になります。

質問なのですが、ブリーチ剤を使った際のアルカリや過硫酸塩などの残留を中和したり除去できるものはdo-sアシッドが適しているのでしょうか??

その際はブリーチ後のオンカラー前に処理するのと、オンカラー後、もしくは両方で処理するのとどちらがいいのでしょうか??

効果的なアイテムや手順がありましたらご教授お願い致します。

・・・・・・・・・・

はいはい!

 

まずね… 過硫酸塩(過硫酸ナトリウム、過硫酸カリウム、過硫酸アンモニウムなど)っていうのは主に脱染剤などに入ってる酸素系の漂白剤(用途的には酸化助剤)だからモノエタノールアミンなどのアルカリ剤とは違うのでDO-Sアシッドなどでは中和も除去も不可能だからね。

過硫酸塩についてはこのコラムで

理美容業界の専門用語集

 

そして、ブリーチ剤(脱色剤)、ライトナー、脱染剤などに限らず、パーマや縮毛矯正剤などでも、モノエタノールアミンなどのアルカリ剤を使用した場合は うちの自慢のDO-Sアシッド&DO-Sシャンプー が最も適しています。

 

基本はこのコラム記事をよく読んでみて

カラーやパーマのダメージにはアルカリ除去

DO-Sアシッドでアルカリを中和して、ちゃんと洗えるDO-Sシャンプーで除去が基本です。

 

>その際はブリーチ後のオンカラー前に処理するのと、オンカラー後、もしくは両方で処理するのとどちらがいいのでしょうか??

これはブリーチする薬剤やオンカラーで使用するカラー剤によって違うよ!

 

例えば、オンカラーの時に髪がアルカリ性の状態だと付着しにくヘアマニキュアなどの場合ならアシッド処理をしてから塗布するべきだし・・・

髪がアルカリの状態のほうが付着しやすい塩基性やHC染料などや、発色しやすい酸化染料のカラー剤ならオンカラー後だけで良い場合もある。

しかしこういう場合でも、最初に使用するブリーチ剤などがとても強いアルカリの場合なら、オンカラー前にもアシッド処理したほうがダメージが少なくなったり、オンカラーの染まりの計算がしやくなるケースもあるからね。

 

 

ま どっちにしろブリーチしてオンカラーする場合は、オンカラー後にDO-Sアシッド処理するのは当然だけど…

ブリーチ後にDO-Sシャンプーでしっかり洗って出来るだけ残留薬物を除去するようにはした方が良いと思うよ。

 

 

髪の毛のホントの話

 

 

ブログ記事カテゴリー
とある場末のパーマ屋どS美容師に質問ヘアカラーリング理美容師さんからの質問

場末のパーマ屋の美容師日記の筆者プロフィールページへのリンク画像
DO-Sシャンプーの購入案内ページへのリンク画像

場末のパーマ屋の美容師日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました