刺激性接触皮膚炎の方のシャンプーとは!?

今までの記事

ヤクジョ髪質改善カラーでジアミン除去!?

ヤクジョ髪質改善カラーでジアミン除去!?

 

アレルギー性接触皮膚炎だと優しいシャンプーがいいの?

アレルギー性接触皮膚炎だと優しいシャンプーがいいの?

 

 

アレルギー性皮膚炎と

肌が弱いとか 強いとかは

まったく関連性がない!

 

だから・・・

アレルギー性接触皮膚炎の方は

優しいシャンプーじゃないといけない

ってことは 全然ない!

 

 

ってことで 今回は

②刺激性接触皮膚炎の方

 

こういう症状が出やすい方への
アドバイスという形で説明しよう

 

刺激性接触皮膚炎ってのは
ヘアカラーやパーマ剤に含まれてる
強いアルカリ剤や きついオキシドール等で
肌が攻撃されて 炎症を起こすんだけど・・・

こういうパターンの方のシャンプーは
施術前と施術後とか シャンプー剤というより
洗い方が重要だったりする。

 

 

◎ヘアカラーやパーマなどの施術前のシャンプー

まず シャンプー剤については 洗浄力の高いシャンプーもダメ 優しいシャンプーもダメ! 適度な洗浄力のシャンプーがおすすめである。

なぜかというと 洗浄力の高いシャンプーで洗うと 頭皮の脂質を取りすぎたりして その後のアルカリやオキシの刺激を高めてしまう可能性がある。

また 優しいシャンプーで洗うと 髪の毛への薬剤の浸透を弱めてヘアカラーやパーマの薬剤の浸透の妨害をして 薬剤の放置時間を長くしてしまう傾向にあり 刺激性の成分の皮膚への滞在時間が長くなってしまうから。

んで 施術前はシャンプーの仕方も大切で 頭皮をゴシゴシ洗ったりなどすると その後にアルカリやオキシの刺激が強くなってしまうので 頭皮は優しく洗うようにしないといけないよ。

 

 

◎施術後のシャンプー

ヘアカラーやパーマの施術後は??? 刺激性接触皮膚炎を起こしやすい人の多くは ここで優しいシャンプーって考えがちだけど ここはちょいと注意が必要なんだね、ってのはアルカリやオキシなどは残留しやすいって事。 アルカリなんかは1週間程度残留すると言われてるぐらいだからね。

だから施術後に あまりに洗浄力の優しいシャンプーで洗うと刺激性の成分が長く残留し 逆に症状を激しくしてしまう可能性があるって事だね。

昭和の時代は パーマ後は1週間はシャンプーしちゃいけない!な〜んて言ってた時代もあるけど 頭皮や髪に残留する薬品は早く落としたほうが良いので ここはちゃんと洗えるシャンプーを使用した方が良い。

 

ってことは・・・

どっちも あまり洗浄力の弱い

優しいシャンプーは向いてないって事なんだよね。

 

 

で でもね・・・

 

多くの 一般の人たちは・・・

 

いやいや

そこらのプロの理美容師さんたちすら

 

 

頭皮や肌の弱い人は

優しいシャンプーが良い!

と思ってる。。。

 

優しいシャンプーのほうが

安全性が高いと思ってるんだよね・・・

 

こんどは シャンプーとアレルギー

シャンプーが合う 合わないのお話をしよう。

 

 

続く・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報