どS美容師に質問

DOSアシッドの使用量の目安!?

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・

初コメント失礼いたします。
ブログ、いつも勉強させていただき、ありがとうございます!

dosアシッドの使用量に目安はありますか?

現場では、矯正、カラーの後は原液で使うことが多いです。

もちろん毛量によってまちまちだとは思いますが、
ロングは何cc、ショートは何ccなど、目安があれば
教えて頂きたいです。

・・・・・・・・・・

 

ホイホイ!

まずは 基礎知識として

DO-Sアシッドが
他社のアシッド剤と 何が違うのか?

 

pH5 なのに 酸度が高い!

 

だいたいの サロン用の アシッド剤、
酸リンス、バッファ剤なんかの pHは
2〜3とかのかなりの酸性なんだよね。

実は これが 大問題でね・・・

 

pH2とか・・・こんなに酸性だと

髪の毛は 過収斂してしまう!

 

髪の毛が過収斂すると
ゴワゴワになるだけじゃなく

キューティクルもギューて閉まっちゃって
その後の成分は入りにくかったり

逆に 残留物質も閉じ込められて
出にくくなったりするんだよね。

 

DO-Sアシッドの最大のメリットは
この pHが5前後と
過収斂を起こさないってこと!

そんで 酸度も 約80mlと高いので
アルカリ度が7位ある パーマ液や縮毛矯正剤とか
10以上もあるような ヘアカラー剤でも
アルカリ中和する能力もあるんだよね。

 

こんだけ酸度が高くて pH5とかの
アシッド剤なんか そうないからね・・・

あと この数値上の特性 とくに過収斂を
起こさないというのを考えたら

もしも 使用量が多すぎても
さほど害は無いと考えても良いんだね。

 

 

>dosアシッドの使用量に目安はありますか?

これね〜

これ 実際に 使用量の目安 ってのが
すんごく難しい。

アルカル残留を少なくするのは
アシッドの使用量だけじゃないんだよね。

 

そりゃね 卓上の理屈でいうとね

アルカリ度は7mlのパーマ剤の
1剤を そのままの状態で中和するには

だいたい同量のDO-Sアシッドの
使用でOKってことなんだよね。

 

ただ 実際にパーマをかける場合なら
1剤の中間水洗もするだろうし

2剤でブロムやオキシも塗布するし
その後 ロッドアウトして
プレーンリンスですすいだりもするよね・・・

 

これらの工程で アルカリ剤が
どのくらい流れ出たのか?

個人差も大きいし
数値化するのも困難だよね。

 

たとえば アルカリの強さで
7の薬を使ったとしても

2剤やプレーンリンスでアルカリ剤が流れてて
DO-Sアシッドを塗布する頃には
アルカリの指数が2とかの場合もあるし

逆に5ぐらい残留してたりとか
残留の格差が激しいんだよね。

 

ヘアカラーなんかの場合だとアシッド剤を
つける前にしっかりと乳化したりとか
シャンプーしてたりとかで 意外に
アルカリ剤が流れていたりする場合もあるしね。

 

 

んで このアシッドの使用量の目安
についてアドバイスするとね・・・

 

まず 最初に DO-Sアシッドなら
使用量が多すぎての弊害は まず無いと
思っておけばいいし・・・

DO-Sアシッドぐらい酸度が高ければ
原液で全体に行き渡るぐらいついていれば
効果はあると思われるしね・・・

 

 

もうひとつ 知っておいて欲しいのは

 

アルカリは中和して 流す!

ってこと・・・

 

 

たとえば DO-Sアシッドを原液で
たっぷりと塗布して 5分間放置したとする

これを 同じ髪質、条件のアルカリとして
DO-Sアシッドを2倍に薄めたものを
塗布してもみ込んだあと 一度すすいでから
もう一度同じように塗布して もみ込んだほうが
原液で5分間置くより アルカリを除去できる
可能性は高いんだよね

 

 

そう だからね

強いアルカリを使用した場合のお話 だけど・・・

たとえば ブリーチ剤なんかの強いアルカリ度の薬を
使った時なんかは 原液を1回だけ たっぷりつけるより

乳化してしっかりすすいで 1シャンプーの前に全体に
DO-Sアシッドをなじませて しっかりとすすぎ

もう一度 アシッド処理をしたほうが
アルカリ除去の効果はあると思うよ。

 

そんで

強いアルカリの薬剤を使用した後とかなら
ホームケアでも最初の数回のシャンプー時に

お客さんにアルカリオフを
使用してもらうのとかも超オススメだね!

 

 

 

 

DO−Sアシッドの使用方法

DO-Sアシッド〜唯一無二のアルカリ中和剤!?

DO-Sアシッドとオキシゼロの使用法

 

  1. クール より:

    acidについて!ありがとうございます!

    ということは
    カラーのときなら
    乳化→流し→シャンプー→オキシゼロ→流し→acid→シャンプー→流し→acid→流し→トリートメントがいいということでしょうか?

    まだ質問なのですが、

    1・カラーのときは乳化→流し後にワンシャンしてオキシゼロなどをつけないといけないのか?←ワンシャンなしはだめなのか?

    2・薄めたacid2回の方が効果的ということならば、だいたいどのくらい希釈で2回付がいいでしょうか?←オキシzeroも2倍と3倍どちらがいいかわからなくて汗

    ただお客様には凄い好評です!!!

    正直過去の記事みても
    イマイチ
    パーマや縮毛矯正、カラーでつける手順が分かりません。

    宜しくお願い致します泣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お友達ブログの更新情報