どS美容師に質問

ドライヤーのかけかたについての質問

ヘアダメージ 髪の毛の傷みで 悩んでる方に

すこしでも参考になればと思い 書いています

ヘアダメージを軽減

 

これからも いろんなジャンルで書いていきますね〜!

 

 

場末のぢ〜ぢの 孫のキィちゃんで〜す!
1日1回 クリック お願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

こんにちは。
ドライヤーのかけかたについて質問させてください。

いつも
①最大風量で、地肌を手でわしゃわしゃしながら、ドライヤーを振って根元を乾かす。
②髪を手ぐしで、ブロッキングする。
③髪が散らばらないようにドライヤーを中ぐらいの風量
(振らない)にして当てながら、早く乾くブラシ
(https://item.rakuten.co.jp/tangleteezer/4582401936769/)
を根元からゆっくり毛先まで通す。(絡んでる感じはしないです)
※②③を繰り返す
④ほとんど乾いたらブラシを使いながら中ぐらいの風量の冷風に切り替える。
⑤弱風の冷風を当てながら手ぐしで整える。
という、手順をしています。

本当は濡れ髪にブラシは良くないと知っているので、使いたくないのですが、
使った方が仕上がりがサラサラになり綺麗です。

 

質問は、

絡んでなくてもキューティクルは傷んでいるのでしょうか?

手順の中で直した方がいい部分はありますか?

あと、私が使っているブラシについてどう思いますか?(URLの商品です。)
あまり良くないようでしたら、濡れ髪におススメのブラシ櫛はありますか?

よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・

 

ほいほい!

この記事にもらった 質問だね

ヘアダメージ減少する方法 ホームヘアケア③

ヘアダメージ減少する方法 ホームヘアケア③

 

これは 基本のドライヤーのあて方だね〜

実は次回 朝のスタイリング時の乾かし方や ドライヤーのあて方の
注意点とかアドバイスを書いていくつもりだ、

ま もうちょいしたらその記事を書いていくので
そのブログ記事も また読んでもらえたらいいと思うよ。

 

 

んじゃ 君の質問に答えていくね

 

まず 質問じゃないけど・・・

>本当は濡れ髪にブラシは良くないと知っているので、使いたくないのですが、
使った方が仕上がりがサラサラになり綺麗です。

ヘアダメージがあるのは 知ってるんだよね?

それでも サラサラで綺麗になると思って
ダメージより綺麗になるのが大事だと思うなら
それは君の考え方なんで なにも問題はないと思うよ。

 

 

この工程は 朝 髪を濡らしてからスタイリグするときのお話だよね?

ドライヤーで髪を乾かすのは 通常は夜とかお風呂に入ってシャンプーした直後と
朝濡らして出かける前にスタイリングする時。

夜 お風呂上がりの場合は ブラシなども使う必要はなくて 濡れてる時に
温度が高い風があたらないようにだけ気をつけて 迅速に乾かせばいいだけだからね。

 

だから 君の工程は 朝 髪を濡らして
スタイリングする時と仮定してお返事するね。

 

 

>絡んでなくてもキューティクルは傷んでいるのでしょうか?

ドライヤーをかけてる時の場合だと ダメージの原因は 絡むだけでなく
濡れてる時に高温が加わる、テンションが加わる などもあるので
絡んでいなくても それなりにダメージはあると思うよ。

 

>手順の中で直した方がいい部分はありますか?

まず

④ほとんど乾いたらブラシを使いながら中ぐらいの風量の冷風に切り替える。
⑤弱風の冷風を当てながら手ぐしで整える。

これらの工程は ほとんど 意味がないと思うけど
たぶん君が やりやすいんなら 特に問題もない。

 

そして あとも 君がダメージ覚悟で
自身で やりやすいのなら ほとんど問題はないと思うけど・・・

 

ぢ〜ぢがダメージ的に思うには 工程やブラシがどうこうよりも

②髪を手ぐしで、ブロッキングする。
③髪が散らばらないようにドライヤーを中ぐらいの風量
(振らない)にして当てながら、早く乾くブラシ
(https://item.rakuten.co.jp/tangleteezer/4582401936769/)
を根元からゆっくり毛先まで通す。(絡んでる感じはしないです)
※②③を繰り返す

この時に ①で根元は乾かしているんだろうけど
実際に ブラシで乾かすところが どのくらい濡れてる(湿ってる)のか?

 

そう ダメージ的に一番大切なのは

ドライヤーの時に 髪の毛がどの位乾いているのか?

ここが最大の問題なんだよね。。。

 

どうも 君の文章を読んでると
この時に かなり濡れた状態のような感じだよね・・・

 

 

髪の毛のダメージ的に考えたらだから 参考までに書いておくと

かなり濡れたまま(湿ったまま) ブラシで梳かしながら
ドライヤーを中ぐらいの風量であてる っていうのは
わりと ヘアダメージの多い スタイリングの仕方だね。

 

 

どのくらい 乾いた状態でドライヤーをかけたらいいのか?

これね 半乾きだとか 8分乾きだとか 色々言われるんだけど
個人的な感覚で 半乾きといわれてもわかりにくいよね。。。

 

まず こんな感じは 濡れてる感じだね

そう 水分で 髪同士がくっついている感じだと
まだしっかり濡れてるっていうんだ。

 

んで

8分乾きだと 見た目は乾いたように見えても

触ると ちょい 湿ってる感じ ぐらいかな・・・

 

これね 美容師さんとかなら すごくわかるんだけど
ブローとかしてて 内巻きとかで 形のつく瞬間ってのがある

完全に濡れてる 髪の毛を いくらブラシで形つけて
ドライヤーしても 形なんかつかないんだけど
8分乾き〜乾燥 ぐらいのとき・・・
ここらで グッて形がつくポイントがあんだよね。

コテで巻き髪とかする時も 湿ってる髪は
いくらコテしても形がつかない! これも同じような理屈ね。

 

 

イメージでいうとね・・・

 

スタイリングでブラシでブローする時の

ドライヤーをかけるタイミングは

 

見た目は 濡れた感じはしないけど

触ると 湿り気を感じるぐらい・・・

 

7〜8割程度 乾いた感じの髪の毛が ベスト!

 

 

このぐらいなら 100度程度ならさほど傷まないハズなんで
この時に ブラシで梳かしながら ドライヤーをかけるといいと思いよ。

 

 

>あと、私が使っているブラシについてどう思いますか?(URLの商品です。)
あまり良くないようでしたら、濡れ髪におススメのブラシ櫛はありますか?

ブラシも見てみたけど 髪が絡まったり 強いテンションがかからないようなら
君が使いやすければ まったく問題はないと思うよ〜♪

 

んで ま アドバイスすると

 

①最大風量で、地肌を手でわしゃわしゃしながら、ドライヤーを振って根元を乾かす。

②最大風量で、ドライヤーを振って全体的に 7〜8割ぐらい乾かす。

③髪を手ぐしで、ブロッキングする。

④ブラシにドライヤーを当てながら 根元からゆっくり毛先まで通す。

※③④を 全体が乾くまで繰り返す あと冷風はお好みで♪

※④の時に7〜8割ぐらい乾燥してれば 高温でも比較的ダメージしにくいので
ゆっくりと熱を加えていったほうが 綺麗に仕上がりやすい。

 

髪の毛は 濡れてる時に ドライヤーやアイロンをしても
形もつかないし 綺麗にもならず ただ ダメージしてるだけ!

8割程度は乾かしてから 加温・乾燥したほうが
ダメージも少ないし 形もつきやすいんだね。

 

このぐらいの やり方で

君が満足できるぐらいの髪になれば

ヘアダメージは少なくなると思うよ♪

 

 

  1. 田舎美容師 より:

    じーじさんこんにちは!
    久しぶりに質問させてもらいます!
    スタイリング剤に関してです!
    最近スプレーワックスを仕上げによく使います。
    質感がとても好きで軽い仕上がりだし毛流れを自然に出すのに使いやすいのですが、たまにもう少し毛先の動きが欲しいなと思う時があります。
    スプレーワックスはハードタイプなど作れないのでしょうか?
    あとワックスも全然ベタつかないのになぜかセット力が強くて驚いています。
    今まで使ったワックスのなかで間違いない1番使いやすいのですがやはり料金的に高く感じてします。
    今後量産が可能になれば安くなることはあるのでしょうか?

    わがまま言って申し訳ないのですがお時間ある時ご回答お願いしますm(_ _)m

  2. 沢山 より:

    質問をしたものです。
    ありがとうございます。

    すみません。この工程は寝る前です。
    しっかり乾かせば、寝癖もつかないので
    朝はドライヤーを使わないで、ブラシだけでスタイリングしています。
    冷風は、キューティクルがしっかり閉じて艶が出ると思ってました。

    ブラシを使う前にほとんど乾かした方が良かったんですね。
    今日から実践します!

    ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お友達ブログの更新情報