どS美容師に質問

細くて柔らかい猫っ毛にハナヘナをやっても無意味?

ヘナトリートメントするときの 注意としては

 

☆表面コーティングをしないので ツヤが良くなったり
手触りが良くなることも あまり無い。

 

☆DO-Sシャントリを使用しないと ヘナショックといって
ヘナ後に 軋んだり ゴワゴワの手触りになったりする。

 

☆ヘナ単品の場合は オレンジ色に着色する
ハイトーンの場合は 特に鮮やかに出るので注意するべし。

基礎から学ぶハナヘナ トリートメント編

基礎から学ぶハナヘナ トリートメント編

 

 

 

 

キィちゃんに 弟ができました〜!
1日1回 クリック お願いします♩


にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゅ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

急ぎの質問です(>_<)

この記事を読んだのですが、ハナヘナを取り扱っている
美容室のブログを見ると どこも猫っ毛でもハリコシ等の
髪質改善に効果があるみたいなこと書いてあるんですが。。

私はスーパーロングで細くて柔らかい猫っ毛で
ダメージもあるのですが、ハナヘナをやっても無意味でしょうか?

・・・・・・・・・・

 

 

ホイホイ!

この記事の内容だね

猫っ毛、細毛、軟毛にはハナヘナは合わないの?

猫っ毛、細毛、軟毛にはハナヘナは合わないの?

 

・・・・・・・・・・

たとえば 君が現在 ショートヘアとか ボブ程度の長さで
ダメージもさほどなく 髪がもつれたり 絡まったりしない感じなら
ハナヘナのトリートメントや白髪染めも全然OKだと思うし。

逆に ミディアム〜ロングとかで パーマとかヘアカラーとかしてて
それなりにヘアダメージもあり 普段もスタイリングするような髪型で
髪がもつれたり 引っかかったりしやすいようなら ヘナは勧めないよ!

・・・・・・・・・・

ハナヘナでの トリートメントは

髪の毛の内部補強になるので
ハリが出やすいというメリットがあるが

それと 引き換えに 髪の毛が からまりやすかったり
もつれやすくなったりなどのデメリットもある。

猫っ毛、細い毛さんなどは 元々 もつれやすい人が多く
髪の毛自体も細いので 内部補強も少ない(入る部分が少ない)ので

思ったほど ヘナトリートメントの効果がない場合がある!

だから

君の髪の毛が 現在 からまりやすいような状態 なら

ハナヘナでのトリートメントは あまりオススメはしないね。

・・・・・・・・・・

 

この部分だよね!?

 

そう ここで大切なのは 猫っ毛、細い毛とか

ヘアダメージが沢山あるとかも あるけど・・・

一番は

髪がもつれたり 引っかかったりしやすいか?

ここなんだね。。。

 

 

>ハナヘナを取り扱っている
美容室のブログを見ると どこも猫っ毛でもハリコシ等の
髪質改善に効果があるみたいなこと書いてあるんですが。。

 

これは 髪の毛の内部補強になるヘナなので
一番 わかりやすい効果だね。。。

 

特に 普通のカラー剤で白髪染めなんかしてた方が
ヘナ&インディゴなどの 白髪染めに変えたりしたら
ほとんどの方が ハリコシが出たり 髪がしっかりしたり
ダメージが少なくなっていくのを 実感できると思うよ♪

ヘナトリートメントにしても ベースの髪色が明るい場合は
オレンジ味が強くなっちゃっても大丈夫なら
髪にハリコシが出やすくなるのも 事実だね。

 

 

そう 確かに

ヘナをすると 髪に ハリコシは出やすくなると思う。

 

 

ただし

 

元々 もつれやすく 絡まりやすい髪の人は

ヘナをすると そいつが悪化しやすいのも事実だね。

 

 

 

>私はスーパーロングで細くて柔らかい猫っ毛で
ダメージもあるのですが、ハナヘナをやっても無意味でしょうか?

 

ちゃんと 髪の毛を見てみないと なんとも言えない部分もあるけど
ハナヘナをやっても無意味っていうことは あまりないかと思う。

 

 

ハナヘナをすれば

細くて柔らかい猫っ毛でも 少しは

ハリコシなどが 出る可能性は高いと思うよ♪

 

ただ 今よりは

 

シャンプー後に 乾かす時とかに

もつれやすかったり 絡まりやすかったりしやすい!

って 理解して 納得して 試してみて欲しいね。

 

 

 

 

もし 今より もつれやすくなる ってのを納得して それでも
ハナヘナをしてみたいって思うなら すこしアドバイスをしとくとね。

 

君のような髪質の方なら ヘナを試す前に かならず

DO-Sシャントリを 使いこなせるようになっていて欲しい。

 

とくに シャンプー後のドライヤーで乾かす時に
アウトバスとして DO-Sトリートメントをつけるんだけど

そいつで 髪の毛が絡まないよう に
ちゃんと ドライヤーで乾かして スタイリングできるのか?

 

そう ハナヘナをする前に 今の髪の状態で
DO-Sトリートメントを ちゃんと使えて
絡まないように 髪を扱えるかどうかが とても重要なんだね。

 

 

ここが クリアできれば ヘナを試してみても
そんなに 苦労しなくてもいいと思う。

 

あと できたら 最初はハナヘナをちゃんと理解してる
美容師さんにお願いして ヘナ後の乾かし方や
スタイリング方法を しっかりと教えてもらうのもオススメだよね。

 

  1. まさみ より:

    この記事の質問をした者ですが、ダメージに対してはどうなんですか?
    ダメージにも無意味ということはないんでしょうか?
    あと、ハナヘナにハナヘナオイルを混ぜるとマイルドになって少しはギシギシガシガシ等の軋みを抑えられるみたいですが、油分でコーティングしてしまってヘナの浸透を妨げないのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お友達ブログの更新情報