デジタルパーマの二つの基本工程!

久しぶりに 昨日の記事で

デジタルパーマについて書いたよね〜

デジタルパーマに関する質問

デジタルパーマに関する質問

 

デジタルパーマで 低温が良いとか
高温じゃないと意味が無い?とか
乾燥させるか?させないか?

いろいろ ごちゃごちゃになってる
美容師さんは多いんだよね〜!

そこで 今回は できるだけわかりやすく
正しいデジタルパーマの基本工程を書いておくね。

 

まず 前回も書いたけど
デジタルパーマには 二つある!

 

①しっかりかかるデジパー

デジロッドで加温することで
つよ〜く還元できるので
しっかりかける事ができるデジパー

 

パーマの基礎理論の
・中間水洗して1剤を流しても 還元剤は流れない
・パーマの反応は髪が濡れてる時に起こる
この二つから・・・

髪が濡れてる時に デジタルロッドで加温することで
強く還元するので パーマのかかりがすごく良くなる。

 

 

 

②ギャップの少ないデジパー

濡れてる時と乾いた時の
ウェーブギャップの少ない
再現性の良いパーマができるデジパー

 

パーマの基礎理論の
・濡れてる時の反応は濡れてる時に出て、
乾いた時の反応は乾いた時に出る。って事で・・・

デジタルならロッド巻いたまま完全乾燥させて
そのまま過酸化水素の2剤で一気に酸化させる事で可能になる。

 

 

まず

①しっかりかかるデジパー

から説明すると

 

 

これは 低温デジタルパーマや
デジタルクリープパーマとか言われるもので

シンプルに パーマの1剤を加温することで

還元力を強くして パーマを強くかけてあげる!

っていう技法だね。

 

昔ながら スチーマーや遠赤などの機械で 加温して パーマをしっかりかける技法と同じなので デジタルパーマだからと難しく考える必要はないからね。

あと よく こんなに優しい(弱い)薬剤で こんなにしっかりかかります!だからダメージが少ないんですよ〜 なんて説明をする人もいるけど 弱い還元剤でも加温してしっかり還元してるので 薬剤でのダメージ差なんてそんなに無いよ。

 

このデジパーのやり方は 実にシンプル!

 

最近は 防水型のデジタルロッドが
ほとんどなので こういう防水型のロッドなら
水巻きでもつけ巻きでもいいので

 

ワインディング

液体タイプのパーマ1剤塗布

60℃前後で加温する

テストカール

2剤処理

 

デジロッドで髪を乾燥させる必要はない! もし かかりがゆるいようなら逆に霧吹きかアプリケーターで水分を与えたほうがよりしっかりとかかります。

防水型のロッドでは無い場合は クリームタイプの薬剤で前還元して水洗してかければ出来るんだけど
そんな めんどくさい事するなら わざわざデジタルパーマなんぞでしないで スチーマーか遠赤で加温したほうが良いかも知れないね(笑)

 

 

そんで

②ギャップの少ないデジパー

の施術方法は・・・

 

こいつは クリーム系の薬剤で前還元して水洗後
ワインディングしてもいいし

上記と同じようにワインディングして
液体のパーマ1剤でもいいけど・・・

施術工程的に簡単なので基本としては

 

クリームかジェル系の1剤で還元して水洗し
ある程度 乾かしてからワインディング

60℃程度から乾燥とともに温度を高くしていき
乾燥手前では100℃以上にして完全乾燥させる!

完全乾燥の状態から過酸化水素水(オキシ)
の2剤で一気に酸化させる(どっかん酸化)

 

 

デジロッドの温度は 髪質、長さ、毛量とかで変えなければいけないけど 水分がある時は60℃から始めて 8分乾き程度で80℃程度 もうすぐ乾くって時に100℃以上にするイメージで行うのがいい。水分が多く残ってる時に高温にするとヘアダメージが多くなるので注意が必要である。

 

 

 

 

この2つが 令和の

最新デジタルパーマの瀬術方法だね♪

 

 

 

 

 

DO-S的パーマ解体新書 酸化法

 

デジタル、エアーでのどっかん酸化の仕方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達ブログの更新情報