どS美容師に質問

何度もヘアカラーすると 髪は傷む!?

ヘアカラー 毛染めは髪の毛を傷める!

ダメージレスカラーだのに 騙されてはいけない

 

この記事読んでみて〜!

髪の毛を傷めるのなんて 簡単だよ〜♩

ヘアカラーの仕組みと ヘアダメージの原因

一般の方に知って欲しい ダメージの少ないヘアカラー

 

 

できるだけ ダメージを少なく

ヘアカラーするのはどうしたらいいの???

 

 

 

 

今日も元気に キィちゃんをクリック♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

何度もヘアカラーすると 髪は傷む!?

 

ちょいと前に頂いた質問

・・・・・・・・・

じーじさん初めまして。
いつもブログ読ませて頂いてます。一般の者です。
一つ気になる事があり質問を送らせて頂きました。

 

私はヘアカラーリングが好きで、自分の染めたい色が
見つかったら髪全体を美容室でその色に染めています。
ホームカラーはやったことは無いです。

縮毛矯正は一度だけかけたことがあります。
退色して金髪になるのが嫌なのでブリーチはしていません。

 

そこで質問なのですが、

ブリーチなしでカラーリングを繰り返すだけでも、
ハイダメージ毛になってしまうのでしょうか?

ダメージのことを考えたら、やはり髪全体を何度も
カラーするのは控えたほうがいいのでしょうか?

おしゃれ染めを楽しみたいけど
ビビリ毛になったりするのは嫌なので少々悩んでいます。

 

質問にお答え頂けたら幸いです。
長文乱文失礼しました。

・・・・・・・・・・

 

んで そいつにお答えしたのがこの記事

何度も ヘアカラーするのは控えたほうがいいのでしょうか?

 

ヘアカラーでのダメージの多くは

脱色(ブリーチ)によるとこが多い。

 

ブリーチ剤とか だけじゃなく
普通のヘアカラー剤に含まれるブリーチ剤でもね。

だから どのくらいの ブリーチ剤を
含んだ薬剤を使用するかによるよね。。。

 

ここは 君の 希望の色とか
明るさによって かなり変わるので

なんとも 言えない部分だよね。

 

 

それで 読者さんからの 追加での質問ね

・・・・・・・・・

質問に回答頂きありがとうございます。
この記事の質問を送った者です。
正直ご回答頂けないかと思っていたので嬉しく思います。

じーじさんが記事で挙げられていた
私の髪の状態などをもう少し詳しく書きます。

 

私の地毛は6トーンと
一般的な人より少し明るめです
(太陽の光に透かせば茶色に見えます)。

一度だけカラーリングで11トーンまで
トーンアップしたことがあります。
その後はだいたい8〜9トーンぐらいで染めていました。
今後も染めるときは明るくても10トーンぐらいまでだと思います。

 

いつも行く美容室で使っているカラー剤が
どういう物かはよく分からないですが、
安い美容室なので多分一般的に
よく使われているものだと思います。

 

私の状態はだいたいこんな感じです。
お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・

 

ふむふむ・・・

 

前回の質問では 希望の明るさが
わからないのでなんとも言えないということだったが

 

>だいたい8〜9トーンぐらいで染めていました。
今後も染めるときは明るくても10トーンぐらいまでだと思います。

 

って ことだよね。。。

 

こいつがわかった上で 最初の質問である

 

>ブリーチなしでカラーリングを繰り返すだけでも、
ハイダメージ毛になってしまうのでしょうか?

ダメージのことを考えたら、やはり髪全体を何度も
カラーするのは控えたほうがいいのでしょうか?

おしゃれ染めを楽しみたいけど
ビビリ毛になったりするのは嫌なので少々悩んでいます。

 

こいつに お答えしとくと・・・

 

ま 前回 お答えしたように

8〜10トーンといっても
ブリーチするには 違いないんだ。

 

だから 普通に考えると

 

毎回 全体に カラーリングするのと

根元の新しく生えた部分のみの
リタッチカラーするのを 比較したら

 

当然ながら

 

毎回全体に染める方が ダメージは大きい!

 

 

リタッチカラーについては ここらの記事で復習してね

一般の方に知って欲しい ダメージの少ないヘアカラー

これがプロの技 リタッチヘアカラーだ♩

 

DSC08849

 

 

だから

 

>ダメージのことを考えたら、やはり髪全体を何度も
カラーするのは控えたほうがいいのでしょうか?

 

こう聞かれたら

 

そりゃ 間違いなく

 

髪全体を 何度もカラーする方が

 

ヘアダメージは 大きい!

 

と答えるよね。

 

 

ただね

君の 場合のように

8〜10トーンあたりの明るさで考えると・・・

 

 

定期的に毛先のカットなどもして
ある程度 ホームケアも気遣ったりとかで

一般的には 他の施術メニュー
(パーマとか縮毛矯正)などと併用したり

あまりにも 負担の高い
ヘアカラー剤などを繰り返さないなら

 

ビビリ毛や 極端なハイダメージ毛には
ならない感じはするよ。。。

 

あくまで 一般的 にはだけどね。

 

 

 

カラーチェンジする時に 使用する
ヘアカラー剤の種類で 大きく結果は変わってくるし

日々の家庭で行う セルフのヘアケアなんかでも
かなり変わるのは事実だけどね。

 

 

 

>いつも行く美容室で使っているカラー剤が
どういう物かはよく分からないですが、
安い美容室なので多分一般的に
よく使われているものだと思います。

 

一般的によく使われている薬剤って言ってもね・・・

 

2剤の濃度を変えて ブリーチ効果を少なくしたり
何かでアルカリを抑えたり とかの工夫で
いくらでも 調整はできるんだけどね・・・

ここらは 担当の美容師さん次第だね。

 

できるだけ ダメージを少なくしたいんです!
って 相談してみると 答えてくれるかもね。

 

 

普段の手入れも重要なんで
せめて ヘアカラー後は セルフでも
アルカリ抹消ぐらいはした方がいいよ♩

 

 

alcalioff100

 

アルカリ状態の髪の毛は悲鳴をあげています!!

カラーやパーマを楽しまれる方にヘアダメージを軽減!

DO-Sアルカリオフ説明書♪

自宅で出来るアルカリ除去ケア♪

残留アルカリを取り除きダメージで弱った髪を健康な髪にリセット!

DO-Sヘアケア商品の購入について

  1. hitomi より:

    こんばんは。この記事で質問を取り上げて頂いた者です。
    丁寧なご回答ありがとうございました。とても参考になりました。
    今後ヘアカラーする際は担当の美容師さんともよく相談してみます。
    DO-Sシリーズは金銭的な理由で今は購入するのが難しいですが、いずれお金に余裕が出来たら使わせて頂こうかと思います。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報