還元スピードがおちるから大丈夫なんですかね?

ちょいと前から 縮毛矯正での
失敗をできるだけ少なくするために

基礎から学ぶ縮毛矯正シリーズを書いてる

基礎から学ぶ縮毛矯正 アイロン編

基礎から学ぶ縮毛矯正 アイロン検証①

基礎から学ぶ縮毛矯正 アイロン検証②

基礎から学ぶ縮毛矯正 アイロンプレスとテンション

dsc_7125

このシリーズは まだまだ続くからね♩

ぢ〜ぢの愛孫 きぃちゃん
1日1回 クリックは必須ですよ♩

にほんブログ村 美容室 サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

基礎から学ぶ縮毛矯正講座、改めて非常に勉強になります。
本当にありがとうございます!

また質問がありメールさせていただきました。

●還元剤は水洗程度ではながれない
●濡れていると還元は進む

これは、理解しました。

だからこそ、デジパは過還元防止の為
5分程度の放置時間で流して、ワインド、、でしたよね?

ん?ストレートは大丈夫なんかな?
乾かすとは言え、水分残して下手したら1時間くらい放置?

って疑問がわきました。

仕上がり的にはDOSで、なんら差し障りもないので、
気にする事でも無いかもしれませんが、、

7、8割くらい水分とばしていれば、
還元スピードがおちるから大丈夫なんですかね?

であれば、デジパでもある程度ドライ⇨ワインド⇨霧吹きで濡らす
とかした方がダメージリスクは軽減されるのですか?

応用が効くように、理論をきっちり把握しておきたいので、
ご面倒でなければぢぃぢ的見解を教えて下さい。

よろしくお願いします!
(長くてすみません)

・・・・・・・・・・

ホイホイ!

そ〜だね〜

薬剤理論的には 縮毛矯正剤でも
中間水洗では還元剤は流れない!

だから いくら中間水洗しても
濡れてるうちは 還元は進行してる。。。

そいつは間違いのないとこだが

縮毛矯正の場合は 中間水洗してから
すぐに 乾かしていくよね。。。

デジタルの場合は
そこからワィンディング工程があるよね。

だから

まず デジタルほどは時間的に長くはない

あとね

>7、8割くらい水分とばしていれば、
還元スピードがおちるから大丈夫なんですかね?

これは はっきりとした数値はないが

7、8割くらい乾燥した状態だと

ほぼ 還元はしない

と言うレベルだと思う。

還元反応自体は 髪の毛が
十分にウェットな状態では 強く働くが

7〜8割がた 乾燥すると
還元力は かなり弱くなると考えられているんだ。

DSC_7597

だから 中間水洗後に
素早くある程度まで乾燥すれば

心配するほどの
過還元は起こらないと言うことね。

んでね デジタルパーマのお話で

>であれば、デジパでもある程度ドライ⇨ワインド⇨霧吹きで濡らす
とかした方がダメージリスクは軽減されるのですか?

こいつは 確かに一理はあるけどね

デジタルパーマの場合だと

ロッドに巻いて

応力緩和させると言う

大切な理屈があるんで

ウェットのまま ワィンディング
した方がいいんだよね。

だから

どS美容師式パーママニュアル デジタルパーマ

ここにある マニュアル

DO-Sシャンプー

髪質、ダメージに合わせて
1液塗布(クリーム、ジェル系)

放置タイムは基本的に5分程度
(かかりにくい場合はタイム調整)

シャンプー台で中間水洗

基本的に処理剤なしで ワィンディング

デジタル機で40℃〜50℃で加温
適切なタイムで テストカール

OKなら デジタル機で
60℃〜で完全乾燥させる

DO-Sオキシ1,5(原液)を
下のロッドから1本ずつドカつけ

放置タイムは 5分以上を2回は必ず行う

1剤のpHを考慮してDO-Sアシッド
そして OX-ZEROでの残留除去処理

DO-Sシャンプー&トリートメント

応力緩和 タンパク質のずれ

こいつも 濡れていないと起こらない!

だから 還元タイムを短縮して

あえて 先に中間水洗しちゃって

濡れたまま ワィンディングして

応力緩和(クリープ)することが

カールの形成上では 効果があると思うよ。

あ ちなみに・・・

最近 場末のぢ〜ぢが

髪の毛の乾燥を素早くするために行ってるのが

DSC_7466

ロングなんかで 毛先の水分を 吹っ飛ばしてやるんだ(爆)

DO-Sシャンプーってなんなの?
そんな方はこの記事から


DO-Sシャンプー&トリートメント
DO-Sシャンプー&トリートメントって?

DO-Sシャンプー&トリートメント

『場末のパーマ屋の美容師日記』取り扱い説明書

どS美容師のプロフィール


DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから

bana0098
DO-S商品の購入について

DO-S商品の業務用販売について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です