どS美容師に質問

格安ヘアカラー専門店で染めるとダメージする?

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

はじめまして。
数週間前よりブログ拝見しておりまして、
まだ全ての記事は遡れていませんが先日
do-sシャントリ、ミストを購入させて頂きました。

私はスキンケアでも「汚れを取るもの」
「水分を補うもの」など役割が明確でシンプルなものを
好んで使用しており、ヘアケアでも同様のものを
探していたところdo-sシリーズに出会いました。

これからdo-sシャントリでのお手入れを続け、
コシやハリがあり内側から輝くような
素髪を手に入れるのが目標です。

そのために縮毛矯正(年に一回、梅雨時に)や
サロンでのトリートメントなど髪にダメージに
なることは今後極力避けていく予定ですが、
白髪染めだけは止めることができません。

それでもリタッチを繰り返し 、
「生涯ワンブリーチ」を目指していく予定です。

 

そこで1つ質問をさせて頂きたいのですが、
最近たまに見かける「毛染めの窓口」なる
カラー専門チェーン店のことです。

このようなお店は美容師さん目線で見て
いかがなものでしょう?

ネットではコストを下げるために安い薬剤を
使っているので髪に悪いのでは?という意見も多いです。
(HPに成分表示ありますが素人には判断がつきませんでした)

個人的には ちまたのサロンで「オーガニック」
やら「ダメージレス」を謳ったお高いカラーを
選んだところで 傷むものは傷む!

だったら過剰なサービスはないけど安価で、
余計なトリートメントを勧められることもない
カラー専門店でもいいのでは?と思った次第です。

それでもあまりに粗悪な薬剤でダメージが
ひどいようなら本末転倒ですし、と悩んでおります。

 

以上、長文かつ乱文で恐縮ですが
ご意見伺えればと思います。

それにつけても、健やかな美髪を手に入れる
プロセスはシンプルかつ明確ですが、
それをわかってもらえる美容師さんを
探すことの難しさを痛感する今日このごろです。

・・・・・・・・・・

ホイホイ♪

 

今のヘアカラー専門店の原型は
10年ほど前に 場末のぢ〜ぢが
同級生の広告デザイン会社の友達と
始めた店だと言われてるんだよね♪

 

 

>それでもリタッチを繰り返し 、
「生涯ワンブリーチ」を目指していく予定です。

すばらしい!!!

ちゃんと わかってるね〜〜〜♪

 

白髪染めで 出来るだけ

ヘアダメージを少なくするには・・・

 

リタッチカラーによる

「生涯ワンブリーチ」なんだよね!

 

 

 

んじゃ 質問に答えよう

 

>ネットではコストを下げるために安い薬剤を
使っているので髪に悪いのでは?という意見も多いです。
(HPに成分表示ありますが素人には判断がつきませんでした)

個人的には ちまたのサロンで「オーガニック」
やら「ダメージレス」を謳ったお高いカラーを
選んだところで 傷むものは傷む!

だったら過剰なサービスはないけど安価で、
余計なトリートメントを勧められることもない
カラー専門店でもいいのでは?と思った次第です。

それでもあまりに粗悪な薬剤でダメージが
ひどいようなら本末転倒ですし、と悩んでおります。

 

ヘアカラー剤の内容成分なんて
どれも ほとんど同じなんで

場末のぢ〜ぢでも 内容成分だけで
薬剤の良し悪しは判断できないので
ここの薬剤がどうなのか?はわからない。。。

 

ただ 価格が安い とか 高いとかで
粗悪な薬剤かどうかも判断できないと思う。

オーガニックだから 優しい薬剤だから
ダメージレス とかいう薬剤のほうが
よっぽど 胡散臭いし・・・(笑)

 

 

んじゃ・・・

 

どんな ヘアカラー剤?が

ヘアダメージが少ないのか?

 

君の理想とする リタッチカラーで
ダメージ軽減という事でお話すると

ヘアダメージの少ない
白髪染めの薬剤は・・・

できるだけ リタッチカラーで
染められるような薬剤って事!

 

リタッチカラーに適した

薬剤や 毛染めの方法は???

 

①出来るだけ 褪色が遅くて

②褪色しても 明るくなりすぎない

③自然な色味の ヘアカラー剤

 

ま ここらへんを解説していくと
すんごく長くなるし 君の質問から離れていくので
詳しい説明は また次回にするけど・・・

 

 

これらの

リタッチカラーに適した薬剤や染め方は

染める美容師さんの スキルや工夫で

変わる部分も多いんだよね!

 

 

例えばね・・・

そこらへんの普通のヘアカラーの薬剤でも
2剤の混合方法や 色味のミックス方法なんかでも
リタッチカラーに適した薬剤に変える事は
ある程度可能だし!

ヘアカラー施術時の前処理や後処理や
施術後のホームケア等で褪色を遅くする事だって
ある程度は可能なんだよね!

 

 

モノ より コト が大事

 

ミセ(店舗)や

モノ(薬剤)より

 

ヒト(美容師)が大事!

 

 

格安のヘアカラー剤でも
スキルのある美容師が使用すると
ダメージが少なく 褪色いにくい
白髪染めが可能な場合もあるし・・・

いくらオーガニックで優しい高価な薬剤でも
使い方が悪ければ 単なる持ちの悪くて
リタッチカラーが出来ない ダメージの多い
毛染めになる事だってあるんだね。

 

街のヘアカラー専門店だろうが
高級ヘアサロンだろうが

安物の大量生産ヘアカラー剤だろが
オーガニックのヘアカラー剤だろうが

施術する美容師さんのスキル次第!

 

担当の美容師さんに
「出来るだけ リタッチで
白髪染めしたいんですけど
どうしたらいいですか?」
って相談してみて・・・

どういうアドバイスがあるか?で
判断してみたりする人が多いよね♪

 

ここらの事は これから書く
リタッチカラーに適した薬剤や
毛染め方法で わかると思うよ♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報