毛髪の基礎知識

ヘアダメージ(髪の傷み)の3大要因

ヘアダメージ 毛髪の傷み

バサバサ ゴワゴワの傷んだ

髪の毛ってイヤですよね〜

 

ツヤサラの美髪に憧れますよね〜!

 

記事カテゴリー

毛髪の基礎知識

 

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 ひまりちゃんです!
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村
にほんブログ村

 

 

 

髪の毛の構造から始まって
髪は一度傷んだら治らない!
ここまで 解説してきたね、、、

んじゃ 今日からは
ヘアダメージ(髪の傷み)
について解説していこう

 

 

ヘアダメージ・・・

 

なぜ どんな要因で?

髪は傷んでしまうのか?

 

 

髪の毛の傷みを 少しでも改善するには
この 要因(原因) で考えないといけない。

 

これ 実際によくある話なんだけど
毛染めが原因でヘアダメージしちゃってて
そいつを美容師さんに相談すると・・・

 

「あ〜○○さんは
ヘアカラーで傷んでますね!

んじゃ アミノ酸系
のオーガニックシャンプーを
使ったほうがいいですよ」

 

残念ながら この美容師は
原因と結果がわかっていない・・・

ヘアカラーの傷みと シャンプーに
なんの関連性があるんだろうか?

 

髪のプロのくせに こんな適当な事を
言うから 一般の人らが

ヘアカラーのダメージはシャンプーで治る!?
なんて勘違いしてしまうのだ(汗)

 

 

ま 前置きはこのぐらいにして・・・

 

ヘアダメージの要因(原因)は???

これ 実は大きく3つある(しかない?)

 

髪の傷みへの 影響の強いもん順でいうと

 

①薬剤によるダメージ

②物理的なダメージ

③ケア剤によるダメージ

 

略すと 薬、物、ケア だね(爆)

 

んじゃ それぞれ どんなもんか説明する

 

 

まず 一番 髪の毛を傷めつけるモノ

 

①薬剤によるヘアダメージ

これは 化学薬品で
髪の色を変えたり、形状を変えたり
質感や手触りを変化させるもの。

 

ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正や

髪質改善、サロントリートメント などだね!

 

 

 

②物理的に起こるヘアダメージ

昔テレビCMでもあったけど
髪は水で濡れるだけでもダメージします!
少し大袈裟に聞こえるけど間違ってはいない・・・

 

水で濡れるだけでなく 髪同士が擦れあったり
ブラシやクシでとかしたり ゴムで結んだり

ドライヤーやアイロン、コテで加温されたり
紫外線や空気の乾燥なんかもここに該当する。

薬品を使わなくても
髪の毛を傷める要因は沢山あるんだね・・・

 

 

 

◎ヘアケア製品によるヘアダメージ

ホームケアで使用するシャンプーや
ヘアケア製品によるヘアダメージだね。。。

塵も積もれば山となる・・・

パーマ液や毛染め剤ほど
髪をすごく傷める訳ではないけど

家庭で毎日使うものなんで
少しづつ 地道に髪をダメージさせてしまう。

 

 

ヘアダメージ(髪の傷み)のほとんどは

この3つが要因になってるんだ!

 

髪を一番傷めるのは ダントツで

 

ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正や

髪質改善、サロントリートメントなど

薬品を使うモノたちで

 

そっから だいぶ差があって・・・

日頃の髪の扱い方や ヘアケア剤で

少しづつ髪をダメージさせる感じかな〜

 

 

続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報