保護中: DO-S式低アルカリ高還元剤濃度の薬液への質問

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  1. Yukimaru より:

    じーじ様いつも勉強になる配信をありがとうございます。
    新しいブログでも勉強させていただいております。
    質問が一つあるのですが、
    ・アルカリでの縮毛矯正は仕上がりが硬い
    ・酸性縮毛矯正は仕上がりが柔らかい
    というようなアピールを見かけることがあるのですが、アルカリ、酸性で仕上がりの硬さ、柔らかさの違いは出てくるのでしょうか?
    酸性の縮毛矯正の場合はアイロンでの物理的な力(熱)がアルカリ以上に必要になると認識しているので、髪の毛のたんぱく変性を考えるとむしろ硬い仕上がりような気がしますし、動画等で見かけた酸性縮毛矯正は、グリオキシル酸やレブリン酸といったいわゆる髪質改善や、中間処理(CMCや保湿系、ケラチン等)や後処理(こちらもCMCや保湿系、ケラチン等)もかなり入念にしているのでそちらの一時的な効果が出ているようなきもするのですが・・・
    お手すきの際にご回答いただけますと勉強になります。

  2. kishimoto より:

    この質問の質問者です。
    お忙しい中、回答ありがとうございました。

    私の質問が分かりにくかったので、
    もう一度教えて頂きたい内容が2点ございます。

    ●チオローションの使用について、この認識であっていますか?(チオローションの代わりにパーマ剤Lシリーズで代用可能でしょうか?)
    縮毛矯正クリームレシピ
    100→チオローション9.2 L9?
    80→チオローション8.5 L8?
    70→チオローション8.5 L8?
    30→チオローション7.4 L7?

    ↑この質問についてです↑
    縮毛矯正クリームレシピそれぞれの粘性を調節する為に
    チオローションを使用すると教えて頂きましたが、使用する組み合わせは以下の認識で良いでしょうか?

    質問1
    ●チオローションで粘性を調節する
    チオローション9.2はレシピ100に使用
    チオローション8.5はレシピ80.70に使用
    チオローション7.4はレシピ30に使用

    質問2
    ●縮毛矯正クリームレシピの粘性調節をチオローションでは無く、カールLシリーズを使用した場合(使用しても問題ないでしょうか?)についても教えて頂きたいです。
    Lシリーズを粘性調節として使用出来るとしたら、使用する場合の組み合わせは以下の認識で良いでしょうか?
    カールL9はレシピ100に使用
    カールL8はレシピ80.70に使用
    カールL7はレシピ30に使用

    質問は以上になります。
    どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。









ハナヘナのご購入はコチラから




理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お友達ブログの更新情報