縮毛矯正でのビビり毛は担当美容師の失敗です!

縮毛矯正(ストレートパーマ)での 取り返しのつかない失敗・・・

もう事故と言ってもいいぐらいの「ビビり毛」と呼ばれる悲惨な状態 ↓

 

 

 

悲劇のビビり毛は 切るまで直りません!

 

最近では、従来の縮毛矯正やデジタルパーマだけではなく、酸熱トリートメントや髪質改善メニューなんかでもビビり毛の被害にある方も続出・・・

また ビビり毛とかで検索すると、ビビり毛を補修、修復、直します!って謳ってる理美容室とかも結構ありますが、、、

実際には ビビり毛が元通りに直ることは 絶対にありえません!

 

ビビり毛修繕というのは、少しの期間ぐらいはチリチリ、ジリジリの毛髪の形状だけはマシになったように見えますが、

ビビり毛でなった櫛通り(指通り)などの手触りはテロテロ、ガシガシのままですし、ダメージが元通りに治る事もありません。

残念ながら 無理してビビり毛修正しても、ほとんどの場合は自分でスタイリングするのは難しいかも知れません。

根本的にビビり毛は切るまで直らないので、ビビり毛には絶対にしないようにしなければいけません!

 

 

 

ビビり毛は 理美容師さんの失敗です!

 

もしも サロンで矯正や髪質改善や酸熱トリートメントを施術して悲劇のビビり毛になったら???

◯◯さんは 明るく染めてるから、ブリーチしてるから、猫っ毛だから、すごく傷んでるから、、、 などなど

あなたの髪質やダメージ具合が 原因 でこんなビビり毛になっちゃた! みたいな説明をされる場合もあるかも知れません・・・

 

それは理美容師さんの 実に苦しい 言い訳 です(涙)

 

はっきり言って 

ビビり毛まで傷んでしまうのは

 

ほぼ 担当美容師さんの

過信による判断ミスか

デリカシーのない施術ミスです!

 

 

まずは 過信による 判断ミス とはなにか?

たとえば 猫っ毛さんとか、明るいブリーチ毛の方なんかは非常にビビり毛になりやすいのですが・・・

そんなビビり毛になる確率が高いお客さんが縮毛矯正を希望したら、事情を説明して施術をお断りする のがまともな美容師さんです。

 

でもここで薬剤や自分の腕前を過信して… このぐらいの髪質なら出来るかも?って感じで

髪質・ダメージ等を判断ミスして 無鉄砲な縮毛矯正をして、悲劇のビビり毛になったりします。

 

ま〜 最近の弱酸性縮毛矯正や髪質改善系トリートメント、酸熱トリートメントでのビビり毛とかは、

この薬剤で髪が傷むハズは無い!って感じで・・・ほとんど 美容師さんの過信と知識の欠如 が原因でしょうね。

 

※たまに 美容師さんが辞めたほうがいいよ!ってアドバイスをしても「どうしてもやって!」って無理強いするお客さんもいるけど、その場合はお客さんにも当然責任ありだけどね・・・

 

 

薬剤メーカーが やれ弱酸性だのノンアルカリだのとか、どんなに画期的な薬剤だと宣伝してても まったくのダメージレスで癖毛がストレートになんてなりません。

癖毛をストレートにするってのは、美容室ではブリーチについでダメージの激しいメニューですので、たとえばブリーチ毛や猫っ毛さんなんかなら比較的簡単にハイダメージ毛になっちゃいますからね!

 

お客さんの髪質やダメージ具合、今までの履歴等をしっかりと問診して、きちんと冷静に判断して、絶対にビビり毛は作らないように努力しましょうね。

これで悲劇のビビり毛の被害者は半分ぐらいは無くなるハズです!

 

あとの半分は デリカシーのない施術ミス ですね・・・

 

 

続きはコチラ

理美容師の根拠のない自信が最悪のビビり毛に…

理美容師の根拠のない自信が最悪のビビり毛に…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DO-S・ハナヘナ製品を購入♪


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について

DO-S公式ショップで購入する


アマゾンや楽天市場でもDO-S
ハナヘナ製品を購入できます。









ハナヘナのご購入はコチラから




理美容師専用の業務用商品のご購入は



理美容師限定業務用販売について

ブログ記事の検索

カレンダー

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お友達ブログの更新情報