どS美容師に質問

ジチオジグリコール酸が配合されたパーマ剤

パーマ剤・・・ 特にストレート剤

縮毛矯正剤とかに多いんだけど

 

ジチオジグリコール酸が

配合されたパーマ剤ってのがある

 

これは 薬事法で決められている
パーマ1剤の基準でね・・・

チオグリコール酸のコールド式
パーマネントウェーブ剤なら

・・・・・・・・・・

pH 4.5~9.6

アルカリ度 7ml以下

んで

還元剤濃度

2.0~11.0%

チオグリコール酸の濃度が7.0%以上のときには、
越えた%分ジチオジグリコール酸を必ず配合すること

・・・・・・・・・・

このようになってるんだ。。。

 

 

ちょいと前の記事

ノンシリコン・オーガニックな縮毛矯正?

ノンシリコンでオーガニックな縮毛矯正は傷まないの?

アンモニアを使用する縮毛矯正剤

 

ここにも出てきたが

ジチオジグリコール酸が
配合されたパーマ剤ってのは
何が どう違うのだろうか???

 

 

 

ぢ〜ぢの孫 キィちゃん と ヒマリちゃん
今日も元気にクリックしてね

日本ブログ村 美容室
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

ちょうどジチオのことを書こうとしてたら
美容師さんから 質問が来た。

・・・・・・・・・・

お疲れ様です。
質問なのですが、

チオグリコール酸が7%超える場合、
超えた分と同じ量のジチオジグリコール酸を
配合する場合のジチオジグリコール酸は
どのような為に入れられているのでしょうか?

過剰反応を防ぐための安定剤とかなのでしょうか?

暇な時で構いませんのでお教え下さい。

・・・・・・・・・

ホイホイ!

 

ジチオジグリコール酸を配合するパーマ剤

場末のぢ〜ぢの記憶によると
たしか 平成5年ぐらい (間違ってたらごめん)
に薬事法でこいつが追加されたんだよね。。。

このころは ちょうど
縮毛矯正が確立していった時代だね。

 

 

こりゃ 場末のぢ〜ぢの妄想だが・・・

 

縮毛矯正の登場で 従来の7%までのチオ濃度じゃ
還元不足って問題があったんで 濃度を上げたい!

ただ 危険性もあるんで 同量のジチオを混ぜとけ!
ってなったんじゃないかと・・・

 

 

そもそも・・・

チオグリコール酸の濃度が7.0%以上のときには、
越えた%分のジチオジグリコール酸を必ず配合すること

って 規定なんだけどね・・・

 

んじゃ

チオ濃度11%で ジチオ4%の薬剤と

チオ濃度7%の薬剤の比較では

どっちが かかりが強いのか?

 

ってか・・・ 同じなら わざわざ
そんな薬剤を 作る理由もないが

 

当然ながら

チオ濃度11%でジチオ4%の薬剤の方が

しっかりと還元してくれるよね。。。

 

DSC_7715

 

 

ジチオジグリコール酸(DTDG)ってのは
チオグリコール酸(TG)が反応して 二つくっついた物

 

みんなの嫌いな 化学式でいうと(笑)

KSSK + RSH ⇄ KSSR + KSH  (1)

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

 

 

チオなどの還元剤

RSH ⇄ RS + H+

 

ジチオ

RSSR

 

こういうことね。。。

 

 

ジチオジグリコール酸を反応調整剤として
はじめから1剤中に添加しておくことは、
反応にプレーキをかけることができるという考えだね。

 

チオの役割が髪のシスチン結合を
切断することだけでよかったんだが

ジチオが共存することになり、その切断にも
力を注がなければならなくなり その結果
髪に対する作用が穏やかになり
反応調整型の製品としてパーマの
かかり過ぎをおさえることが
可能になったと考えられたんだが、、、

 

最近は それだけじゃ〜ないと考えられている

 

問題は 化学式の ⇄ ね

ジチオを分解したら チオになっちゃうから
またそいつが 働いて還元する場合もあるってこと。

 

あとね 平衡反応 って問題があるよね!

 

この記事を読んでみて

DO-S的 新パーマ論 まとめ2

 

DO-S式パーマ還元法ってのが あるよね〜

これは ジチオを流して
還元を進行させていこうっていう考えなんだが

ジチオを最初から増やすということは
こいつの逆の考え方なんだね。。

 

 

そう ある程度 還元が進行すると
ジチオが多いと 平衡反応で
還元が ある程度減速してくる。。

 

ただね 微妙に言えば
還元を安定させるって事じゃない・・・

 

そうだな〜

 

チオの過剰反応の邪魔になる

処理剤 のようなイメージの方がいいかもね。

 

 

ま 場末のぢ〜ぢは ご存知だとは思うが

あまり この1剤に混ぜる
ジチオ入りの薬剤は 使用しない。。。

 

これは 処理剤と同じで

髪質やダメージ、その時の条件等で

思わぬ 反応のズレ・・・

そう 計算しにくい部分があるからなんだね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達ブログの更新情報