アンモニアを使用する縮毛矯正剤

ノンシリコンがいい!

オーガニックオイルなら髪にいい!

 

シャンプーなら よく宣伝に使われているが

最近では 縮毛矯正の薬剤でも

ノンシリコン・オーガニックがいいの???

 

 

前回までの記事

ノンシリコン・オーガニックな縮毛矯正?

ノンシリコンでオーガニックな縮毛矯正は傷まないの?

 

縮毛矯正剤に シリコンだの
オーガニックオイルなんかを添加して

髪の毛をコーティングして 艶を出し
その時の 質感向上を狙っても

持っても 施術後 1週間程度でしょ・・・

 

それだけのために

還元反応が読みにくくなったり
2剤の酸化に悪影響したりする
そんな デメリットを考えたら
入れない方が いいと思います♩

 

 

ストレートの1剤に

シリコンも

オーガニックオイルも

不必要です。。

 

 

ま 予想通りといや〜 そうだが

 

 

ノンシリコン だの

オーガニック だの

なんだか髪に良さそう〜!

Unknown

 

っていう イメージを使った

 

単なる 宣伝文句

 

なだけだってことね♩

 

 

 

それによって 縮毛矯正の
ダメージが少なくなるとか

よりしっかり癖が伸びる!
なんて事は無いからね。

 

 

 

今日も元気に キィちゃんをクリック♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

 

アンモニアを使用する縮毛矯正剤

 

これも このメーカーさんだけじゃなく
一部のマニアックな薬剤とかでも
よく 使われているんだが・・・

 

ストレート剤の多くは、アルカリ剤として
モノエタノールアミンを使用しているが
実は こいつは髪の毛に残留しやすい。

だから 揮発性の高いアンモニアを
使用する事で 施術後の毛髪への
アルカリ残留 を少なくしてる。

 

これ お客さんにも 説明しやすくて
この薬は アンモニア臭いけど
そいつのおかげで 残留しにくいんです!

なんてね・・・ ありがちだ。

 

 

ちなみに 質問があったメーカーさんは

ストレート剤に使用しているアルカリ剤の
70%程度がアンモニアを使用しているらしい。

 

ま 宣伝文句としては 使えそうだが

 

 

 

実は こいつは ごく普通に考えて

 

大概のメーカーさんが

そんなもんなんだよね(爆)

 

 

ちなみの 場末のぢ〜ぢのとこの
ストレート剤も そんなもんだね

DO-S式 縮毛矯正レシピ 2015年度版

 

 

え どうして わかるの???

 

って人に 簡単に説明しようか???

 

例えば こんな薬剤レシピだったよね

ウルトラハード

アルカリ度6.8ml チオ濃度10.8% ph9.4

 

こいつには ジチオが3.8%は入ってるハズだ。

 

 

んでね

この薬剤に使われている チオとジチオ

こいつは ほとんどのメーカーさんが同じなんだけど

チオグリコール酸アンモニウムの50%溶剤

ジチオジグリコール酸ジアンモニウムの40%溶剤

ってのを使用して作ってる。

 

チオグリコール酸のまま
作るトコはほぼ無いんだ。

 

これって どういうことかというと

チオの50%なら

チオグリコール酸が半分で
アンモニア水が半分ってことね。

 

 

んじゃ この薬剤レシピで簡単にいうと

 

チオが 10.8%って事はアンモニア水も
薬剤全体の10.8%は入ってるって事

そして ジチオを計算すると(比率60%)
約5.7%はアンモニアだよね・・・

 

 

単純に 還元剤だけで考えても

全体量の 16.5% は アンモニア水使用だ♩

 

どう 意外とアンモニアの比率は高いよね〜

 

 

んで このぐらいのスペックの
ストレート剤を作るとしたら
一体どのくらいの
モノエタノールアミンを加えるのか?

 

ここらは実際には他の配合成分とかにもよるが
一般的には pH9以上に薬剤をする場合

モノエタノールアミンの配合比率は
全体の 5〜7% が多いと思う。。。

 

 

ほら〜 アンモニア水が 16.5%

モノエタノールアミンが 5〜7%

 

 

アルカリ溶剤での比率で考えたら

そのうちの70%前後が

アンモニアが 普通 なんだね♩

 

 

多分 どこのメーカーさんが作っても
このぐらいの強さのスペックでストレート剤を作ると

アルカリ剤だけの配合比率なら
7割近くがアンモニアになる道理なんだよね♩

 

 

 

だから 普通なの(笑)

 

DSC_7715

 

 

 

 

アンモニアだって欠点はあるよ!

 

そんなに残留が嫌なら

モノエタノールアミン使わなきゃいいじゃん!

100%アンモニアで作れば良いと思うよね?

 

 

 

ただね 実際問題 縮毛矯正で考えたら

アンモニアの揮発性が高いので
1剤放置中に時間の経過によってpHが低下するため
過剰反応がおきにくいという考えもあるけど・・・

 

言い換えれば

 

pHの低下が起こるということは・・・

 

途中で 還元力が落ちていってしまう!

 

そう 元々 モノエタノールアミンより
アンモニアの方が反応が早いという特性があるが
時間経過でpHの低下が起こり
還元力が変化しやすくなるんだ。

 

 

 

 

髪質やダメージ具合で

その還元力ダウンにも

ムラ が出る場合がある。

 

 

比較的 放置タイムの長い縮毛矯正では

美容師が 計算しにくい場合が起こる。

 

 

 

あと

保存状態でも変化しやすいとか

アンモニア100%には

デメリットも多い。。。

 

 

だから 場末のぢ〜ぢも
70%程度が アンモニア水ぐらいが
ちょうどいい塩梅と 感じるけどね♩

 

お客さんにも 少しぐらい臭い方が
残留しにくくて 髪に優しい!
こんな説明も 問題ないと思うしね。

 

ま 現在の多くのメーカーは

これが 普通になってると思うよ〜。

  1. 西森哲也 より:

    「真面目なストレート」の質問をしたものです。

    お忙しいところ詳しいご説明ありがとうございます。
    ブログ拝見させてもらい、またモデルで薬剤試して見ましたが
    感想としてはメーカー品と同じだなと。
    普通。この感想しかなかったです。

    やはりこれまでどうり
    安心と信頼のDO-S商材でいこうと改めて思いました。

    この度はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お友達ブログの更新情報