ノンシリコンでオーガニックな縮毛矯正は傷まないの?

今日は ちょいと真面目に
縮毛矯正の薬剤について考えてみよう♩

 

 

ノンシリコンシャンプー

数年前かな〜 なんか知らんけど

世間でとっても流行したんだよね・・・

場末のぢ〜ぢのノンシリコンシャンプー記事

市販 ノンシリコン シャンプーって・・・

これなんか 2011年1月の記事だぜ・・・

 

ノンシリコンシャンプーてなんなんでしょうか

 

>ノンシリコンシャンプーてなんなんでしょうか?

こりゃね

 

ノン (入ってない)

シリコン(ま 皮膜剤だ)

 

シリコン という

髪の毛の手触りや艶をよくする成分が

入っていない シャンプー!

 

って事だよ♪

 

 

業界の裏話では どっかのメーカーの社長さんが
OEMでシャンプー作ってもらう時に

ノンシリコンっていう成分入り の
シャンプーを作って!とオーダーしたらしい(汗)

笑えないよね・・・

 

ま そんな感じで 訳もわからず
単なる流行語みたいになった ノンシリコン。

 

 

こいつが シャンプーだけでなく
パーマや縮毛矯正などにも 登場したらしいね〜!

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 きぃちゃん
1日1回 クリックは必須ですよ♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

 

昨日の記事

ノンシリコン・オーガニックな縮毛矯正?

 

ノンシリコンで自然な仕上がりの素髪ストレート
3つのオーガニックオイルで柔らかな手触り・・・

 

ノンシリコンの縮毛矯正剤は処方が難しく
なかなか質感の良い商品の開発が難しいので
ほとんどのメーカーでノンシリコンの
ストレート剤は商品化されていません。。。

 

マジか!?

 

世の中の ほとんどの縮毛矯正剤は

シリコンを配合しているのか???

 

o0480071813697617591

 

ここで 最初に
はっきりと言っておきたいけど・・・

 

 

場末のぢ〜ぢには

 

ストレートの1剤に

シリコンも オーガニックオイルも

なぜ 必要なのか?

全く持って理解できない。。。

 

縮毛矯正の薬剤

しかも 最初に還元する薬剤に

質感が良いとか 悪いとか

なぜ 必要なのだろうか?

 

 

例えば 塗布や水洗の時に
滑りがよく 絡みにくくするため!

なんかなら なんとなくわかんないでもない

でも 普通にクリーム系の場合は乳化剤で
そこらへんの問題はクリアするのは簡単だよね。

 

 

パーマの時によく説明してたけど

前処理剤なんか 単なる還元剤の減力だけ。

ってのと同じで

 

 

シリコンやオイルなんかを入れたら

還元作用の減力効果を発揮したり

2剤の酸化の妨害なだけだよね。

 

 

還元の減力だけで考えるなら
シリコンの方が よっぽど優秀で
下手にオイルなんかの方が 反応悪くなるよ!

この部分では

オーガニックオイルなんかより
シリコンを使った方が よっぱどマシかな?

 

でも シリコンなんかも

入れないに越したことはないけどね!

 

 

縮毛矯正剤に シリコンだの

オーガニックオイルなんかを添加して

髪の毛をコーティングして 艶を出し

その時の 質感向上を狙っても

持っても 施術後 1週間程度でしょ・・・

 

 

それだけのために

 

還元反応が読みにくくなったり

2剤の酸化に悪影響したりする

 

そんな デメリットを考えたら

入れない方が いいと思います♩

 

 

ストレートの1剤に

シリコンも

オーガニックオイルも

不必要です。。

 

 

 

PPTコンプレックス系の処理剤なんて 下水の肥やし!

髪のダメージ加速型ヘアトリートメント その1

髪のダメージ加速型ヘアトリートメント その2

髪のダメージ加速型ヘアトリートメント 検証

髪のダメージ加速型ヘアトリートメント 妄想

  1. 衛藤 より:

    いつもブログよませていただいてます。
    今日は、最近記事にはなかなかでてこないダブルガラス化エアーウェーブの質問です。

    じぃじのマニュアルには1剤塗布1〜2分で水洗、その理由が余分な成分を流すためと書いてありますが、DOSのLシリーズを使ってれば、水洗はなしで
    R-STOP⇨エアーウェーブで2回目の乾燥
    で問題ないのでしょうか?

    それとも、スポイド水洗くらいはしておいた方がよいのでしょうか?

    基部的に水洗はしたくなるのですが(なんとなくです)、巻いた髪がバラバラしだしたり、ジチオ流しで還元がより進んでしまう心配、何よりせっかく短時間の1剤塗布が水洗でさらに2、3分放置時間がながくなることによる、ダメージの心配などがあります。

    また、R-STOPを使用するなら、温風による還元が少なくなるため、テストカールの時点でほぼどんぴしゃのカールまで持ってった方がよいのか?

    などの疑問点があります。

    また、どっかん還元、どっかん酸化も難しく、特にどっかん酸化は、ロッドアウトすると毛先まで2剤の浸透がしてなかったりもします。(特にロングの場合は)

    その場合、オキシをさらに薄め、1パーセントくらいにして、粘度をゆるくして、3度づけくらいしても問題ないのでしょうか?

    何度かモデルやお客様でもしているのですが、仕上がりにまだまだムラがある状態です!

    最近の記事の流れとは違うのでタイミングがあれば是非教えて下さい。

    なんとかものにしたいダブルガラス化エアーウェーブ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お友達ブログの更新情報