インディゴで染まらない! 検証編

天然インディゴは 染めると言うより

発色をさせるモノ!!!

天然100%のヘナとインディゴを使用した
白髪染めをする人で 意外に多い勘違い。。。

ちょいと前から ヘナや
インディゴの質問を多く頂いてるんですね

「 ハナ ヘナ 」の記事一覧

その中でも 多いのが

インディゴで染まらないと言うもの

インディゴで白髪が染まらない その1

インディゴで白髪が染まらない その2

んじゃ ちょいと 検証してみましょうか♩

今日も元気に キィちゃんをクリック♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

インディゴで染まらない 検証

まずは 白髪の毛束を用意しました〜

DSC_7828

こいつに インディゴを塗っていきま〜す

DSC_7829

比較検証として

写真左の毛束は 理美容師さんが染めた場合

写真右は 間違った方法で素人さんが染めた場合

こいつを想定しています。

まず 塗布前から

左は DO-Sシャンプー

右は 某メーカーのノンシリコンシャンプー

んで

インディゴは 作ってすぐに塗布して

40分間 自然放置です!

ちなみに 理美容師さん(左)は
30分経過した時に ラップを外しました。

DSC_7833

んで 40分経過したとこで

写真左の理美容師バージョンは
ちゃんと乳化して シャンプーなし

右の素人さんバージョンは 乳化なし
ノンシリコンシャンプーで 2シャン後
トリートメントもしました。

DSC_7840

左は 濡れたまま 自然乾燥

右は ドライヤーで完全乾燥です

30分ほどして 両方が乾いた感じ

DSC_7852

緑の感じが 全然違うね〜

やはり 乳化とシャンプーなしと
自然乾燥じゃ〜 こんなに違う!

こいつを

写真左は 数回 水で濡らして自然乾燥

右は 乾燥したまま放置

適当に時間経過したとこで
両方 2回ほどシャンプー&トリートメント

当然 左は DO-Sシャンプー&トリートメント

右は ノンシリコンシャンプー&トリートメント

そして 48時間ほど経過・・・

果たして 発色は?

DSC_7862

こんなに 違う!

インディゴを発色させるのって

こんだけ 難しく

発色の  が出るってことね♩

んじゃ こっから
ちょいとヘナも染めてみよう

ヘナの場合は 水で混ぜてから30分ほど放置

DSC_7853

こいつを 全く同じ条件の違い

写真左は 美容師さんバージョン

写真右は 素人さんバージョン

んで 放置タイムは40分で染めた

1回目

DSC_7869

2回目

DSC_7872

この状態に もう一度

インディゴで 染めてみよう♩

当然 1回目と同じやり方

写真左は 美容師さんバージョン

写真右は 素人さんバージョン

ちなみに放置時間だけ 1時間にしたよ♩

DSC_7874

こっから また 同じように

左は 何回か濡らして自然乾燥

右は乾燥したまま

途中で2回ほど それぞれのシャンプー

右はドライヤーで完全乾燥

48時間ほど 経過した状態

DSC_7896

インディゴ2回 ヘナ2回
こんだけ 染めても・・・

白髪の発色は やり方により

格段の差が 出来るのです!

写真右を見てみるとわかると思いますが
ヘナとインディゴで4回染めても

この染め上がりのオレンジ色では・・・

インディゴで 白髪が全く染まらない!

一般の方が そう思うのも納得できますね。

検証してて 場末のぢ〜ぢ的に感じたのは

染めた直後の乳化とシャンプーするかしないか?

こいつが もっとも影響あるような気がするよ。

DO-Sシャンプーってなんなの?
そんな方はこの記事から


DO-Sシャンプー&トリートメント
DO-Sシャンプー&トリートメントって?

DO-Sシャンプー&トリートメント

『場末のパーマ屋の美容師日記』取り扱い説明書

どS美容師のプロフィール


DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから

bana0098
DO-S商品の購入について

DO-S商品の業務用販売について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です