どS美容師式パーママニュアル Wガラス化エアウェーブ

Wガラス化エアウェーブ

応力緩和作用を利用し
薬剤反応を最小限にしながらも
しっかりとしたパーマをかける。

この前から

どS美容師式パーママニュアルを書いてきてる

どS美容師式パーママニュアル コールドパーマ

どS美容師式パーママニュアル デジタルパーマ

んで 今回は これからのパーマの
メインになるであろう?

Wガラス化エアウェーブだね。

Wガラス化エアウェーブとは?

場末のぢ〜ぢが 2年以上前に
応力緩和作用から ヒントを得て
エアウェーブで応用したパーマのこと♩

スタートは 2014年3月だ

これが DO−S式 応力緩和パーマだ!

dsc05649

詳しくは 前ブログのこのカテゴリーで復習

「ダブルガラス化エアウェーブ(応力緩和パーマ)」の記事一覧

んで ちょうど2年ほど前に
マニュアルは書いている

DO-S流 ダブルガラス化エアウェーブ

ただ ここ2年で パーマ理論はかなり進化しているので
最新版として 工程を書いておこうと思います。

また 変化することもあるので
2016年度版 DO-Sマニュアルということで♩

ぢ〜ぢの愛孫のきぃちゃん
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

2年前のマニュアルはこうだった

DO-S応力緩和水でワインディング

エアウェーブで10分間 完全乾燥(オゾンなし)

水の霧吹きで濡らして DO-SパーマL8(新型) 5分自然放置

ジチオ増量液 DO-S R-STOPを塗布 2分放置

しっかりと中間水洗

エアウェーブで12分間 完全乾燥(オゾン使用)

DO-Sオキシ1.5 ドカつけ(重要)5分を2回

プレーンリンス、DO-Sアシッド&OX-ZERO処理

DO-Sシャンプー&トリートメント

Wガラス化エアウェーブが
2年前から 何が進化したのか???

みんなも よ〜く考えるように(笑)

んじゃ 最新版行くよ〜

どS美容師式パーママニュアル Wガラス化エアウェーブ

まずは 2年前からの進化として
どっかん還元なるものもある
ここらの記事を熟読しておいて

これからのパーマの大切な2つのポイント♩

どっかん還元はなかなか難しい・・・

んじゃ 今回は いきなりマニュアル公開(爆)

DO-Sシャンプー

髪質・ダメージに合わせ 水巻きか
DO-S応力緩和水でワインディング

エアウェーブで 完全乾燥(オゾンなし)
時間は自分で選定してね♩

髪質やダメージを考慮して1剤をセレクトし
DO-S式どっかん還元をする

1剤塗布直後〜3分以内に 中間水洗

すぐにエアウェーブのセッティング
チューブを装着し乾燥工程に入れるように準備する

テストカール かかりが弱い場合は
DO-Sスポイド法で還元促進してもいい。

※乾燥するまで多少還元は進行するので
若干ゆるめぐらいでいいかも?(自己判断)

エアウェーブで 完全乾燥(オゾン使用OK)

DO-Sオキシ1.5で DO-S式どっかん酸化

プレーンリンス、DO-Sアシッド&OX-ZERO処理

DO-Sシャンプー&トリートメント

dsc07587

この最新マニュアルを読んで
わかる人はわかるだろうけど・・・
デジタルパーマでも同じような事をしてたよね。

1剤を塗布したら 早めに中間水洗!
そして その後にテストカール

そう どうせ未反応の還元剤は
いくら中間水洗しても流れないんだから
別に 全く問題はないだろ♩

今までの Wガラス化エアウェーブで
結構多かったデメリットが

応力緩和作用で

びっくりするぐらい

パーマがかかりすぎる!

なんだよね〜

この かかり過ぎをコントロールするために
このうような 工程にしたんだね。

んで 最大のコツは

中間水洗したら すぐに乾燥工程に入れるように
エアウェーブのセッティングをしちゃうって事!

その後に テストカールでOKなら
迅速に乾燥工程に行けるからね♩

このセッティングの時間中も
還元は進行してるってことを忘れないでね。

これでも かかり過ぎが多いようなら
そもそもの 1剤の薬剤選定(強さ)や
ロッド径やスライス幅を見直すといいよ。

ダメージや髪質により
これでも 強さコントロールが難しい場合は

上級編として 中間水洗無しで テストカール後に
R-STOPを塗布して乾燥するってのも ありだよね(自己判断)

ま なんにしろ

キャッチボール バランス コントロール

こいつを 一番に考えてみてくれよな。

DO-Sシャンプーってなんなの?
そんな方はこの記事から


DO-Sシャンプー&トリートメント
DO-Sシャンプー&トリートメントって?

DO-Sシャンプー&トリートメント

『場末のパーマ屋の美容師日記』取り扱い説明書

どS美容師のプロフィール


DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから

bana0098
DO-S商品の購入について

DO-S商品の業務用販売について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ドンキン より:

    お疲れ様です、いつも勉強させて貰ってます。

    エアウェーブのマニュアルやっと来ました^ ^
    てっきり一剤塗布後テストカールオッケーであればR-STOP塗布で還元を止めて中間水洗無しで乾燥かと思ったんですが違いましたね。

    以前は中間水洗するかしないかの話の時ドエスさんは髪質にも寄るけどしないとおっしゃっていましたが今回のマニュアルは違ったので中間水洗した時しない時の髪と薬剤の反応などの話も聞かせてもらえるとありがたいです。

    よろしくお願いしますm(_ _)m

  2. 佐多 美幸 より:

    いつも丁寧な説明ありがとうございます。

    1年前くらいにデジタルパーマかエアウエーブの導入を相談させてもらい…この度エアウエーブを導入しました。仕上がりは満足です。do-sのパーマ剤にも徐々に慣れていきたいです。
     
    4点ほど質問です。
    1、どっかん還元の場合、完全ドライ後なので塗布する1剤の量もコールドウエーブに比べると薬剤の量は多めになりますよね。一般的だと80ccとかの表記ですが、さすがに足りなくなってしまいます。
    2、中間水洗はシャンプー台でのしっかり水洗ですか? R-STOPを使用した場合、スポイド水洗でもよいのでしようか?
    3、do-sのパーマ剤を利用してのコールドパーマでの工程の場合、R−STOPをして、水洗2剤塗布後のアルカリ除去という工程でもよいですか?
    4、アルカリ除去を目的としてブロム酸を使用した場合、OX-ZEROを使わなくてもよいですか?

    コールドパーマのやり方、エアウエーブのやり方。みたいなくくりで考えるとよいのでしょうか? 美容学校で習ったパーマの考えが抜けきれてないようです笑。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です