髪の毛が傷む原因とは? シャンプー編

ヘアダメージ 髪の毛の傷みの原因とは?

 

美髪を保つためには 努力も必要♩

 

髪の毛は死滅細胞で出来ているので
一度ダメージしたものは 何をしようと
どんな画期的な 新成分を塗りたくろうと
絶対に治ったりしない!!!

 

ヘアカラーやパーマなど美容室でする
薬品を使うメニューで ヘアダメージするのは
理解できるけど

家庭で間違ったヘアケアを続けることも
髪の毛を傷める 大きな要素です。。。

 

この前の記事

ヘアダメージ、髪の毛を傷める原因とは?

 

こいつの続きを行ってみよ〜〜〜!

 

 

 

・・・・・・・

ぢ〜ぢの孫のキィちゃんを 1日1回はクリック♩

IMG_0802
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

今日のオススメ記事

美容師が最終的に行き着く!素髪に変身『DO-Sシャンプー』がすごい❤

素髪!? 髪を本気でリセットしたい人のためのドSなシャントリがすごかった

・・・・・・・

 

 

 

 

髪の毛が傷む原因とは? シャンプー編

 

現在の多くの人は
毎日欠かさずシャンプーします。

ってか それがすでに基準!

 

現在のほとんどのシャンプーは
毎日洗う!というのを前提に作られています。

 

 

1日 お仕事したり 家事をしたり
運動して汗をかいたり・・・
髪や頭皮の汚れをキレイにして
さっぱりと過ごしたいですもね♩

 

 

ただ 前回の記事にもあるように

年回12回のヘアサロンより

365回のホームケアが大切!

 

年間365回以上行うシャンプーは
ヘアダメージに最も関連してくるのかも知れません。

 

 

はっきり言いますと・・・

 

シャンプーをすることで
幾分 髪の毛はダメージします!

 

毎日シャンプーしていると・・・

 

◎髪の毛は 濡れただけでも損傷します

◎シャンプー時の 髪同士の摩擦でも傷みます

◎シャンプーの洗剤成分も 髪に負担を与えます

◎トリートメントの 過剰なコーティングでも傷みます

◎髪の毛を乾かす時にも ダメージは起こります

 

 

1回あたりの髪の毛の傷みは

さほど でもないけど・・・

 

年間365回も行えば
良いシャンプーの仕方と悪い場合では
格段の差が生まれてきちゃいます。

 

20160202194742

ってことで

今日は 正しいシャンプーの仕方を考えて行きましょう♩

 

 

 

 

ヘアダメージ軽減 シャンプー法

 

多くの人は お風呂に入って髪を洗うだろうから
その方法として書いて行くね。。。

 

実はお風呂に入る前から勝負は始まってる(笑)

 

ショートヘアーの方はあまり関係ないけど
これからシャンプーします って時に

 

髪の毛が 絡まっていませんか?

 

そう 髪が絡まったままシャンプーすると
ロクな事にはなりません。。。

 

きちんと もつれは梳かしてください。

 

 

こんなブラシでもいいですし

0099_01

 

こんなのでも構いませんが

hongo_K-250

 

無理やり ガンガンとか
下の写真のようなブラシの場合は
あまり 摩擦を加えないように

 

優しく デリカシーを持って

もつれを 梳かしてくださいね♩

 

ここ 結構みんな軽視しがちだけど 大切なことです

テストに出ます(嘘)

 

 

そして いよいよ
お風呂に入ってシャンプーですね

 

お湯の温度は 38度 ぐらいが適当です!

 

ちょいと ぬるいかな? ぐらいですよ〜
あまり熱いお湯でシャンプーしてはいけません。

 

 

そして 最初のすすぎ

こいつは しっかりと行ってください

チリやホコリなど 結構最初のすすぎで落ちますからね。
3分間ほど シャワーですすぐ感じがベターですね。

 

しっかりとすすいだら シャンプーを始めるのですが

結構 みなさん シャンプー使いすぎです(笑)

 

モコモコ泡の TVコマーショルの見過ぎ♩
別に泡のチカラで 汚れが落ちている訳ではありません。

 

厳密な使用量はシャンプー剤によって違いますが

 

あまり 多量のシャンプーは
ダメージの元になります。

 

 

多量のシャンプー剤で 無理やり泡立てて
1回洗いで 済ますぐらいなら

少量にシャンプー剤で 2度洗いしたほうがいいです!

 

ここらは 場末のぢ〜ぢオリジナルのDO-Sシャンプーなら
洗えたセンサーのお話になるのですが
今回は一般的なシャンプーについてですので省略します。

 

 

 

シャンプー中の注意点は

ガシガシ 強く洗わない!(頭皮&髪)

過激なモミモミもタブーです

シャンプー中にブラッシングなどしない

 

ま 簡単に言うと

とりあえず 優しく洗え!

です。

 

よくネット情報なんかで
摩擦を防ぐために しっかり泡立てろ!
とかありますが 現在のシャンプーは
カチオン化セルロースなどの
もつれ防止剤が入っていますので
さほど重要視しなくても構わないです。

一部の石けん系シャンプーやノンシリコンで
キッシキシになる 場合は除きますが・・・

 

 

そして お次は最重要項目

すすぎ です♩

 

 

実は シャンプーしてる時に
汚れなんか取れていません!

シャンプーは髪を濡らした水分と
汚れを混ぜているだけですから!!!

ここから 汚れを落としていきます。

 

そう

死ぬほど すすげ! です(笑)

 

最低限 シャンプーにかける時間の倍以上は
強めのシャワーで よ〜くすすいでください。

洗面器なんかじゃ ダメですから!

 

 

シャンプーで 汚れを落とすのは すすぎ!

シャンプーで 一番大切なのも すすぎ!

 

100回 言いましょう(嘘)

 

 

 

んで シャンプーして すすいだら

いよいよ トリートメントです。。。

 

リンスとかコンディショナーとかは?
現在は ほとんど同じなんで気にする必要ないです。

 

 

ここでの 注意点は

 

トリートメントなんぞ 頭皮にゃ良くないので
頭皮には できるだけ つけないようにしましょ!

 

家庭でヘッドスパなんかしなくてもいいです(笑)

 

 

 

よく たっぷりつけて 蒸しタオルかなんかして
キャップ被って お風呂につかって
時間おいたほうが 栄養がいきわたって良い!

なんて 面倒くさい事を言う奴とかいますが

 

そんな事する必要は 全くないです♩

 

 

 

やりすぎると べっとり重たくなる程度で
髪の毛の傷みなんか 全く変わりませんから!

 

そして すすぐのですが

最近のヘアトリートメントは 感触向上成分がてんこ盛りで
表面コーティングが強いので 重たさがなくなる程度に
よくすすいだ方がいいみたいですね。

 

 

簡単にまとめると

 

◎シャンプー前に もつれをほどく

◎お湯はちょいぬるめ(38度程度)

◎予洗い(シャンプー前のすすぎ)はしっかり

◎シャンプー剤は多量に使いすぎない

◎シャンプーは 優しくデリカシーを持って

◎シャンプー後は 死なない程度に
 これでもかと すすぎまくる!

◎トリートメントは頭皮につけない

 

これが 正しいシャンプーの基礎です。

 

 

んじゃ お次は 乾かし方ね・・・

 

クリックは必須です♪

にほんブログ村 美容室 サロン

 

 

  1. シック より:

    こんばんは、ヘアケアシリーズ記事これからも楽しみにしてます!
    そして質問なのですが、髪を背中側に全部流して合わせ鏡でチェックしてみると、毛先がスッカスカでした。
    ここ2年くらいは髪を切りに行く度に重たいスタイル希望だから梳かないで。
    伸ばすと毛先がスカスカになってくるから梳かないでと言い続けてきました。
    美容室で毛先を梳かないで切って、数ヵ月後にチェックすると毛先がスカスカです。

    スカスカ部分をカット→数ヵ月後またスカスカしてくる→スカスカ部分をカット→数ヵ月また…の繰り返しで目標の長さまで全然到達できません泣泣

    傷みでスカスカしてくるのでしょうか?
    毛先手前まではカナリ重ためな見た目なのに、毛先数センチだけが急にペラペラな見た目なのです。

    はるか昔に梳きまくられたトップ辺りの髪が下までのびて

  2. シック より:

    こんばんは、ヘアケアシリーズ記事これからも楽しみにしてます!
    そして質問なのですが、髪を背中側に全部流して合わせ鏡でチェックしてみると、毛先がスッカスカでした。
    ここ2年くらいは髪を切りに行く度に重たいスタイル希望だから梳かないで。
    伸ばすと毛先がスカスカになってくるから梳かないでと言い続けてきました。
    美容室で毛先を梳かないで切って、数ヵ月後にチェックすると毛先がスカスカです。

    スカスカ部分をカット→数ヵ月後またスカスカしてくる→スカスカ部分をカット→数ヵ月また…の繰り返しで目標の長さまで全然到達できません泣泣

    傷みでスカスカしてくるのでしょうか?
    毛先手前まではカナリ重ためな見た目なのに、毛先数センチだけが急にペラペラな見た目なのです。

    2年以上前に梳きまくられた髪が下までのびてこのような状態になってるのでしょうか?
    それとも場所によって伸びる速度が違うから?
    それとも傷み?実は勝手に梳かれている?
    もっと長く毛先まで重く伸ばしていくにはどうすればいいのでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報