どS美容師に質問

一人で水抜きアイロンのやり方・・・

場末のパーマ屋は 立ち止まらない・・・

どんどん 進化していってるんで よろしくね♩

 

 

昨日の記事

GMTやスピエラでの酸性パーマについて

 

この質問の続きを 行くよ〜!

 

・・・・・・・

一日一回 ブログ村ランキングのクリックをお願いします

IMG_1181
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

今日のさらしもの 理美容師ブログ記事

DO-S シャンプー&トリートメント

DO-Sなシャントリどえすww

・・・・・・・

 

 

 

んじゃ 質問の続きね

・・・・・・・・・・

長くなってすみませんもう一つあります

一人サロンなのですが縮毛矯正の
水抜きアイロンをする際の
ドライの仕方についてですが、

全体に潤いが残るくらいで
ドライしてアイロン工程に入りますが、

アイロンの始まりと、終わりのほうで
2剤後クセの伸びに違いが出る時があります。

アイロン工程の始まりと、
終わりのほうとでの髪の水分量の違いだと思いますが、
アイロン工程中にまたスプレイヤー等で
湿らせてドライしてアイロンを再開しても
問題ないでしょうか?

最初の時点で全部乾かさずに、
アイロンをしていくブロックごとに分けて
ドライ→アイロン、ドライ→アイロンと、
各ブロックで進めた方がよいのでしょうか?

 

 

最近の記事で還元は完全ドライか、
2剤処理をするまでは進むとありますが、
ブロックごとの分けてドライする際に
最後に乾かすブロックは、少なくとも
最初にドライしたブロックより還元が
少し進むことになるのでしょうか?

全て一人でのアイロン工程になるので
最初のブロックと最後のブロックで
はかなり時間に差がでます。

分かりにくい長文で失礼致しました。

 

おてすきのときは中々ないとは思いますが、
宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・

 

ほいほい♩

前回は話がそれすぎて ごめんね〜!

 

 

んで 水抜きアイロンなんだが・・・

こいつも 最近はスピエラとかGMTの
酸性縮毛矯正は 基本していないので(サロン禁止)
使いどころは 特殊な ビビリ毛誤魔化しの時ぐらいかな・・・

 

今は チオグリコール酸での
低アルカリ高還元剤濃度の薬剤で
ドライしてからのアイロンの方が 安全性が高く
また 安定した縮毛矯正が出来るという考えなんよね。

特に 新生部分の縮毛矯正に
無理に 酸性縮毛矯正しても
メリットは少ないという 判断だね。

 

 

最近のオススメのアイロンの仕方があるんだが
その前に 君の質問にまず答えておくね

 

>全体に潤いが残るくらいで
ドライしてアイロン工程に入りますが、

アイロンの始まりと、終わりのほうで
2剤後クセの伸びに違いが出る時があります。

アイロン工程の始まりと、
終わりのほうとでの髪の水分量の違いだと思いますが、
アイロン工程中にまたスプレイヤー等で
湿らせてドライしてアイロンを再開しても
問題ないでしょうか?

最初の時点で全部乾かさずに、
アイロンをしていくブロックごとに分けて
ドライ→アイロン、ドライ→アイロンと、
各ブロックで進めた方がよいのでしょうか?

 

これは どちらのパターンでもOKだと思うよ。

 

 

ただ 君の書いてる

>最近の記事で還元は完全ドライか、
2剤処理をするまでは進むとありますが、
ブロックごとの分けてドライする際に
最後に乾かすブロックは、少なくとも
最初にドライしたブロックより還元が
少し進むことになるのでしょうか?

 

こいつは正解なんで
還元ムラを考慮するなら・・・

アイロン工程中にまたスプレイヤー等で
湿らせてドライしてアイロンを
再開したほうが 少しはいいかもね。

場末のぢ〜ぢも こちらのパターンを採用してた。

 

DSC_4910

 

 

んじゃ

 

最新の DO-S式ストレートアイロンの考え方

 

2013年頃に スピエラや
GMTの酸性縮毛矯正が出回りだした。

 

そこで 登場したアイロン技法が

潤い水抜きアイロン

酸性で還元するため どうしても還元力が落ちる
そいつを アイロンの物理的なパワーで補おう!

 

それが 最初だったんだが・・・

 

でも こいつは 結構 危険と隣り合わせ

潤い水抜きアイロンは 「パンドラの箱」

 

 

アルカリだから傷む? 酸性だからダメージレス!?

そんな考え方から 多くの理美容師さんが取り組んだ。
あ そりゃ 場末のぢ〜ぢだって その一人だったよ(汗)

 

 

確かに 酸性の薬剤反応と
水抜きアイロンがピタリとハマれば
素晴らしい結果になる場合もあるんだが。。。

ちょいと 歯車が噛み合わなければ

クセ毛が伸びない とか

逆に クセは伸びたけど
ハイダメージしちゃう・・・

 

など やはり

安定した縮毛矯正 が出来ない事に気づいた。

 

 

スピエラの危険性も感じたしね

スピエラ縮毛矯正のデメリット!?

スピエラ(ラクトンチオール)は危険?

 

 

髪の毛に良い還元剤など 無い!

 

酸性は傷まないという盲信と
間違った 水拭きアイロン技法で
悲劇のビビリ毛を作っちゃた
美容師さんも多くいるんだよ(事実)

 

だから 2015年ぐらいから

場末のぢ〜ぢは基本的な縮毛矯正での
水抜きアイロン技法は 封印しちゃったのだ。

 

 

現在は・・・

 

薬剤は チオグリコール酸で

低アルカリ高還元剤濃度

 

そして

 

全体をドライ状態にしてから

160〜180℃程度で アイロン処理をする

 

これが あくまで基本工程だ。

 

 

そして 全体をアイロン処理した後に
もし クセの伸びが不安な場合は
その部分のみ 軽く霧吹きで湿らせ

クセの戻り具合を確認して
必要ならば その部分のみ
軽く 潤い水抜きアイロンをする。

 

一度 アイロン処理しているので
ここは あくまでも ほんの軽い水抜きアイロンだよ!

 

 

 

1回の 素晴らしい結果より

99回の 安定した結果・・・

 

出来るだけ 失敗をしないような技術

 

 

水抜きアイロンは

両刃の剣だから

慎重に取り扱ってね♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お友達ブログの更新情報