パーマ

理想のコールドパーマが 自然消滅・・・

ブローやセットをするのが前提のパーマ

コールドパーマ

 

一時はクリープパーマというのが流行ったが
そいつは 場末のぢ〜ぢが 消滅させたった(笑)

クリープパーマ理論は間違いでした!

 

 

 

 

現在の多くのお客さん達は
普段 ブローやセットをしなくなった。。。

そこで パーマも変わらなきゃいけん!

 

これからは デジタルパーマやエアウェーブが主流になる!

場末のぢ〜ぢは そう思う。。。

 

 

ただ コールドパーマに出番はないのか???

 

そんな こた〜ない!

 

使いどころさえ 間違えなければ
まだまだ 現役でおいしいとこ満載なのだ♩

 

 

・・・・・・・

一日一回 ブログ村のクリックをお願いします♩

IMG_7753
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

今日の晒し者 友達ブログ記事

DO-S&ハナヘナは 美髪の結果あるのみ!
髪も価値観も変わっちゃった~♪

サロントリートメントは傷む!美髪=
『素髪』その近道はDO-Sとハナヘナ

・・・・・・・

 

 

 

コールドパーマを考えていくシリーズ

前回までの記事

コールドパーマの未来・・・ スタート

美容師に見放された コールドパーマ

 

昔ながらの コールドパーマでは
そのお客さんの 髪質やダメージを妄想して

かけたての ウェーブやカールが
1〜2週間で 取れて(ダレて)いくのを
計算して パーマをかける必要性があった!

 

パーマ直後と 約10日後の ウェーブギャップ

こいつが 美容師のパーマ離れを引き起こした!

 

そう プロである美容師が

そんな計算のしにくい技術は できんのじゃ!

 

 

ただ 昔のように ブローやセットが主流の時代は
パーマなんぞ あくまで補助的な役割だった!

ヘアスタイルのベースだよね・・・

 

 

当然 今でも ブローするヘアスタイルには有効だ

2012年の記事

GMTでシンプルクリープパーマ

 

あえて 濡れてる時と乾いた時の
ウェーブギャップがあるのを利用すれば・・・

024_20120609092546

ロールブラシなんぞ使用しないで
デンマンやスケルトンで
軽くブローさえすれば・・・

026_20120609092546

これは ある意味 昔よりは
非常に お客さんの手入れの
しやすいパーマって事にもなるんだ。

そう ブローをするお客さんには
今でも コールドパーマは非常によい具合なんだ!

 

コントロールが完璧でなくても いい部分もある。

ブローするのがベースにあるんで
多少の強さのムラなんかは
許容範囲では あったんだな・・・

 

 

 

ただし

ブローやセットをしないお客さんになると
ここらが 手入れが難しくなる要因となる。

 

パーマ直後と約10日経過後の

ウェーブのギャップ

 

こいつのおかげで 美容師もパーマがやりにくいし
お客さんも 納得できない!

 

 

しかし・・

コールドパーマにも かなり昔
ほんの一瞬だったが 素晴らしい
パーマがあったのをご存知だろうか?

 

 

 

画期的な 理想のコールドパーマがあった!

 

場末ののぢ〜ぢの記憶によると 20年ほど前かな・・・

ここらは 確かではないが

 

みんなは

 

ボディパーマ っての知ってる?

 

ブローレスで 簡単にスタイリング出来て

毛流れや ボリュームが出たり

ランダムな動きが演出されたり

ま 簡単にいうと 超ゆるめのパーマ!

 

ほんの 一時だけ流行ったんよ、、、

 

とくに ショートカットや
レイヤーボブなんかのスタイルに向いていた。

 

DSC08700

DSC08726

ブラシなんか 使わないで
ハンドブローで ブワ〜って
乾かしただけで再現できる髪型。

 

とても 手入れが楽チンなのだ。。。

 

 

実はこいつが 20年ぐらい前に
ちょろっとだけ 流行ったんだよね

記憶にある美容師さんも いるだろ♩

 

 

見えないパーマ とか 呼ばれた。。。

場末のぢ〜ぢなんぞも
ほんとこれは 大好物のパーマの一つだった。

 

でも なぜこれが
さほど長続きしなかったのか?

それは・・・

 

見えないから(爆)

 

 

当時のボディパーマと呼ばれるものは
本当に 持続性が悪く
1ヶ月も持ちゃ奇跡ぐらい。

髪質によっちゃ 3日もすりゃ
見えなくなる(笑)

お客さんも パーマの効果が わからないのだ(泣)

 

この程度なら カットでルーツセニングを工夫したり
ドライヤーのかけ方や ワックスのつけ方で
なんとか できちゃったり するしね

効果がわからんものには 価値も無い(涙)

 

なんと この理想のコールドパーマは

自然消滅してしまったのだ・・・

 

 

 

原因はやっぱり コレだった

 

ボディパーマってのは 場末のぢ〜ぢの考えでは
コールドパーマでは 理想形のものだった。

 

ブラシなんぞ使用せず 乾かしただけで
ヘアスタイルが再現できる。

今でも ボディパーマという名称は使わないが
一部のお客さんでは 十分使える技術でもある。

 

ただ これが可能なお客さんは 髪質を選ぶのだ。

現在でいうなら ふわゆるパーマみたいなもんね。
大きく ふんわりとした ウェーブは
かなり 髪質やダメージが影響して
実際に出来るお客さんの限られてしまうよね。

ボディパーマもこれとよく似ていて
効果がわかるほど パーマが持つ人は 少ないのだ。

 

 

そして 多くの人は

最初の2週間以内に 見えなくなる(汗)

 

 

そう ここでも コールドパーマの欠点

 

パーマ直後と約10日経過後の

ウェーブのギャップ

 

こいつが ボディパーマが普及しない原因になるのだ。

 

 

これじゃ 美容師さんも計算しにくくて
お客さんに おすすめもしにくいだろ。

 

 

手入れが簡単で 非常に使い道の広いボディパーマが
せめて 安定して 1ヶ月以上ぐらいは 持てば・・・

ここに 新しいコールドパーマの
道があるのではないのか???

 

 

続く・・・

 

 

クリックは必須です♪

にほんブログ村 美容室 サロン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お友達ブログの更新情報