場末のパーマ屋のルーツを探る その4

場末のぢ〜ぢは 雑草美容師(笑)

一流サロン出身でもないし
中卒だし 美容学校だって通信科だし
岡山なんていう田舎の 単なる美容師。

 

なんていっても 田んぼの中にある
散髪屋の息子(笑)

最初に OPENした美容室も
おかんと おばちゃんが
じぃちゃんから引き継いだ
経営する理容室の隣だもんね♩

んで その散髪屋は従兄弟が継いだので
自然と ぢ〜ぢは美容師になった。

ま ありがちな展開だろ♩

田舎の貧乏な理美容師一家の一員だ(笑)

 

 

若かりし頃の 場末のぢ〜ぢ(爆)

538802_271102516339065_983168390_n

長女と長男だな・・・ 娘がキィちゃんそっくり。。。

 

 

そんなコンプレックス満載の
田舎の雑草美容師だったけど
たったひとつだけ
自慢するものがあったんだ、、、

 

それは

 

美容師が 大好きだった!

 

仕事というか 趣味だったね(笑)

 

16歳で始めたばかりの頃は
手荒れでボロボロになったり
まだ学生だった友達と遊べなかったり
いろいろと 嫌なこともあったけど

 

新人の頃は 美容師の仕事を覚えて
昨日まで出来なかった技術が
出来るようになるのが楽しかったし

ヘアスタイリストになってからは
お客さんが 喜んでくれたりするのが
幸せで 美容師が大好きだった。

経営者になってスタッフが増えてからは
スタッフが成長して 楽しそうに仕事してるのも
すげ〜 嬉しかったんだ!!!

 

だから 今まで 美容師って仕事が
大変だ!とか思った経験もないし

現場を引退した 今でも

楽しいから 仕事という感覚もなくて
寝てる時間以外は 美容師の事を考えている。

 

場末のぢ〜ぢは 美容師さえしてれば

それで ご機嫌の人間 だっただけなんだ(笑)

 

 

・・・・・・・

一日一回 ブログ村ランキングのクリックをお願いします

IMG_6543
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

今日のさらしもの 理美容師ブログ記事

ダメージヘア撲滅委員会

基本と応用〜ダメージヘア撲滅委員会〜

・・・・・・・

 

 

んじゃ 今までの記事

場末のパーマ屋のルーツを探る その1

場末のパーマ屋のルーツを探る その2

場末のパーマ屋のルーツを探る その3

 

こいつの 続きを書こう♩

 

 

ありえない結果になるヘアケアの矛盾

ヘアケアに気を使う人ほど 傷んでいて

ヘアケアに無頓着な人ほど 傷みにくい

この矛盾は なぜ 起こるのか???

 

場末のぢ〜ぢは どS美容師というぐらいだから
結構 お客さんには うるさい♩

綺麗なヘアスタイルにするためには
ベースのヘアコンディションも大切だと思ってるので
お客さんにも 辛口でアドバイスもしたりする。

 

昔 足し算美容師だった頃なんか

このトリートメントをしろ!
家ではこういうヘアケアをしろ!

って 言ってたもんよ。。。

 

ただ これである事に気づいてしまった。

 

ぢ〜ぢのいう事を きちんと守ってる人ほど
日数経過と共に 髪の毛傷んでるんじゃないの???

 

こりゃ ある意味 最悪よ・・・

 

そこで まず考えたのが

処理剤って いったい何?

ここから スタートした。

 

 

 

パーマの処理剤は 保護剤ではない!

 

ま 当時から

髪の毛は死滅細胞で出来ているので
一度ダメージしたものは 再生も修復もしない!

これは ある程度理解していた。

 

前処理剤なんぞは
ダメージ毛の保護をするものと思っていた。

問題は この 保護 ってやつよ。

 

本当に 保護なんかしてんのか???

 

 

この考えの きっかけは実は縮毛矯正なんだ。
昔 ぢ〜ぢは Mr.ハビットという
ブロー矯正をしてたんだけど

そいつが
現在のアイロン式に変化してきた時だ・・・

アイロンは温度が高いので保護したほうがいいだろう!
そう考えた ぢ〜ぢは 色々と試行錯誤した、、、

 

その時 人生で初めて ビビリ毛に遭遇した。

 

アイロンの高熱から 保護する為に
水分の多い処理剤つけて アイロンしたら
ビビリ毛ってもんに なった。。。

あ お客さんではなく
ウィッグだからよかったけどね。

 

 

そこで 考えたら 当たり前のお話なんだが
髪の毛に処理剤なんぞつけたぐらいで
アイロンの温度が 極端に低くなる訳ないよね(汗)

耐熱シートぐらいのもんじゃないと
高音から 保護なんか出来る訳ないじゃん。

逆に 水分の多いモノだと
見た事も無いぐらい
髪の毛が傷むってのも発見した。

 

 

これが パーマにも繋がってきた。

前処理剤って
パーマ剤から 保護してんのか?

もしかして

髪の毛を保護 っていうより
パーマ液のパワーを減力してるだけじゃね?

 

パーマや縮毛矯正の前処理剤ってのは・・・

保護剤じゃなく 減力剤じゃないのか?

 

 

んじゃ 減力剤つけて
パワーの強い薬剤でかけるより

そのまんまでも パーマ剤のパワーを
弱くすりゃいいんじゃね!?

ここで 場末のぢ〜ぢは
還元剤のアルカリと還元剤濃度に着目した

 

今考えると 欠点もあるが・・・

酸性の水やアルカリの水で
パーマ剤のpHを変えて検証を繰り返したんだ。

 

 

 

処理剤てんこ盛りは 酸化の邪魔モノ!

 

当時の処理剤っていうのは

ケラチンやコラーゲンが主流で
PPTなんぞと呼ばれていたもんだ。

 

ダメージした髪は内部のタンパク質が
減少してしまってるんだから
それと同じケラチンを補うって理屈なんだが

元々もってる ケラチンと
人口のケラチンじゃ違うんじゃね?

 

前処理や中間処理で PPT入れて
もし そいつが 髪の毛の
ケラチンと反応してしまったら?

髪の毛のケラチンと
PPTが酸化で架橋したら?

髪の毛のケラチンと違い
同化しないPPTは 流出しちゃうから

パーマが早くとれちゃうんじゃないの?

 

そういや〜 ダメージ毛で
前処理とか中間処理を てんこ盛りにすると
パーマの持ちが悪くなるような、、、

そりゃ

傷んだ髪だから持ちは悪いのは理屈だが
どうみても 処理剤したほうが
より持ちが悪いような気がする(体験談)

もしかして PPTとかの
処理剤が酸化の邪魔してるんじゃ???

 

 

 

場末のぢ〜ぢの妄想から 始まった・・・

 

傷んだ髪は 傷んだ髪なりに
本来 持ってるケラチンに
パーマするほうが いいんじゃないの?

 

 

処理剤は

保護も ダメージ修復もしない!

パーマの1剤の減力効果と
やりすぎると 酸化の妨害をする。

 

 

場末のぢ〜ぢは このように妄想した♩

 

 

んで このころ

とあるメーカーの開発の方に
パーマ薬剤等の基本理論を教えてもらい。

 

妄想から確信に変わってくることになるのだ・・・

 

 

続く・・・

 

 

クリックは必須です♪

にほんブログ村 美容室 サロン

 

 

 

ヘアトリートメントは髪を傷めます!

ヘアダメージ・髪の毛の傷みは治らない

髪の傷み 負のスパイラル 破滅へのループ

美容室のサロントリートメントの正体は ほぼ皮膜!

美容師あるある サロントリートメント編

ダメージヘアの原因と対処法

 

  1. 匿名 より:

    髪全体を10トーン位の均一に染めたいのですがぢ〜ぢさんの作ってる何て商材を使ったらいいでしょうか?

  2. ユミ(仮) より:

    ぢ〜ぢさん
    いつもありがとうございます。
    私の悩みを聞いて下さい。
    一体誰に相談したらいいかも分からず、誰が理解してくれるかも分からず、きっとぢ〜ぢさんなら本音で答えてくれると思ったので…
    私は美容師ブログでも人気のある、とある美容師さんに3年ほどお世話になっています。
    ぢ〜ぢさんも絶対知っている人です。
    その人に限らず、だいたい人気のある美容師さんは自分の名前にちなんで「◯◯スペシャル」いわゆる“おまかせ”カットを売りにし、記事にする事が多いですよね⁈
    でも、おまかせにするとどうしても仕上がりに納得できないんです。
    『これってホントに自分に似合ってる⁈』って思っちゃうんです。
    もちろん、DO-Sシャントリを使ったり、ケアの仕方を色々教わったおかげで、髪の扱いはとっても楽になりました。
    でも「ヘアスタイル」としては毎回どうしても疑問符が残ります。
    カットした本人が凄く満足げだったり、スタッフさんが「いいですね〜」なんて言っていると、その場は『良かった』演技をしなきゃいけないけど、本音は『えっ⁈これ大丈夫⁈』と思ってしまいます。
    そんなとこなら行かなきゃいいじゃんって話なんですが、かなり有名な人なので、店を変えた時、その人のカットが気に入らなかったから変えたとも言えないし、「あの◯◯さんが切ったのに気に入らないの⁈」と思われそうで…
    美容室さん目線の“似合う”“似合わない”と、素人目線の“似合う”“似合わない”にギャップがあったり、「おまかせ」に過信があるのではないかとか…
    最近は美容室に行くのがちょっと苦痛になってしまって…
    ブログで人気のある美容師さんは、そのカリスマ性が高まれば高まるほど、出来上がりがイマイチだった時に(まぁそれは切られた私だけが思ってるんですが)誰からも指摘されずにいたらただの「裸の王様」のような気がして。
    はぁ…ゆううつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お友達ブログの更新情報