DO-S印のパーマ薬剤 商品説明

ブログ「場末のパーマ屋の美容師日記」では

DO-Sシャンプー&トリートメントをはじめとする
ヘアケア商品やスキンケア商品だけでなく

理美容師さん向けに 業務用の
パーマ剤、縮毛矯正剤、ヘアカラー剤や
各種処理剤、ハナヘナ、スタイリング剤などを
全国にインターネット通信販売もしています。

 

詳しくは

DO-S商品の業務用販売について

top1215

 

 

DO-Sのパーマ剤の使い方を教えてください!

こんな質問を よく頂くので
ちょいと 各商品の説明や
基本の使い方なんぞを紹介したいと思います。

 

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 きぃちゃん 1日1回 クリックは必須ですよ♩

IMG_6537
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

DO-S印のパーマ薬剤 商品説明

 

DO-S印のパーマ剤の基本コンセプトは

シンプルで 現場の理美容師さんたちが
コントロールしやすく 失敗の少ない薬剤。。。

 

パーマは重力に逆らって 髪を曲げるモノ!

 

業務用のパーマ剤にも
すっぴん髪理論や
引き算のヘアケアが活かされていて

余分な手触り向上のための成分や
無駄な被膜成分などは 使わず

きっちりと パーマをかける事に専念しています♩

 

 

んじゃ 使い方の前に
基本のパーマ剤シリーズから紹介しましょう。

 

 

 

DO-S印の基本の還元剤は 4種類

 

DO-Sの還元剤(パーマ1剤)の強さ調整は
基本的に アルカリの強さで 調整しています。

薬剤のpHやアルカリ度を基準に
還元剤の種類や混合比は
場末のぢ〜ぢが設計しています。

 

4種類を 薬剤的パワーの
弱いものから紹介すると

 

 

DO−SカールL5

D-01

チオグリコール酸2%
pH5

 

 

DO−S カールL7

D-02

システアミン 4%
チオグリコール酸 2%
pH7.3 アルカリ度 0.3ml

 

 

DO−S カールL8

D-03

システアミン 4%
チオグリコール酸 2%
pH8.3 アルカリ度 2.7ml

 

 

DO−S カールL9

D-04

システアミン 4%
チオグリコール酸 2%
pH9 アルカリ度 7ml

 

 

他にも

チオグリコール酸のみの
DO-Sチオローション8.5と9.2

チオグリセリンのみの
TGS7ってのもありますが

 

場末のぢ〜ぢは 基本的には
このDO-SカールLシリーズの4本のみで
コールドパーマ、デジタルパーマ、エアウェーブ
に 対応しております。

 

 

キャッチボール・バランス・コントロール

こいつを大切にするためには

わかりやすい シンプルな還元剤が一番!

そう 場末のぢ〜ぢは思っておるんだ♩

 

 

 

酸化剤は オキシとブロム

 

酸化剤(パーマ2剤)は2種類

 

濡れてる時と乾いた時のウェーブ差が少ない
デジタルパーマやエアウェーブでは
オキシで DO-S式どっかん酸化。

DO-S式 ウェーブギャップの少ない酸化法

 

どっかん酸化用の
オキシ(過酸化水素水)は

DO-S オキシ1.5

D-09

過酸化水素 約1.5%
pH  3.0
酸化力 約1.8(120mL使用時)

 

 

通常のコールドパーマ、クリープパーマは
3%と6%の二つを使用して ゆっくり還元を行う。

DO-S流 ウェーブギャップのある酸化法

 

ゆっくり酸化用の
ブロム酸(臭素酸ナトリウム)の2剤は

DO-S ブロム3

D-15

臭素酸ナトリウム3%
pH  8.0

 

 

DO-S ブロム6

D-16

臭素酸ナトリウム6%
pH  8.0

 

パーマは2剤でかける!

これが口癖の場末のぢ〜ぢは
酸化剤には こだわりがある♩

 

 

 

パーマに不可欠な 引き算の処理剤

 

前処理剤などで使う ケラチンなどや
中間処理で行う 内部補強剤や
そして くだらん被膜処理など・・・

 

ここらはまた別の機会に詳しく書くけど

 

処理剤なんぞ 下水の肥やし!

なんて 暴言を吐く 場末のぢ〜ぢだが
パーマに必要不可欠な処理剤もある!!!

 

ここも 徹底したポリシーがあり

 

髪に悪さをする 残留物質を

できるだけ 残さない!

 

何かを足して そのときだけ
綺麗に見せるのは好きではないんだが

いらないモノは 出来るだけ残さない!

これが 場末のパーマ屋流だ♩

んじゃ その処理剤たちを紹介しとこう、、、

 

 

残留アルカリを最小限にする

DO−Sアシッド

D-07

世にも珍しい pH5のくせに
酸度は 80ml程度という アシッド剤

パーマだけでなく ヘアカラーや縮毛矯正でも
アルカリを使用する場合の必需品。。。

 

原液で同量使用で カールL9などの
強い アルカリを中和する程度のパワーがあります。

使用する還元剤のアルカリ度に
応じて 薄めて使用してもOKですし
pHが弱酸性なので 過収斂の心配も無し♩

 

場末のぢ〜ぢが 一番最初に作った
業務用商品のキモです♩

 

 

反応できなかった 残留オキシを抹消

DO−S OX−ZERO

D-06

カタラーゼ 高濃度液

オキシ(過酸化水素水)を使用した
パーマやヘアカラー直後に

反応しきれなかった 残留オキシを
カタラーゼという酵素で除去する処理剤です。

 

使用後は 反応したものが髪につくので
使用後にDO-Sシャンプーは必須です。

 

 

パーマの残留物質
ミックスジスルフィドを減少させる

DO-S R-STOP

D-14

ジチオジグリコール酸3%
pH 約7.2

パーマでの薬剤的なダメージで
問題視されている ミックスジスルフィド

こいつを なんとか減少させるための処理剤です

 

ここらは ちょいと難しいので
まとめで よ〜く復習してね

DO-S的 新パーマ論 まとめ1

DO-S的 新パーマ論 まとめ2

 

 

パーマの施術前 施術後の
引き算の処理剤のベーシック

DO-Sシャンプー&トリートメント

DO-Sシャンプー

DO-Sトリートメント

いらないモノを除去し
パーマの薬剤の浸透を良くするシャンプー

施術後はできるだけコーティングしないで
残留物質を早くサヨナラさせる・・・

 

これも 大切な ベーシック♩

 

 

何かを足して 質感向上を考えるのではなく

パーマでどうしても出来てしまう
残留物質をできるだけ少なくすることで
髪の毛の損傷を最小限にする。。。

それが 引き算の処理剤です♩

 

 

 

その他の 必要な処理剤

 

基本的には 何かを足したりする
処理剤は必要なしと考えている場末のぢ〜ぢだか
それ以外に 必要なモノは???

 

 

デジタルパーマの必需品

DO-Sカチセロ

E-03

カチオン化セルロース(ポリクオタニウム10)

液体100mlあたり1.5g〜2gぐらいを
目安に使用してね(粘度は好みで)

 

DO-SカールLシリーズを
このDOーSカチセロで
ジョルタイプに変更して
デジタルパーマ専用の
薬剤にすることが出来ます。

 

また DO-Sチオローションなどで
縮毛矯正剤も作れます。

 

カールl8やカールl9などの
アルカリの溶剤の場合はすぐに溶けますが
ダマになりやすいので 少しづつ加えて
よく混ぜてください。

中性や酸性の場合は溶けるまでに時間がかかります
カールl7で 7〜10分程度
カールl5の場合は40分〜1時間程度かかります。

 

 

かかりにくい髪質の
応力緩和や かかりの調整
還元剤の濃度の加減とかに

応力緩和水

D-12

pH9 アルカリ度1.4

かかりにくい髪質での 使い方は
Wガラス化エアウェーブの
ファーストクリープ時に つけ巻きするか
ワインディング後に 塗布して 乾燥行程です!

健康毛〜ノーマル毛で そのまま
ダメージ毛は 水で半分程度に薄めて!
ハイダメージ毛は 使用しないで 水巻きで。。。

 

その他にも

クリープパーマでのアルカリ上げ技法や

パーマ1剤の ph落とさずに
還元剤濃度を薄めたり とかです。

 

 

 

これらが DO-S式のパーマでの使用薬剤たちです。

 

使用方法や注意点などは

シリーズで書いていきますね♩

 

ご購入は

DO-S商品の業務用販売について

top1215

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お友達ブログの更新情報