保護中: T2sys 東方シャワーヘッド 発売!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  1. カナコ より:

    ぢーぢさん、ご無沙汰しております!
    2011年11月21日の記事に登場した
    ビビリ毛に遭遇した県外アシスタントちゃんです!
    その節は本当にお世話になりました!

    不躾で申し訳ありませんが、質問させてください!回答は時間のある時で結構です!

    この度、またビビリ毛再来!襲撃にあってしまいました。。。
    カラーでのそこそこダメージ毛に1年ぶりの矯正をかけて1液を流したまでは良かったのですが、、アイロンで失敗してしまったと思われます(T-T)特にもみあげ、えりあし付近がチリチリで、トップは大丈夫でした!
    アイロン操作ミスでのビビリ毛誤魔化しは薬剤でのビビリ毛よりも難しいでしょうか?もみあげなどは根元1.5センチ位からビビってます!

    使用薬剤 1液 アリミノ クオライン130
    pH7.7 還元剤/軟化成分 システアミン/シス アルカリ度1.0ml
    切るのが早いのは分かってますが坊主には出来ないので、(T-T)ドエスシャントリで誤魔化したりしていますが、またこの様な事になり、不甲斐なさと自分のアホさ加減に腹立たしいやら悔しいやら、泣いてしまいます。。。

    この様な事がない様、カラーはもうリタッチしかしない宣言をしたところ、先輩スタイリストに色味を入れるだけなら痛まないよーと言われましたが、私にはそれが何故なのかわかりません!!当店では明るさを変えずに染める時など、
    既染部には低アルカリカラーを使って染める事が多いのですが、恥ずかしながらアルカリが低いんだなー位の知識しかありません!ふつうのアルカリカラーと低アルカリカラーではどの様な違いがあるのでしょうか?
    まとまりの無い長文で申し訳ありませんが回答頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

お友達ブログの更新情報